2016年12月03日 カテゴリ:嫁・旦那  コメント:(0)
5: 1/32014/01/16(木) 22:15:59 ID:+SkRT8rX0 
スレ違いかもしれないけど 

私の両親は、夫婦仲はいいけど子供の私から見てかなり抜けているというかマヌケな大人に見えた 
思春期にもなるとおっちょこちょいで世間知らずで空気が読めないと心の中でバカにしてもいた 

そんな母親が私が結婚したときにコッソリと 
「あんたを妊娠している時に、お母さんはお父さんの相手出来なくて浮気するんじゃないかって不安で泣いたことがあるの 
それを聞いたお父さんは毎日夜に自分で慰めてシャセイして、浮気してセイシの量が減ってないか見せてくれたの」 
というようなことを得意げに教えてくれた 

分けます
2016年12月03日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
337: 名無しさん@HOME2010/05/04(火) 09:55:19 

ピアス20個、背中に刺青、中 絶3回、フリーター、30代のコトメに 
子が産まれてから毎月子のかわいい写真をメールしている。 
命の大切さを思い知れ。 
2016年12月03日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
275: 2732013/10/05(土) 01:06:39 ID:J7JaSiPp0
小学生の頃、Yという同級生に1年生の時から奴隷扱いされていた。 
Yは親がヤ○ザという噂で、怖いもの知らず。Yのターゲットはぼくのみ。 
5人の悪い奴軍団の下っ端だったYだが、ぼくにはとてつもない恐怖の存在だった
 ぼくは優等生で成績もそこそこよく、決まりごとは当然守るし、ボウ力はもちろん大嫌いだった 
Yはそれを知った上でぼくに万引きを強要したり、野良猫の尻尾を切れと命じたりした 
(猫は捕まえられなかったからやらずにすんだ) 
他にも女の子の前での辱め・宿題の代理・放課後の使い走り(金はもちろんぼく) 
ゴキを食べさせられる・理由無き暴力・・・6年生の秋まで、毎日何かしらやられていた 

Yは頭は悪いくせに狡猾で、見えないところでそれらを実行する。 
ぼくはいじめられているのが恥ずかしかったから、周囲には 
「Yとは仲良く、これは友達の悪ふざけなんだ」という取り繕いをしていた。 
だから同級生は、ぼくがそんなに酷くいじめられているとは夢にも思っていなかった。 



2016年12月03日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
398: 名無しさん@HOME2012/01/06(金) 16:36:34
年末、買い物中に久しぶりにA(♂)と出会った 
幼稚園からの幼なじみで、久しぶりだったので互いに元気だった?と喜んでいた 
ら、彼女がいると紹介された 
「良かったねぇ。いつ結婚?」「え?いやぁ」 
と話していたら、彼女、B子はしばらく私を見てからいきなり 
「Aくん。もうこの人と友達やめな」 
と言い出した 



「だってこんな服だよ。お金持ちのAくんとは合わないよ。こんな子、Aくんの友達にしちゃだめ」 
確かに仕事帰りでおしゃれとは言えない服装はしていた 
「まぁ・・ブランド身に付けてするような仕事してないし」 
と苦笑していたら、Aは悲しそうな顔をした 
「どうしてそんなこと言うんだよ」 
その言葉にB子は 
「だってAくんちお金持ちなんだよ?付き合う人もお金持ちじゃないと!」 
「私、間違ってないよ!!」と自信満々で私に「Aくんと友達やめてね」と言ってきた 
返す言葉が分からず、ただAの悲しそうな顔を見ていたら 
「おれ、お前とこれ以上付き合いたくない」 
とB子に言った 
「おれの大事な友だちをそんな風にしか見られないような女、おれ嫌い」 
途端に泣き出すB子 
「Aくんはお金持ちなんだよ!!」を繰り返す彼女にAは「おれ、もうこんな女嫌だ」 
と首を振るとそのまま歩いて行ってしまった 
「やだ〜!!Aくんいっちゃやだ〜!!」 
と後を追い掛けるB子 
もう何も言えずため息つくしかなかった 
Aからはその後、丁重な謝罪電話と共に 
「ずっと変わらず友達でいてくれ」 
と言われた 
B子のことを聞くと 
「親に紹介する寸前」の仲だったらしい 
しかしその前に本性が分かって良かった、と言っていた 
2016年12月03日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
336: 名無しさん@HOME2007/12/21(金) 15:32:27 
怪しいけど浮気かどうかわからない場合の判断をお願いするのは 
このスレでいいですか? 
2016年12月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
617: 名無しさん@おーぷん2014/09/15(月)19:23:38 ID:rcIKhskOv
私が離婚したのは12年前。
元夫が勤めてた会社から一部業務を暖簾分けという形で譲り受け独立した事がきっかけだった。
工場新設とか色々と立ち上げに際して資金繰りにも苦労していて元夫は3年近く殆ど家にも寄り付かない状態だった。
私は二人の娘を親に預けたりしながら前に務めていた会社に復帰して何とか家計をやりくりしていた。

結果的に私はそこの同僚と男女の仲になってしまった。
向こうも妻子もちだったけど既に別居中で離婚のタイミングを模索してる状態だった。
好きになったのは向こうから。
馬が合う人とは思ったけど不倫してまでとは最初は思わなかった。
子供もいるし。
でも何度も好きだって言われれば誰だって悪い気はしない。
自然と元夫よりそういう目でみてくれる今の夫の方に心惹かれるようになっていった。
でもダラダラと不倫生活を送っていくつもりはサラサラなかった。
付き合いだして三ヶ月目でこの先どうするつもりなのか聞いた。
向こうは私が一緒になってくれるなら今すぐにも離婚すると言ってくれたので、じゃこっちもそうしますと、そういう流れ。 
2016年12月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
12: ◆BiLcvpnXNQ2014/06/01(日)16:59:52 ID:auwth3T7R
これは母の遠縁の親戚の話です…フェイクがだいぶはいってます
因果応報と言うより自業自得かもしれない
書くの下手で長いし障害者に対する罵倒発言などあるので苦手な方はスルー
お願いします

母の知人の女性(Tさん)とその娘(R子さん)の話です
夫を亡くしたTさんは西日本の田舎にある町で飲食店を営んでました
Tさん、R子さんとパートの人一人でやってた飲食店は田舎とは言え郵便局や
役場の近くでやってたこともあり平日昼間はなかなか混雑する定食屋でした
Tさんは苦労人で、R子さんは可愛らしい女性ではあるのですがいわゆる
知的障害者(軽度)でした
と言っても実際に会えばただちょっとボンヤリしてるかな?程度の天然気味で
ニコニコした人なのです 
2016年12月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
542: おさかなくわえた名無しさん2008/12/03(水) 00:58:54 ID:qcRII6to
1年ほど前、友人に彼氏をねとられた。 
そりゃしんどかったが、男を見る目も友を見る目もなかったのだと 
自分を納得させ、徐々にそんなことがあったというのも思い出さなくなってた頃、 

「おめでた婚です(はーと 式に出席してね♪」 

とかいうハガキが届いた。 
   「氏ね」と書きたい衝動を堪えて「受取拒否」と大書きし、ポストに投函。 
   その受取拒否が相手に届いたと思われる頃から、突如電話&電話攻勢。 
   いわく「あなたが祝福してくれなきゃ、私たちが幸せになれない!」とか 
   「一度は愛した人の幸せをどうして祈ってくれないの!」とか 
   「赤ちゃんに罪は(ry」 

   指定番号によるる着信拒否だけじゃ収まらなくて、 
   非通知拒否、公衆電話拒否、果てはアドレス帳外拒否までするはめになった。 
   しかし、さすがにこれで静かになって一安心と思っていたところ、 
   別の友人より着信。出ると、ヤツで 
   「あなたも心から愛する人ができれば判るはず!! いい加減ひがむN(ry」 
   ここまで聞いたところで終話して、その友人も一時的に着信拒否。 
   (後で聞いたら、ヤツに貸したことはなく、どうも勝手に盗まれ使われ、戻されたっぽい) 

   そろそろ自宅襲撃が来そうなんだが、どーして私がここまで粘着されねばならんのだ! 
   神経判らん通り越して、そろそろ怖い。 

2016年12月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
68: 名無しさん@HOME2013/05/07(火) 17:30:32.75 0
夫の「この連休は帰らないよ」です。 

今まで、盆正月、GW、土日祝など月に数回は夫実家へ行ったり、うちに来たり。 
妻実家は数年に一度会うだけ。それすら義父に嫌味を言われていた。 

今まで夫は敵だったが、去年娘が生まれてようやく理解してくれて、上記の発言。 
スカッとした。 

2016年12月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
135: おさかなくわえた名無しさん2011/06/10(金) 23:50:26.85 ID:uuoO3RuK 

長文すまん 

2年前彼女と夕食食べて、帰ろうと駅のほうへ向かってると、 
いきなりたくさんの手が伸びてきて俺と彼女はあっという間に路地裏に連れ込まれた。 
相手は4人。うち2人は彼女を抑えてニヤニヤしてて、残り2人は俺に詰め寄ってきた。 

「いい女連れてんじゃん。今からまわすから黙って見てろ。それともボコボコにされたい?」