2017年01月16日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
538: :2011/01/02(金) 18:54:51 ID:
「ひどいめにあった」といえるほどのことじゃないかも知れませんが…。 

義実家の廊下で急に後ろから抱きしめられて胸わしづかみされたんで夫かと思ったら義兄だった。 
びっくりして、「お義兄さん、違いますよ!(=私は義兄嫁じゃないですよ)」というと、 
「ああ、ごめん」と静かに微笑んで(苦笑かな?)去って行った。 
普段悪ふざけをするわけでもなく、殆ど接点がない人だったんで、うっかりしてたのかなーと思っていた。 
(義兄嫁と私は髪の長さも身長も体型も全然違うけど。) 

でもそれ以来、同じようなこと(後ろから触られたり抱きしめられる)がわずか2日で数回続いたので、 
義兄が疲労かなにかでおかしくなったのかと心配になり、夫に相談した。 

夫は驚いていたけど信じてくれ、義兄と二人で何か話し合った後、「もう大丈夫だから。」と言っていたので、 義兄も大変なんだな、と同情していた。 

しかし、その晩義実家のマンションの駐車場で突然抱きしめられたので、痴漢かと思って大声を出し、 ωらしきモノをおもいっきり握りしめた後振りほどき、近所の人に警察を呼んでもらってからよく見たら、痴漢は義兄だった。 
(暗くて本当に気付かなかった。ωは私が握力弱いことや服の上からだったので、大した怪我ではなさそう) 
警察や近所の人には、義兄が義兄嫁と私と間違えたらしい、迷惑をかけてすみません、と説明して帰っていただき、 その後その場をウトメとコトメに任せて私と夫は自分たちの家に戻ったので、その後のことはどうなったかは知らない。 

義兄は精神疾患があるようには見えなかったけど、急に変わってしまったので心配だが、 
ωを力いっぱい握りつぶせたのが自分にとってはとってもスカだった。
 
2017年01月16日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
924: :2016/09/18(日) 07:09:32.83 ID:
妻が出かけて、連れ子と二人きりで過ごす夜。 
まず連れ子は晩飯を食わない。おかずが気に入らないのかほかに理由があるのか、とにかくちょっと食べたきりで残してしまう。 
俺が夕食の片付けを終える頃、 
「なんか(食べるもの)ないの」 
と言ってくる。ケロッグがあったが、それでは駄目だと言う。缶詰めにみつ豆があり、それなら食べると言う。 
俺はみつ豆を用意してやった。ガラスの容器にもりつける。 
しかし彼はみつ豆を食べない。理由を聞くと 
「変なものが入っている」 
変なものとは、みつ豆の豆のことだった。
しかたなく俺は梨をむいてやった。彼はそれを黙って食べる。やがてまた 
「なんかないの」 
と言い始める。当然だ。彼は夕食をほとんど食べていないのだ。 
「もう食事の時間は終わり。風呂に入って」 
と俺は言うが、言うことを聞く耳はない。いつまで冷蔵庫をがさがさやって、バナナを見つけて食べた。 
テレビのお笑い番組を見て笑い転げる。
 

俺は宿題をやらせるどころではなかった。 
10時に近くなる。俺は連れ子に懇願した。俺がお母さんに起こられるのだから、頼むから風呂に入ってくれ。 
連れ子はふてくされながらも風呂に入った。 
妻が帰ってきた。大変だったと話す。 
「あたしの言うことだってきかないんだから」 
しかしそう言う妻の顔には、勝ち誇ったような笑みが浮かんでいた。 
「あたしのいつもの大変さがわかったでしょう」 
というように。 

いろんな感情が渦巻いが、最も大きかったのは 
「俺が子供の面倒を見て当然」 
と思っているのだな、ということだった。そこには感謝もないし、すまないという気持ちもなかった。 
まるで子供が二人の愛の結晶であるかのように。
2017年01月16日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/02/25(木) 23:31:40
保守がてらにカキコ 
嫁と知り合ったきっかけが 
専門学校で上京した時にアパートのお隣りさんだった事
2017年01月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(1)
868: 名無しさん@HOME 2014/01/09(木) 21:36:22.19 0
ゆっくり目を閉じて開けたら知らない場所に寝てて1週間経ってた 
リアルでポルナレフ状態になるとは思わなかった

2017年01月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
494: 名無しさん@HOME 2014/03/14(金) 17:32:41.63 0
昔俺をいじめていた奴の子供とうちの娘が 
偶然同じクラスになった 
そしてその子供が現在いじめにあっている 
という話しを嫁から聞いた
2017年01月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
【前編】 
【中編】 
【後編】 ←NOW



441
:コンジ ◆JSB9Y2u8mw 2014/08/22(金) 02:49:53.79 .net
家帰ったらソファで爆睡してしまった…鍵も変えたし 
診断書も写真ももらってきたよ!嫁からはメールとかは来るけど 
とくに家に来たりはしてないから大丈夫。 
しかしジムさん大変だなぁ、俺1人で被害者面してたけど 
そんな奥さんだったら耐えられない…そして高給羨ましいorz
2017年01月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)

【前編】 
【中編】 ←NOW
【後編】 21:13公開


733
:762 2014/08/13(水) 00:58:19.45 .net
監視スレから誘導されました。 

興信所に頼む前から監視スレではお世話になりました。 
現在興信所他経由で嫁のフリン、風呂屋勤務、貯金使い込み 
そして俺への性/病感染で離婚しようと思っています。 
まだ弁護士にはお話していないので盆が明けたら相談しにいく予定です。 
よろしくお願いします。

2017年01月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)

【前編】 ←NOW
【中編】 20:13公開
【後編】 21:13公開


765
:名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/06(水) 16:58:02.86 .net
へい…ウワキした事一度もないのにさっき早退して病院行ったらコンジなんとかって診断下されたわけだが。
2017年01月15日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
612: 名無しさん@おーぷん 2016/03/21(月)16:32:45 ID:Z6r
スカッととは違うけど、嫁の武勇伝を語らせてほしい。
俺はもうあと数年で定年という年齢なんだが、嫁は俺より年下。

今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。
血筋としては俺の従兄弟とその嫁さんにあたる。
車で一時間くらいのところに住んでいて嫁が妊娠しているときに助けられた理、逆に相手さんが妊娠しているときに助けたりとかなり仲が良かった。
その夫婦の娘も俺ら夫婦の息子と年が近かったのもあってかなり仲がよく、子供特有の将来結婚するーなんて話もよくしていたのを今でも覚えている。

そんな夫婦が亡くなったのは自動車事故だったけど、助手席に座っていた娘、A子とするけど彼女だけは無事だった。
奥さんは後部座席の右側に座っていたのが原因で助からなかった。
A子も酷い怪我で一年くらい入院していた。
その間、俺親族、嫁、従兄弟の嫁さん親族全員が集まってA子をどうするかという話合いになっていた。

嫁さん親族は既に年金暮らしとなった老夫婦で無理。
俺親族、というが俺の両親もほぼ同様の状況。
俺も息子がいて、高校生で大学受験を控えているため金銭面に余裕はないのでどうするかという話だった。
そんな時に嫁が俺と息子にうちで引き取れないかという話をしてきた。

俺は正直反対だった。
金銭の問題ではなく、息子は思春期真っ盛りで、息子を信じないわけじゃないが男ならわかると思うがセイ欲というのはバカにできないものがある。
それにA子は両親を目の前で亡くしたショックで殻に籠ってしまっていて俺の手には余る話だと思っていた。

そしたら嫁が、私は掃除府でも何でもしてお金を稼ぐ。
息子の動向にも常に気を払う。
全ての責任は私がとるといいだした。

結局その言葉に負けて俺は承諾。
けど息子は渋っていた。 
2017年01月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
869: 今は主婦 ◆KsVJelHVBQ 2007/02/27(火) 13:21:34 ID:Q1hY5ne10
A子 私 当時22才 大学4年生(一人暮らし) 
B男 私の彼氏 22才大学4年生(実家暮らし) 
店長 B男のバイト先の雇われ店長 30才ぐらい 
C香 店長の奥さん 28才ぐらい 専業主婦 
友人 店長の友人 サラリーマン ナイスガイ 

8年前の話しになります。 
私とB男は付き合って約2年になるある地方都市の同じ大学のカップルでした。 
B男のバイト先は飲食店で週に3〜4日のシフトで夕方から夜にかけてバイトしてました。 
バイト先である飲食店の店長(チェーン店の雇われ店長)はバイトの子達の面倒見がよく 
自宅で飲み会なんかをよく開いて親睦を深めるような人でした。 
そのうち私も飲み会に誘われ店長自宅へB男と共に顔を出すようになり 
店長の奥さん(C香)とも話しをするようになりました。 
当時田舎学生だった私から見るC香さんは 
とても大人の色気が漂う素敵な印象だったのを覚えています。 

私も店長とも仲良くなり1年が過ぎた頃、夜10時頃携帯に店長から電話がありました。 
まだ携帯が普及し始めたばかりの頃です。 
店長は話しがあるから少し時間をくれないかと言います。 
いつもの店長の様子とは違っていたので、了承し私のアパートの近くのファミレスで会う事にしました。 
ファミレスに現れた店長はいつもとは違う険しい目をしています。 
店長「B男君の様子が最近変に感じる事はない?」 
私 「いえ、いつもと同じですけど・・・」 
店長「そうか、実はC香と浮気してるようなんだ」 
絶句する私に店長は書類を見せ始めました。 
C香とB男が車に乗り込む写真、公園で抱き合いキスをする写真、 
そして店長の自宅へ二人で入る写真・・・ 
他にも報告書のようなものがあり、探偵に頼んで調べてもらったもののようです。