2017年08月の記事一覧
2017年08月31日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(3)
153: 名無しさん@おーぷん 2016/08/22(月)08:36:35 ID:9lg
夫婦2馬力でガンガン稼いでるから
多少の手間ならお金で解決が口癖のような知り合いが
借金ナシのキャッシュで建てたと言う新居に
招待されて行ってきた。

眺望の良さを自慢してて、確かに素晴らしい景色だった。
けど、そんだけお金あるなら何故
こういう↓家建てようとするんだろうと正直思った。

ms-1470375717-153-490x200

いやちゃんと設計されてるんだろうけどさ。

自分建築に詳しくないから
馬鹿な事言ってるの自覚してるけど、怖いのよ
2017年08月31日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
207: 名無しさん@HOME 2014/01/23(木) 03:34:45.44 0
先週事が片付いたので厄落としかきこ。 

嫁大好きな俺が職場のA子(×2)と浮気をしているとデマを流された。 
結論から言えばA子の自作自演だった。 
外回り(二人一組)の写真や出張先で何故か偶然会った時の写真を家に送られ、 
嫁は俺に確認するも俺は何も知らないし嫁も俺の浮気は疑ってない。 
では何故?と分からない嫁は親戚に相談。親戚に探偵が居り調査という流れに 
嫁が探偵を雇う事になりA子の自作自演が発覚。 
俺←A子が雇った探偵←嫁が雇った探偵 
と、なった時があったそうな。 
嫁の親戚には弁護士・探偵等が居る為伝を頼り弁護士に入ってもらい解決。 
A子とその両親から慰謝料を貰い謝罪を受けたが、その理由も逆恨み上等で全く意味がわからない。 

ただその慰謝料で嫁と温泉旅行に行く事になったので厄落としと記念も含めて。
article_middle();
2017年08月31日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/14(火) 16:56:36.16 ID:YAb9V1PvK.net
パート 恋 
4歳児 多動 
既婚者と知りながら突然キス 意図 
〇〇株式会社←わいの会社 平均年収 
関西学院大学 〇〇洋平 
〇〇洋平 
既婚者 告白 
〇〇幼稚園 評判 
ガン保険 生命保険 
パート先 大学生 告白 
4歳 反抗期 
夫 不倫 

なんなんやこれ…
2017年08月31日 カテゴリ:衝撃的な話  コメント:(0)
855: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/12(月) 10:43:05.65 ID:vFl4m8ci
小学校の時、給食の好物だった揚げパンを
いじめっ子に横取りされたときに、
ついにキレて思い切り反撃したことがある。

結果だけ言うと、そいつは今でも寝たきり。
2017年08月31日 カテゴリ:衝撃的な話  コメント:(0)
46: 名無しさん@HOME 2013/08/25(日) 16:01:27.22 O
去年下の親知らずを一本抜糸した。
見事に真横になっていたため、
かなり本格的な処置をされた。

先生いわく「通常より大きい。立派だ」とのことで、
痛みも長引くだろうと覚悟していた。
が、甘かった。

抜糸後三日間どころか一週間たっても激痛で眠れない。
物も噛めない。
まさか神経を・・・と疑って
歯医者に二日ごとに通ったけど、異常なし。
痛み止めだけもらった。

その痛み止めを服用し始めてから
5日後の夜中、盛大に吐いた。
胃の中のものを全部戻し、震えが止まらない。

「脱水症状になる!」と思って
水やポカリ系も飲んだけど全部リバース。
意識も朦朧としてきて、
「セルフ胃洗浄・・・」とかアホなこと考えてた。

運悪く私は一人暮らしで
近くに住んでいる友人は全員出払っていた。
立てなくなるほどフラフラしていた私は救急相談に電話。

事情を話すと
「救急車を呼んだ方いいですねー」と言われた。
たかがリバースと寒気(震え?)で
救急車を呼んでしまったときの私の心が本当に修羅場だった。
(私のために貴重な税金をすみません・・・)

結論からいうと、抜糸後の痛み止めが原因。
胃薬を出さずそれだけを飲んでいたから
胃がめちゃくちゃに荒れていたらしいです。
2017年08月31日 カテゴリ:その他  コメント:(0)
701: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/26(金) 21:45:49.21 ID:mTerUI4B
近所にある天理教の教会
(玄関に大きな看板がかかっている)にエホバ襲来。

「邪教をやめて神の教えを信じましょう」
こういう人たちって
本気でそう思っているから性質が悪い

しかもその日は集まりの日だったらしい
いつも「ドンツクドンツク」という音しかせず、
静かに活動している方々が激怒したらしい
ドンツクに加えて教典を音に合わせて読み始めた

さすがに恐怖を覚えたか去ろうとしたエホバだったが、
「邪教かどうかお聴き下さい。
仏教もイスラム教とは仲がいいといいます。
平和にいきましょう」と笑顔で止められ、中へ連れていかれた

「すいません。少し音が大きくなるかもしれません」と
信者さんが周りの皆様に説明
皆様「どうぞどうぞ」と笑顔

「ドンツクドンツク」と歌い踊る音はこれまでにないもの

塀が垣根なので中の様子が分かったけど、
エホバ囲んで信者さんたちが回りながら
お題目唱えて歌い踊ってました
初めてエホバたちの顔に恐怖が浮かんでいた

でも、ご近所は誰も気にしないけど
2017年08月31日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)
1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/17(水)21:25:45 ID:88i
お盆に電話がかかってきてビビった。
覚えてる内容は大体こんな感じ。


「もしもし、山田太郎(仮名)さんでしょうか?」

「はいそうです」


「失礼ですが、○○県立○○高等学校に通ってらした
 山田太郎様でしょうか?」

「はあ?どちらさまですか?」


「大変失礼しました。
 私○○探偵社の高橋(仮名)と申します」

「探偵?どういうことですか?」


「この度弊社は山田様の捜索を依頼されまして、
 失礼ですが、○○高校に通われてましたか?」

「そ、そうですが、学校がどうかしたんですか?」
2017年08月31日 カテゴリ:衝撃的な話  コメント:(1)
916: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/16(金) 20:58:13.98 ID:xnqtBwai

スーッとするかわからないし
オカルト要素もちょっとあるかもしれませんが

もう20年以上前のこと。
中学時代3年間毎日のように相当いじめられてた。
もう、学年中のヤツら全員にじゃないかというほど。
たいして喧嘩強くないやつも俺には態度強い。
後輩とかにも「こいつなぐっていいよw」とか言って
後輩でも調子に乗るやつもいるから
後輩になぐられてる俺見てケラケラ笑ってたり
女子にも廊下で背中に蹴り入れられたりしてた。
暴 行、恐 喝は当たり前。
試験なんかも答案用紙数人分が回ってきて
全員分のを書いてたら自分の分まで間に合わない。
間違ってたらボコボコにされてた。
俺の分は腰巾着役のやつにぐっちゃぐちゃに書かれて提出。
教師たちもやる気なし軍団だったので
当たらず障らず。

反抗できない自分にも腹が立ってた。
登校拒否する事すら出来なかった。
2017年08月31日 コメント:(2)
955:恋人は名無しさん2016/06/24(金) 19:33:50.60 ID:bUO1e+uL0.net
先日、ディナーを食べた後、記念日のお祝いを私の家でしていたら、急に彼氏に電話がかかって来た
電話を切った彼氏が
「実家の猫が、病院でもうもたないかもしれないって、だから病院に……」と半分立ち上がりながら言ってきたので私も慌ててなぜか立ち上がった
高齢で入院中という話は聞いていた
「ええ!?大変!いいよ、大丈夫、行ってきて!お財布持った??」
と言って玄関まできょどりながら見送った

玄関で「記念日なのに、ごめん」って言われたから、
「いいよ、気にしないで。片付けもしておくし今日はそのまま家族と過ごしなよ。私はまた会えるんだし」と言ったのよ
そしたらそれまで申し訳なさそうな顔で、でも「ありがとう」みたいな感じで優しい目で見てくれてたのに、最後の言葉で一気に無表情になった
あれ?っと思ったら
「タヒぬ前提で話すなよ」
と冷たい声で言い捨てられて行っちゃった

取り残された私は「エェ……」と思いながらも、まあ気が動転してるんだろう……と気を収めた

で、次の日、うちに置いていった荷物を彼氏が取りに来たんだけど
ずーっと無言。話しかけたら事務的に答えるだけ
落ち込んでるならいいんだけど、怒ってるオーラなのよ
怒った時を知ってるからわかるんだけど
一週間経ったんだけど、お怒りモード継続中なんだわ
私に謝れってか
しかも察してちゃんか
大事なペット亡くした人に冷たいかもしれないけど、面倒くさい
「その場で気が立つのはしょうがないとして、それをずっと責めて無言で怒ってるってなんやねん」
と謝る気にもなれない、また会えそうにないから急いで病院に行くんやろー……
私ともいつでも会えるわけじゃないからいつでも会えるしとは言えなかったしさぁ
2017年08月31日 カテゴリ:感動・いい話  コメント:(0)
958: 1/3 2006/02/24(金) 04:22:06
254 :本当にあった怖い名無し :05/03/06 17:06:39 ID:cLi7MPvc0

おかんが癌で亡くなって6年になる。
癌を見つけたときにはもう余命一年の宣告。
親父と相談の上、
おかんには告知しなかった。
一年、騙し続けた。

私はその時二番目の子供を妊娠中。大きい腹でおかんの病室に通った。
ある日おかんが私の腹をなでて、まだ見ぬ孫の名をつけて呼んだ。
おかんのタヒ後、丁度一ヶ月の日に娘は生まれた。
母が呼んでくれた名前を娘につけた。
すごく愛しそうに呼んでくれた名前だから、迷わなかった。
母は夢に出てくることも姿を見せることもなかった。妹のところにも。
私は、母を騙し続けたことに、とても罪悪感を感じていた。
例えモルヒネが処方されて「お姉ちゃん(母は私をこう呼んでた)、
この薬は何?」と 聞かれても、ただの鎮痛剤じゃね?とかいって誤魔化してた。
一日ずつ命が減っていく母に、それを悟られまいと必タヒで嘘ついてた。

母は私を恨んでる。
何の心の準備も出来ず、亡くなったのは私のせいだ。
親父は母の闘病中から娘より若い愛人を作って母のことは
全部私に任せていたので、余計責任を感じてた。
私の所に出てこなくても当たり前だよな、そう思ってた。