2017年12月の記事一覧
2017年12月31日 カテゴリ:家族・親族  コメント:(0)
843:名無しさん@HOME2011/10/01(土) 00:06:13.18 0
豚切で悪いし、ここに書き込むのが正しいのかわからないけどただ聞いて欲しくて書いてみる
うちの妻は義理堅い
難病を抱えて歩くのも大変なくせに親戚付き合いとかきっちりしないとだめな性格
その妻が先日病気とは全く関係なく急タヒした
本来、四十九日を行うのが、親戚の都合で五七日に法要を行うことになった
そうしたら、その日の夜中に「パターン」とラップ音がした
今までラップ音とかなかった家なので、俺は思わず「妻ちゃん」と声をかけた
そうしたらまた「パターン」とラップ音した
俺は「いっちゃうの?」と聞いたけどなにもおこらなかった

そして、本当の四十九日に俺と義両親と坊さんだけで簡単な法要を行った
そしたら、また夜中に「パターン」と言うラップ音
また俺が「妻ちゃん」と聞くと「パターン」
俺が「いっちゃうの?」と聞くと今度は「パターン」とラップ音
なんとなくそれで妻が成仏できたのがわかった気がした
親戚に言っても誰も信じてくれないけど俺は妻が成仏するのを教えてくれたと思ってる
だからなに?て言われそうな長文ですまん
2017年12月31日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
654:おさかなくわえた名無しさん2016/07/07(木) 18:45:15.26ID:SJwcCK+b
今からお盆が憂鬱だ
お盆になると嫁と子供つれて嫁の実家に行くのが決まりなんだが
義両親、義兄達が色々嫌味を言って来る

義父は某有名企業の役員、義兄達も外資系の会社に勤めていて
かなりの金持ち

そのためか自営の俺の給料が安い事にについて
「こんな給料でよく生活できるね」とか
「金が無いという理由で妹を泣かせたらただじゃおかない」
って必ず言ってくるんだよ。
去年は義母に
「こんなお給料しかもらえないなら会社辞めたら?」
とか言われて危うく怒鳴りそうになったけど
今年は我慢できるかなぁ

あー嫁の実家なんていきたくねーよ!!!
2017年12月31日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
460:恋人は名無しさん2016/07/09(土) 17:50:30.41ID:wXEDYFMk0
婚約解消になるかもしれない・・・
元々20代平均の年収より低くて昇給もほとんどなく低い事がコンプレックス
その上、彼女の方が年収が平均の100万くらい多い

お互いそれは知ってる上で婚約したんだけど

ちょっと前に自分のツレのカップルで
男が弁護士女が公務員と一緒に遊びに行った時から
表情が暗く全然しゃべらず元気がないから
聞いてみたらそのカップルが羨ましくやっぱり俺の年収じゃ不安だと
そこから言い合いが始まり、
向こうが私は本当は気楽に仕事がしたくてつらくなったりしたら
いつでもやめられる状況がよくてあんたの収入じゃやっぱり不安だの
なんであんたの給料が低いのに
あんたの学資ローン一緒に払わないといけないの?とか散々言われて

俺も俺でつい頭に来てなんだ寄生したいが為に結婚したいのかよとか
お前の学費は親が払ってくれただけだろうが
偉そうに言うな甘ったれがとかひどい事言ってしまった

結局結婚なんてやめだ!もう年収の高い男でも探せ!
と捨て台詞とともに荷物持って飛び出してしまった・・・

チラ裏ごめんなさい
コンプレックスの年収に文句言われて愚痴を吐き出したかった

2017年12月31日 カテゴリ:泥・せこきち・セコケチ  コメント:(0)
593:愛とタヒの名無しさん2011/07/23(土) 07:16:39.38
節約家というかドケチな友人(新婦)がなるべく安上がりになるよう
招待状や席次表など何から何まで極力手作りにすると息巻いてた。
でも、もともとかなり不器用というか要領が悪いところがあって
式の3週間前になっても何も仕上がらなかったらしい。
仕方なくお金を払って式場側にやってもらうことになったわけだけど、
焦った友人は名前やら肩書きやら色々間違えたまま発注。
当日、名前も肩書きも間違えられて席の位置もおかしなことになっていた
そこそこの地位の人が激怒し、新郎新婦に長々と説教して退席してしまった。

その夜、新郎新婦は大ゲンカ。
新郎「全部オマエに任せてたからオマエのせい。
とばっちりで俺まで説教された。大勢の前で大恥かいた。」
新婦「私に丸投げして何も手伝ってくれようとしなかったのは貴方。
私だけが悪いわけじゃないでしょ。」
新郎「節約したいって言って全部自分で作るって言ったのはオマエだろ!」
新婦「たいした稼ぎもないくせに偉そうなこと言わないでよ!」
こんな感じで朝まで怒鳴り合いの喧嘩をして、そのまま破談になった。

何が不幸かって、新郎新婦に長々と説教した人が
私のストーカー化した元彼に瓜二つで、
その人が退席するまで恐怖で震えてた私が不幸だったって話。
2017年12月31日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
910:名無しさん@HOME2011/10/04(火) 20:22:01.06 0
アル中DV借金癖の父親が長くない
自分は成人後、距離置いてる
母親は結局色々事情はあったとはいえ一緒に父親と暮らし続けることを選んだので
私は母親とも距離置いた

最近電話があった
母親はすぐに見舞いに来るものだと思ってるようだったし私もなんとなく
仕事の休みのときにとりあえず行くと答えた
でも良く考えたら行く必要なくないか?となんだかイライラしてきた

率直に言って悲しくない
むしろほっとしてる
私が行けば多分父親は多分今まで自分がしたことなんて忘れて勝手に感傷に浸るんだろう
いつだって自分可哀想って騒いでるような人だったから
母親も最後の親子の和解とか流石に最期には感情の触れ合いがとか期待してるのが
電話で話してて透けて見えた

私が行くことで、散々私を振り回してきて、
もう振り回されるの共依存に巻き込まれるのも嫌だから距離置いたのに、
そういう相手を心穏やかにするだけなんだという思いがいらだちの原因なんだろう
憎いって感情はもう感じなくなったと思ってたけど改めて直面してよくよく考えたら
急に心穏やかになんてタヒなせたくないって気持ちになってきた

どう折り合いつければいいのか自分でわからない