2020年02月の記事一覧
2020年02月29日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


453 :拝啓、鬼女様 2013/09/23(月) 23:23:34 ID:R0fySY9v0
いつも旦那が出社するときは玄関でハグとキスで送り出して、寝室の窓から車が出ていくのを見送ってるんだけど、
最近夜勤が久々に復活したら玄関でハグキスから駐車場まで一緒に行かないと気が済まなくなってきた
夜勤だと私と生活が逆転しちゃって、朝私の出勤までに帰ってこないから会えなくて寂しい
旦那が仕事頑張ってくれてるのがわかるから、せめてギリギリまで見送りたい
ほんとは旦那のポケットに入って一緒に職場にいきたい
2020年02月29日 カテゴリ:モヤ  コメント:(0)


25 :拝啓、鬼女様 2018/06/24(日) 21:32:36 ID:ncqZxeqc0.net
先週頭に呼び出されたんだけど異動の話だった しかも良い条件で前から行きたかった部署へ来月1日付けで配属されることになった
それを見ていた意地悪な同僚が、やたらとそわそわして「何やらかしたんですか?」と聞いてきたから、とりあえず落ち込んだふりをして「うん、ちょっとね」と言っておいた
何かやらかした前提で聞いてくるのが性.格悪い やらかしてないしw
私が評価されると、必ず「私だったらそんなやり方しないです~」とケチつけるし、普段から何かと見下して格下認定しようとしてくる
こういう人って何だかな~
2020年02月29日 カテゴリ:義親族  コメント:(0)


113 :拝啓、鬼女様 2019/06/05(水) 16:51:44 0.net
コトメがSNSでフォローし合おう!と言ってきたから7年で3回しか投稿したことないから「投稿なんてほとんどやらないから私のインスタなんて見てもつまらないよ?」と言ったが「それでもいいから!」と言うから仕方なく承認したら
私のインスタ(数年前に庭の花と、実家の犬と、お土産のご当地ビールの三件だけしか投稿してない)を見て「え…?本当にこれだけ?」と聞いてきた。
「だからつまらないって言ったじゃん!笑」って言ったら、義父母の前で「結婚してること隠してるの?子供いる事隠してるの?」と真顔で聞いてきた。

SNSが全く分かってない義母が「え?嫁ちゃんは周りの人に結婚を隠してるの??」と言ってきたから「隠してないですよ!SNSにあんまり向いてないから、結婚前から更新してないで放置してるだけですよ」と
噛み砕いて説明したけどイマイチ分かって貰えず、なんか疑った様な不安そうな顔でジーっと見られてた。

コトメに「投稿した日付ちゃんと見てよ。古い投稿だけでしょ。変なこと言わないでよ」と言ったら「いや…だって結婚とか出産とか普通あげるでしょ…。隠してるのかと思うわ」とまた真顔で言われた。
それを見た義父母がまた不安そうな顔で「旦那くんと上手くいってるのよね?大丈夫よね??」って。

コトメのインスタは1日2~7回更新してた。
インスタ中毒って、ここまで私生活晒さないと「隠してる!」ってガチで思うの??
前からあんまり好きじゃなかったけど、本当にコトメが大嫌いになったわ。
長々とごめんなさい。
2020年02月28日 カテゴリ:高校生  コメント:(0)


845 :拝啓、鬼女様 2010/11/05(金) 17:23:28 ID:MsQ4XXGo
外国に詳しい俺ってかっこいい!と勘違いしてた当時の俺はだいぶ痛かった。
高1の時に地理の教科書を見ながら
「アドリア海、、、あの青さは心まで洗うな」とか
「マチュピチュはよかったなぁ。ペルーのクラブで銃撃戦に巻き込まれたがな(笑)」

と、聞いてないのに友達に話して、友達は適当に相槌打ってくれた。

初めて出来た彼女に
「マドモワゼル、俺は将来フランスに行くと思う。この退屈な日本じゃ満足出来ないんだ。俺と一緒に来てくれるなら、タヒ海を魅せてあげるよ。」

と言ったら次の日メールで振られた。原因はわからん。
2020年02月28日 カテゴリ:  コメント:(1)


398 :拝啓、鬼女様 2018/06/06(水) 18:47:19 0.net
頼まれて一緒にホームセンター行った
荷積みにしようとしたカートの当たりが悪かったらしく、母は何このカート動き悪い!と詰まる度に散々文句垂れながら使い続けてた
傍の別のカートに変更すれば即解決するじゃん?
なのにそれもせず、ただひたすら文句垂れてた
カート交換するって発想すら出ないのかと愕然とした
三度以上カートガー!と文句言った所でいい加減にしろってカートぶんどって交換してやった
この程度すら自分で解決出来ないの本当に呆れる
2020年02月28日 カテゴリ:友人  コメント:(0)


204 :拝啓、鬼女様 2017/04/18(火) 11:03:42 ID:h/YfFmVd0.net
昔の習い事や仕事で知り合った人と、数ヵ月に一度、お茶したり贈り物をしあったりするけど
その人たちは私よりも親しい友人がたくさんいるみたいで、私なんて友達に分類されていないんだろうなと思う
学生時代に私はバカで、知り合いは友達と思い込んでいたから、それは分類がちがうと気づいたときには自分には友達がいないと悟った。
それから、私がどんなに相手のことを気に入っていても私からは友達とは簡単に思ってはいけない、相手には友達と思われていないかもしれないんだから、と自分を卑下し続けているわ
2020年02月27日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


176 :拝啓、鬼女様 2018/04/16(月) 13:28:03 0.net
子供の誕生日を義理実家で行うことになった!?

義理親、旦那、私、子供二人の予定だったけど、旦那の弟の嫁と子供、更に、その嫁の妹と更に親戚親子?が参加することになったと、義理実家から夕べ連絡があったそうだ。

私は今朝になって、その話を聞かされて、「義理弟の嫁の妹と親戚って誰?」と聞いたら、旦那も知らないと言う。
車で3時間近くもかかるし、この話はなかったことにしようと旦那に相談したら、ウジウジして今に至る。

こっちはこっち、そっちはそっちでと割り切りたい。
2020年02月27日 カテゴリ:  コメント:(0)


544 :拝啓、鬼女様 2019/06/27(木) 15:44:25 ID:mAi2mP5la.net
スマホから失礼します
昼休みに探偵頼んだ
俺30ちょい会社員収入500、嫁同じ年専業主婦、娘小3
小、中、高と同じで大学は別、高3から付き合い始め、23で結婚

嫁が去年PTA役員、今年副会長になる
最近、服装が派手に帰るのが遅いときが多くなる
先週、同僚から嫁が男と二人で飲み屋街を歩いていたと報告を受ける

やきもきやきで浮気が嫌い、でも束縛も嫌いな俺は付き合い始めに「複数人なら良いが異性.と二人っきりで遊ぶのは止めてくれ、それもし好きな人ができたら俺と別れてから付き合ってくれ」と言うと賛成してくれて約束してくれた
もう10年以上前だから忘れてるかも

同僚の話しをすると市P連の地区の会議のあと親睦会があって15人くらいでいたそうだ

んで今朝
嫁「この前と同じメンバーで親睦会があるから遅くなるかも」
俺「今日は俺、地方に行くから10時くらいになると言ったよね。娘どうすんだ?」
嫁「母が来てくれることになってるから」

めっちゃ怪しいよね?午前中ずっとモヤモヤしてたからハッキリしないとダメな俺は昼休みに探偵に電話。したら午後3時~嫁が帰宅するまで調査してくれることに

今、地方に着いたら5時まで仕事無しになった。すげードキドキしていてもたってもいられなくなりここに来ました

嫁さんのことはすごい信じてるけど、白黒どっちだと思いますか?
2020年02月27日 カテゴリ:仕事・職場  コメント:(0)


778 :拝啓、鬼女様 2018/05/12(土) 15:01:15 ID:bEDycSl/.net
前の職場に嫌がらせしていたこと。
ハラスメントが原因で退職した。だけど、会社側は認めなくて、自己都合になった。正直悔しかった。
転職が決まるまで無言電話したり、嘘の落し物の電話して探させた。全国展開の企業だから、いろんな店に忙しい営業時間帯や開閉店作業中の時間に電話した。少しでもそれで店に迷惑かけて、売上を落としたかった。
新しい職場で旦那を出会うまでしていた。今でも時々ハラスメントのフラッシュバックが起こるから、また無言電話したくなる。でも、旦那にこんなことバレたくないから我慢中。
2020年02月26日 カテゴリ:感動・いい話  コメント:(0)


85 :拝啓、鬼女様 2019/09/06(金) 15:28:17 ID:CU1
私、先々月義母を見送ったよ。
亡くなる前の日に「ありがとね。あんたが娘になって良かった。楽しかった」って言われた。
私も義母さん、大好きだった。楽しかった。
もっともっと一緒に旅行とかしたかった。
義母の前には義祖母、その前には義祖父、その更に前には義曾祖母、
みんな見送った。
みんなみんないい人だった。
義母だけは病気で亡くなったので、本当はもっと一緒にいれたのにと残念だけど
最後に言ってくれた言葉で、義母が幸せだったのなら良かったと思うことにした。

私、子供の頃から引っ込み思案で友達もいなかった。
何か話しかけられても挙動不審みたいになって、上手く話せなくて。
ひとりで黙々と何かを作るのが好きだったから短大の家政科に進んで
その方面で手に職を付けて一人でも生きていけたら~って思ってた。
自分の容姿にも自信がなかったから、異性.を好きになることもなかった。
はなから相手にされると思ってなかったし、
そんなだから、結婚なんて出来ないと思ってたし。
たぶん両親はそんな娘をどうにかこうにか結婚させるには
若さが武器になるうちにとでも思ったんだろう。
短大を出てすぐに見合い話をもってきた。
相手は一回りも年上の専業農家の跡取り息子。
車があれば不便ってことはないけど、すごい田舎で遠かったのが
私にとっては逆に良かった。
あまり学生時代の同級生に会いそうにない場所だったから。
でも写真見たらどうせ断ってくるんだろうなって思ってたんだ。
ところが、あれよあれよという間にお見合いの日取りが決まって
会ってみたら、相手も大人しい人でモジモジしてて
途中からふたりだけにされたけど、ふたりでモジモジ合戦みたいになった。
そしたら急におかしくなったらしくて相手がプッて噴出して
それに釣られて私も噴き出して、なんかお互い「こういうの苦手ですね」って言い合った。
あ、なんかこの人と結婚決まるかもってその時思った。
そしてそのまま半年後には式を挙げた。
結納まで一ヶ月ぐらいしかなかったけど、全然嫌じゃなくて
心地よく流された、って言う表現がぴったりくる感じ。
不安とか全然なくて、これが“縁”と言うものなのかなと思った。