2019年05月21日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


61 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 00:51:14
こんばんは、過疎っているようなので若かった頃は修羅場だ!と思った話を。

登場人物
私(A子)
彼(B男)
変な男(C男)
彼のモトカノ(D子)

まず、お恥ずかしいのですが出会いはネトゲでした。
家の近い3人で(A-C)オフ会をしたのがはじまりで
私がB男に一目ぼれ。B男も私に一目ぼれ。C男も私に一目ぼれ。
という、今思えば異性.に飢えてた3人組でした。

C男から直接的な告白をされ、あまり男性.経験のなかった私は
B男に相談に乗ってもらい、そのノリで私とB男は付き合うことに。

といっても、私は学生。B男は社会人。
時間が合わないので、月に2回ほどあえれば良いほうでした。
そして今思うと精神的にちょっとおかしかったのでしょうが
B男は付き合う直前に
「もし付き合うとしたら、絶対に別れない」とか
「もし別れることになったらタヒぬかもしれない」とか
そういう危険な台詞を何回も私に言っていました。

一人で盛り上がってた私は、絶対大丈夫!などと言ってしまいました。
それを聞いたB男は、私と付き合う決心をしてくれたのですが。

B男がなぜそんなに別れることを怖がっていたのかは未だに理解できません。
どうして?と聞いてはっきりとした答えをもらう前に別れてしまったので。


62 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 00:53:34
小さな修羅場は、私の知らないところで起こっていました。
1度だけ、彼に車で家の近くまで送ってもらったときに
なぜか缶ビールが車の、ホルダーのようなところにおいてあり

「え、ちょっと、なにこれ…?」
飲酒運転はダメでしょう、と言おうとしたらB男が
「あー…ごめんそれ…この前モトカノと花見行ったときのやつ」

はなみ?
私とあってないときは仕事っていったのに?
え、ていうかモトカノとは完全に切れてるって言ったじゃないですか。

「モトカノとまだあってたんだ」
「会いたくて会ったわけじゃないよ!」
切れ始めるB男。びびる私。
「モトカノが、会ってくれなきゃ手首切るって脅すから…!」
ポカーンとする私。さらに話し続けるB男。
「もう彼女いるからって言ったんだけど、電話越しに泣かれたんだ」
「そっか、なら仕方ないね」
「本当、何もしてないから」
「うん、信じてる」

適当にこんな会話をしながら帰っていた気がします。
そして、私が感動した台詞はその次に彼にあったときのことです。
63 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 00:56:16
いつもの駅で待ち合わせて、喫茶店に入った私とB男。
なんだか最近老けたなあ、と思いつつ飲み物を飲んでいたら
突然B男が衝撃発言をしてきました。

「実はこの間、モトカノ(D子)にあったんだけど…」
「花見のときでしょ?」
「いや、その後なんだけど…」

だからお前仕事だって言わなかったか?と
心の中で突っ込みをいれつつ話を聞くと

「実はこの前、また泣かれて」
「…(しらんがな)」
「A子と電話がしたいって言われたんだ」
突然の展開に驚く。あたりまえだけど。
「それで…?」
「うん、電話してもらっていい?」
えええええ、なんでええ?と思いつつ了解すると
本当にB男は電話をかけはじめた。

もしもし俺だけど?うん、そう今彼女と一緒。うん、かわるって。
のようなことを言って電話を私に渡す。

「もしもし?」
「B男と付き合ってる人って、あなた?」
「はい、そうです。お付き合いさせていただいてます」
そう言った瞬間

「この、ドロボウネコ!!!」
66 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 00:58:19
え、と驚いて何も言えない私。
それに気づいて電話を取り上げる彼。

適当に何かを言って切って、私に向き合うと
「何いわれたの?」
と、笑顔で聞いてきたので
「ドロボウネコって言われたー。はじめて言われたー」
と爽やかに返すとすごく驚いた顔をされたので
「あのさあ、モトカノと別れてるんだよね?」
「別れてるよ!だからA子と付き合ってるんじゃん!」
「じゃあなんで私がドロボウネコとか言われなきゃいけないの」
「え、それは…たぶんD子がまだ俺のこと好きだから…」
「でも別れたんでしょ」
「D子の中ではもしかしたら、まだなのかも…」

と、ぐだぐだになってきたので

「私かえる。じゃあね」

と言い残して帰宅。
67 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 01:00:02
アホくさくてイイ(・∀・)
68 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 01:00:36
その後B男を放置していたら
「別れるならタヒんでやる!」とか
「手首切るから!」とか
「返事くらいしろよ」とメールがきて怖くなってきたので着信拒否とメールを拒否してしまいました。

数ヵ月後メールの拒否をといたらタイミングよくメールが。
あえない?とかいうメールだったのでごめん忙しいからムリ、と返すと
実はどこどこの喫茶店でウエイターやってるんだ、今度遊びきてよ♪
と言われたので、ああこいつはタヒなないなあとそのままメール拒否再開しました。

以上が私の体験した修羅場でした。
昔のことすぎて記憶が曖昧ですがだいたいはこんな感じでした。
しゅらばー?という感じですがドロボウネコ発言は何年たっても記憶から抜けないので。
ちょっとすっきりしました、ありがとうございました。
69 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 01:03:15
C男の存在感の無さに泣けてきたww
72 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 04:17:48
C男出番もないのに変な男って・・・
77 :拝啓、鬼女様 2006/10/07(土) 17:50:08
B男の方が変な男じゃん。
79 :拝啓、鬼女様 2006/10/08(日) 20:23:39
そのとき動けなくなったC男が叫びました

「やっぱり叫ばせて。」

引用元:love3.5ch.net/test/read.cgi/ex/1159702400/

気になる人気記事

他サイト人気記事

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット