カテゴリ: 同僚・友人の記事一覧
2017年03月27日 カテゴリ:同僚・友人  コメント:(0)
854: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/24(火) 23:33:54.76 ID:5/JXK2OE.net
会社の上司(男)がプライベートと仕事の都合で(急な出張)二ヶ月くらい自宅に居れなくなってしまった。 
しかし引越しが目前に迫っているため、バイト代払うから引越しておいてほしいと頼まれた。
 高額なバイト代に釣られて、即OKした。 

決まっているのは今の部屋の退去日と新居のみ。 
とりあえず引越し業者申し込んで、粛々と荷造りを開始。 
膨大な荷物を片付けているうちに、女性の下着や洋服がクローゼットから出てきた。 
上司は一人暮らしだし、彼女もいないと言っていた。 
元カノのかな?もしくは上司の女装癖?と思って、その時は気にせず再び荷造りを再開した。 

別の日、また荷造りに行ったんだが、少しだけ部屋のレイアウトが違うような気がした。

この日は洗面台や風呂場周りの荷物を片付けてたんだが、そこにも女の痕跡があった。
メーク落としや化粧水とかコンタクトレンズ。(サークルレンズで度入り。上司は視力良し)
俺の几帳面さが発動して女のものっぽい荷物は纏めて、ダンボールに女物と書いておいた。

粗大ゴミ捨てたり、業者呼んだり、掃除したりして大体引越しを終えた。
上司が新居に帰ってきて、バイト代貰って無事終了。

バイト代で彼女と飯食べて、彼女の家に遊びに行ったら、上司の家にあった化粧水と同じ物があってギョッとした。
彼女に聞くとこの化粧水はここ一ヶ月以内に発売した限定ボトルだという。

あの部屋には上司が不在の間に俺以外の誰かが出入りしてたことになる。
上司は海外出張で時差もあったから、出入りについてはあまり細かく報告はしてなかった。
少し怖かったのは家に私物を置かせて、合鍵を持たせるくらい親密な人間が居るのに、なんで引越しを俺に頼んだのかってこと。
しかも誰か出入りすることは聞いてなかったし、一体誰と鉢合わせなってたのかと考えると怖くて修羅場。
2017年03月24日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)

106 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/12/13(土) 06:51:48.78 ID:L2fi2iMD.net

出産祝いで、友人から子ども服を頂いた。
友人には女の子ふたりのお子さんがいて、おしゃれな子だから頂いた子ども服も可愛くて嬉しかった。
でも、サイズが100。
小柄なので、3年経った今もまだ袖を通した事がない・・・
着られる頃には、お下がり程度の年代物になってしまいそうで、もったいないなぁといつも思う。
産まれてすぐに頂いたお祝いなので、欲を言えば80くらいのサイズを頂いて、フレッシュな状態で着せたかった。

2017年03月22日 カテゴリ:修羅場  コメント:(0)

524 :名無しさん@おーぷん

結婚前の修羅場だけど。
取引先との食事会があって、そこで知り合ったひとつ年上の男性と意気投合。
食事会の後で知ったが、取引先の部長さんと私の上司が個人的にも仲が良く
「お互いに決まった人がいないなら似合いじゃないか」とふたりがこっそり画策した見合いだったらしい。
正式な見合いじゃなかったし、たまに「その後どう?」とか「順調?」とか聞かれる程度だったが
互いに上司が絡んでいるだけに、その年の暮れにはそろそろキチンとしようかって話になったが
年が明けたら3月一杯までは忙しいし、年度末決算が終わったらってことになっていた。
その話をした同じ日に、彼を親友A子に紹介した。
前から紹介しろって煩く言われてて、たまたまその日にお互いの都合が合い3人で食事した。
A子はかなり高評価してくれて私も嬉しかった。
が、翌年に入って繁忙期を終えかけた頃、彼の様子に今までと違う何かを感じた。
何がどう・・・って上手く言えないけど、強いて言うなら女の勘としか。
その違和感の原因は割とあっさり判明。
私の姉がA子と彼が手を繋いで歩いているところを目撃。
A子に直球で聞いたらあっさり認めた。
「彼とはもう他人じゃないから」と漫画みたいな臭いセリフが飛び出した。
紹介した時に一目惚れだったんだって。
声を掛けてみて乗って来なかったら諦める、乗ってきたら全力で奪いに行くと決めて
会社帰りを待ち伏せしたそうだ。
奪われたことより、その行動力への驚きの方が大きかった。
A子、性格は明るいけど男性に関しては奥手で、
これまで男性と1対1で付き合ったことがないと聞いていた。
婚活パーティに2度行ったことがあるらしいが、全く成果が無かったとも聞いてるし。
だから彼を紹介することへの不安とかは考えたことなかったの。
後で後悔しても遅かったけど。
2017年03月21日 カテゴリ:同僚・友人  コメント:(1)


761 :名無しさん@おーぷん
友達がブログやっててほぼ毎日更新してる。
文章が面白い子なので毎日更新楽しみにしながら読んでるんだけど
この前ブログで
「◯◯ってイベントのチケット発売もうすぐ!」と書いていて
私も興味があるイベントだったのでチケット取って行ったら
会場でそのブログの友達に会えて
「わー久しぶりー!」
と言われたので
「私は毎日ブログ見てるから久しぶりな感じしない!いつも楽しみにしてるよー!
今日のもブログに書いてたから知って私もチケット取ったんだ」
と話をしたらなんか微妙な顔してたとは思ったけどその日のブログに

「リアルの友達で連絡全然くれないのに
偶然久しぶりに会ったらブログ見てるから久しぶりな感じしないとか言われて
こっちは相手の近況知らないからなんか監視されてるみたいに感じた。

イベント情報も私のブログで知ったから来たとか、
友達なら一緒に行かない?って声かけてくれればいいのに。
いつもこっちから誘って向こうから誘われる事はほとんどないし
なんか気持ち悪い」

と、明らかに私の事を書いていた。
私が見てるって知ってるブログで書くっていったい。
こっちから誘わないのはなんかいつもブログでどこかに出掛けた話書いてるから
忙しそうと思って遠慮してただけだし
連絡くれないのは向こうも同じなのに
なんでこんな事書くの?と脱力。

このままCOかな
2017年03月18日 カテゴリ:修羅場  コメント:(0)
77 :名無しさん@おーぷん
スレ違いはよして〜。
とは言え私もスレに相応しいかは微妙か。
数年前、日本語学習に熱心なフランス人女性に怯んだ話。

フランス語さっぱりな私に「こんなこと私さんにしか頼めません……」とか言うもんだから、ひそかに緊張して彼女のホームステイ先へ。
家主の許可を取ったのか心配になる量の書棚の陰から彼女が取り出した資料は特殊と言えば特殊、もしくは見慣れたジャンルの本で……。
「私さん、『オッパイプル〜ンプルン』を詳しく教えて下さい」
三分程むせる私。
「細かい法則性があるはずなんですが、誰に教わればいいのか悩んでました」
フランス人は原典を大事にするとは聞いたことがあったけど、そこに注目するとは……。
「違いますよ! オッパイだけじゃなく擬音は色々勉強してます。ただ『オッパイプル〜ンプルン』は教わる相手を選ぶ必要があると思いました」
「私なら詳しいと思った理由を聞かせて欲しいわー、まぁ教えられる範囲で教えますけど」
そこから二人で資料を手に、オッパイスタート。

「『プルン』は基本的に質感と量感の表現で、『プルンプルン』や『プルルン』は量感の強化になっていて……」(何言ってんだ私)
「対して『プリン』はイ音への変化。『ブーン』が『ビーン』になるのと同様で高音域高振動。ここでは弾性の表現に……」(何言ってんだ私)
「仮に『プラン』と書かれたならア音への変化。
 舌と口蓋の広さから距離の表現になるから若い女性のオッパイには相応しくないね」(何言ってんだ私)
「そうそう。この『ボイン』は量感と弾性を同時に表現していることになるね。
 比較的新しい言葉だけど使い道が少ないからタヒ語になっていくと思う。ボインはタヒぬ」(何私情挟んでんだ私)

こんな具合で結局半日を費やしてプル〜ンプルン。
「あー良かった。私さんに聞かなかったら、この『ペロン』は服が捲れる表現でオッパイとは別って気付けませんでした。
 今のワタシ、フランス人としてはかなり『オッパイプル〜ンプルン』に詳しい方だと思います」
「そうかもね……」
「学校の課題に提出してみていいですか?」

あの時、止めなければ誰かの学習の助けになるオッパイ論文が出来ていたのだろうか……。