カテゴリ: 衝撃的の記事一覧
2019年02月04日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


366 :拝啓、鬼女様 2012/06/29(金) 11:54:28
昨日嫁がカレーを作ったんだが、甘い。
元々わが家は甘口だったんだが、甘口だけどカレーというのが好きだった
隠し味にハチミツを入れるというのをどこからか仕入れ、ハチミツの代わりにメープルシロップを瓶の半分程入れてた
それにグラニュー糖、ケチャップ、シナモン(香辛料だから良いらしい)
カレーの香辛料の味が全くしない、ただただ甘いシナモンの香りがする茶色のスープになってた
2019年01月22日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


979 :拝啓、鬼女様 2015/11/18(水) 00:01:33 ID:GYJ
私の黒い過去は養父は本当は結婚させられるはずの相手だったこと。
親に養父の家(第一次産業)に売られた。
養父は
「今更家にも戻れないだろう、うちも早朝は切実に人手が足りない。
 まさか15歳の女の子に俺の年(当時養父40過ぎ)で手を出したりしないし昼間は高校に行かせるから働いて手伝ってくれ」と言われた。
養父は本当に養爺と養婆を説得し、しかも夕食後はすぐ「夫婦の部屋」に私は行っていい約束にしてくれた。
養父と同じ部屋に寝ていたけど一度も手は出されていないし、着替えの時も養父の方から出ていってくれたし、高校も行かせてくれた。
簿記の資格も高卒一年目でなんとかとって、養父の家業を本格的に手伝った。
養父はその時期も同じ部屋だけど手を出したりしないでいてくれて、石女と騒ぐ養爺と養婆からも守ってくれた。
21歳の時、養婆がタヒんだ。
その時養父から養子縁組を頼まれた。
実は養父は色盲で、子供に遺伝させるのが不憫で子作りはしたくなくて、でもこの家業は誰かに継いでほしいから、と。
養子縁組をして、その頃にはもう寝室も別で本当に親子のような関係だった。
26で旦那と知り合って婿養子に来てもらって子供も生まれて子供はもうすぐ私が養父と出会った都市を超える。
旦那には実両親の虐待を見かねて養父が引き取ってくれたことにしてある、これはむしろ養父の希望。
養父は今は入院しているけど、孫が待ってるんだよ、絶対治ってね。
2019年01月21日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


152 :拝啓、鬼女様 2016/02/16(火) 20:23:55 ID:???
地元の繁華街で見た看板。
「高級熟女クラブ ハニート○ップ バツイチ」
なんか、いろいろ地雷臭しかしないんだが…。
2019年01月12日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


468 :拝啓、鬼女様 2016/12/02(金) 02:35:33 ID:QGP
流れを変えるためにも今起きた取って置きを
あんまん割ったらアンコ溢れて左手にドバア!
あれね、粘度有るから剥がれなくてね
まだヒリヒリするよ
中2の時のチーズトースト以来だわ
2019年01月07日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)


690 :拝啓、鬼女様 2017/02/12(日) 14:13:01 ID:FHVWCz9U.net
美女の体をまじまじと見る機会があったんだけど肌もスベスベで触り心地よくて完璧な質感、形そして顔だった
自分のことを美女とは思ってないにしろ、ブスはブスなりに努力したりして幸せになれるとか思っててそういうのを羨ましいと思わないようにしてたんだけどな

こんなにいいものを持ってたらさぞ幸せになれるんだろうなとか、さぞかし自分に自信が持ててポジティブになれるんだろうなと、頭で考えるより細胞レベルで感じてしまって衝撃だった
努力とか無駄だから転生したいと思った

普段美男美女はなんの努力とかもしてなさそうだし喪女でひねてくるから嫌いなんだけど実際自分で触れて見てあっさりと心が折れてしまうことにスレタイ
2019年01月04日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


442 :拝啓、鬼女様 2013/09/14(土) 16:22:49 ID:4S9/cqUM0
とある流派の道場に6歳から通ってた他は
どこにでもいる中学生の俺は
中1で目をつけられてしまい
カツアゲされていた

担任が皇子山中学のあの担任に似たタイプで
放課後のベルが鳴った瞬間どやどやはいってくるDQNに
あんまり遊びすぎんなよとかいって出ていってしまうタイプであったことと
俺が分別がつきすぎていたことが災いして
完全にカモにされていた

最初は月の小遣いの半額上納という形
こっちも喧嘩に流派を使ったら
大好きな道場に通えないと師範から言われてて
思えば馬鹿正直に守ってた
半年くらいしてその時もってる有り金全部
週一位のペースで来るようになった
所持金千円以下だと殴られたりもしたな

トイレに連れ込まれるときに担任が通りがかって
いつもの調子で見逃してる間にだんだんたまってたんだろうな
イジメられている側が体裁を気にして相談できない
みたいな事を言う専門家がいるけれど
経験者にしてみればあれほどひどい言葉もない
2018年12月25日 カテゴリ:姑・義親族  コメント:(0)


343 :拝啓、鬼女様 2014/04/14(月) 13:22:28 ID:FWByFVbEY
ホームに入居していたトメさんが脳出血で寝たきりの全身不随になって老人病院に入院してから4年
今までに3度危篤になって、その度にムンテラで「延命はどうされますか?」と聞かれるが
「一分一秒でも長く生きていてほしいんです。精一杯の治療をお願いします!」
と言ってある
毎日せっせと見舞いに行き洗濯物の世話や看護婦さんへの挨拶を欠かさず、痛々しい床擦れや傷の処置まで手伝う私を皆は「いいお嫁さん」と褒めてくれる

私の実母の危篤の知らせを握り潰し、タヒに目にも通夜にも間に合わなくさせ、
1歳の娘を風呂場の事故に見せかけてコロし、葬儀で呆然とする私の耳元で「せっかく始末してやったんだから、次は早く男の子を仕込みなさいよね」とニタニタと笑いながらささやいたトメさん
浮腫で醜くブクブク膨らんだ体や肉が抉れて骨までむき出しになったお尻の床擦れはさぞ痛いでしょうね
糖尿病で壊タヒした両足を見て、人の体は腐ったらどす黒く変色するって初めて知りました
傷口の処置をされるたびに顔を歪めて赤ん坊の喃語のような声で苦しげにわめくトメさんをみるたびにマスクの下の口のニヤニヤが止まらない
地獄の窯は口を開けて待ってるでしょうけど、まだこの世で生き地獄を味わってもらいますよ

従姉妹の現在進行形の復讐です
従姉妹のね・・・
2018年12月15日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


6 :拝啓、鬼女様 2014/01/04(土) 10:51:09 ID:aOZvdgvW
今まで生きてきて一番の修羅場は新婚旅行から帰ってきた日。
地元の空港に到着したら私と夫の双方の両親が迎えにきていた。
到着便は教えてあったけど、迎えにくる予定はなかったし
正直疲れてるからさっさとタクシーででも新居に向かいたかったのに。
けど、そんなどころじゃなかった。
当時は携帯電話が無かったし、新婚旅行先でニュースなんて見なかったし
全然知らなかったのだが、私らが浮かれている間に地元を台風が直撃していた。
私たちの新居のそばを流れている川が氾濫して2階建ての戸建て新居の1階部分が床上浸水。
川がやばいらしいと聞いて双方の両親が新居に集合し、
1階の荷物を2階に移動させようとしたらしいが
そんな時間もないぐらいアッと言う間だったらしい。
婚礼家具アウト、テレビもアウト、冷蔵庫などのキッチン家電も食器棚もその中の物もアウト、
シューズボックスも靴も全てアウト、清々しいほどに1階の荷物は全てアウト。
空港でそれを聞いたとき、旦那と私、爆笑してしまった。
人間ショックがでかいと笑うって本当だねw
少しでも“望み”があるとそれにすがってしまうけど、
こうまでやられてしまうと案外サクッと気持ちが切り替えられるみたい。
とりあえず新居を見に行って、そのあとそれぞれの実家に泊まることになった。
本来なら田舎のことだから結婚した以上義実家に行くべきなんだろうけど
義父母がいい人で、好きにさせてくれた。
2018年12月10日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(1)


877 :拝啓、鬼女様 2013/04/29(月) 12:03:50 ID:oB3b/Is/O
ユーレイとかじゃない話。携帯なんで遅くてゴメン。
自分病院に勤めてるナースなんだけどさ、この前ドクターから「パソコン貸して」って頼まれたのね。

ウチの病院電子カルテなんだけどさ、セキュリティ上端末の光学ドライブとUSB端子がロックされてんのね。
で間抜けな話なんだけど、他の病院からの電子データが病棟の端末から開けないんだよ。検査室はMRIのクエンチングで使えないし、研究室の端末も他のドクターが使ってるとか。ついでにドクター自分のパソコンも忘れたんだって。

その時たまたま日看協に出す論文書くために自分のパソコンもってきてたからさ、「いいですよー」って言って貸したの。確か透視下で心臓近くの血管にステント挿入してるのを写したCD‐ROMって言ってたかな。確かに転入してきた患者様いたからね。
2018年11月15日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


770 :拝啓、鬼女様 2016/04/11(月) 20:14:52 ID:IFJ
保育所か小学校低学年の頃自分が見てる世界って人と同じなのか気になった時期があった
別に幼くして中二病を患ったわけじゃなく
例えば自分はりんごを見て赤いって言うしAさんも同じりんごを見て赤いって言う
でももしかしたらAさんにはこのりんごが青く見えているのかもしれない
でAさんにとっての赤ってのは自分から見たら青色なのかもしれない
結果的にAさんも同じりんごを見て赤いって言ってるんじゃないか?みたいな感じ
これが一人ずつ違うとしたら皆が見てる物って全部違うんじゃないか?と考えてた
そのうちにそんなのねーよwwwって思うようになったんだけど
10年以上経ってそれが心理学でいう「逆転クオリア」って分野の話だと分かった
あの頃の方が頭良かったんじゃないか自分