カテゴリ: 修羅場の記事一覧
2017年03月24日 カテゴリ:修羅場  コメント:(0)

329 :名無しさん@おーぷん

愚痴というほどでもないけどうざったいので書かせてください
初めてなので文章がおかしかったらすみません
一年くらい前、婚約者に婚約破棄された
理由は私の幼なじみに寝取られたから
この幼なじみは昔から私に何かと突っかかってきて、彼氏を取られたり学校で嘘を言いふらされたり散々な相手
婚約者にも幼なじみの事は言ってたのにまんまと取られてしまった
婚約者からの電話で寝取られた事を知り、かなりショックでワンワン泣いていたら友人が来てくれて居酒屋に飲みに行った
そうしたら友人の双子の兄もいた
この友人と双子の兄は幼なじみと同じく幼稚園の頃からの知り合いで、嫌がらせされる私をずっと庇ってくれていた
そこで友人兄に「ずっと好きだった」と告白されてしまった
こんな時に卑怯かもしれないけど、これ以上泣くお前を見たくないと言われた
正直、衝撃で寝取られた悲しさとか全部吹っ飛んだ
2017年03月22日 カテゴリ:修羅場  コメント:(0)

524 :名無しさん@おーぷん

結婚前の修羅場だけど。
取引先との食事会があって、そこで知り合ったひとつ年上の男性と意気投合。
食事会の後で知ったが、取引先の部長さんと私の上司が個人的にも仲が良く
「お互いに決まった人がいないなら似合いじゃないか」とふたりがこっそり画策した見合いだったらしい。
正式な見合いじゃなかったし、たまに「その後どう?」とか「順調?」とか聞かれる程度だったが
互いに上司が絡んでいるだけに、その年の暮れにはそろそろキチンとしようかって話になったが
年が明けたら3月一杯までは忙しいし、年度末決算が終わったらってことになっていた。
その話をした同じ日に、彼を親友A子に紹介した。
前から紹介しろって煩く言われてて、たまたまその日にお互いの都合が合い3人で食事した。
A子はかなり高評価してくれて私も嬉しかった。
が、翌年に入って繁忙期を終えかけた頃、彼の様子に今までと違う何かを感じた。
何がどう・・・って上手く言えないけど、強いて言うなら女の勘としか。
その違和感の原因は割とあっさり判明。
私の姉がA子と彼が手を繋いで歩いているところを目撃。
A子に直球で聞いたらあっさり認めた。
「彼とはもう他人じゃないから」と漫画みたいな臭いセリフが飛び出した。
紹介した時に一目惚れだったんだって。
声を掛けてみて乗って来なかったら諦める、乗ってきたら全力で奪いに行くと決めて
会社帰りを待ち伏せしたそうだ。
奪われたことより、その行動力への驚きの方が大きかった。
A子、性格は明るいけど男性に関しては奥手で、
これまで男性と1対1で付き合ったことがないと聞いていた。
婚活パーティに2度行ったことがあるらしいが、全く成果が無かったとも聞いてるし。
だから彼を紹介することへの不安とかは考えたことなかったの。
後で後悔しても遅かったけど。
2017年03月20日 カテゴリ:修羅場  コメント:(0)


443 :名無しさん@おーぷん
いろいろあって継いだ家業を廃業して投資家になったらいろんな人と別れる事になったよ。


私はもともと証券マンだったんだけど、
ちょっと変わった技術系の会社を経営してた親が病気になり
跡継ぎ予定の兄が逃げたので私が跡継ぎになった。

でも結局父は復帰できず技術継承もできなかったので、会社をたたむことになった。

普通はこのあたりで修羅場になるんだろうけど、
私のノルマの為に色々とやってくれていた投資等があり
近年の株高のおかげで数億のプラスで清算できた。

それからはいまさら会社勤めも嫌だったので所謂個人投資家として生活していく事に。
リタイヤした両親や自分の将来の為にがっつり現金は確保した上で、
私が以前から保有していた資産を元にそこそこの金額を運用していた。

正直にいって両親も私も普通に働いていた時より
かなり裕福な生活が出来るようになっていたんだけど、しばらくして逃亡していた兄が帰ってきた。

両親は一応喜んでいたが、
明らかに金目当てだったので資産管理を私に一任してくれた。

すると案の定、両親が思ったほど現金をもっていない事に気がついた兄が私にタカってくるようになった。
「会社の資産が沢山あったんだから分け前をよこせ」的な事なんだけど、
兄は当時の会社の状態ではグレーゾーンな金額をほぼ勝手に退職金だといって持ち出している。

退職した後で会社の資産が増えたんだから、
それ以前に逃げた兄に払う金なんて一円もないってハッキリと説明したが諦めてくれない。

どうやら義姉が色々と兄に吹き込んだらしく、両親は兄夫婦は変わってしまったと嘆いていた。
あとから聞いたが、なんと義姉は子供に嘘を吹き込んで
一芝居うってまで両親から孫の為にとお金を引き出そうとしていたらしい。

結局兄夫婦とは多少の手切れ金的なものを両親が渡したらしく、
あっと言う間に疎遠になる事が出来た。

そこまでは良かったんだけど、今度は私の元婚約者がやってきて復縁を迫ってきた。
証券マン時代に約束だけはしてたんだけど、
私が親の跡継ぎになる時にあっさりふられたはずなんだけどね。

「生活が安定してから結婚しよう。それまでは待ってくれ」
→「そんな不安定な人とは一緒になれない、さようなら」みたいな感じで。

彼女も同じ証券会社の子だったから
個人投資家がいかに不安定かなんて十二分にわかっているハズなんですけどね。

でもそこで私の継いだ会社が清算時に多額の売却益がでてた事を知ったんだろうね。
あまりにしつこかったから、
証券会社に個人情報もれてませんか?的な事を彼女の仕業を匂わせてツーホーして追い払った。


両親にはタヒぬまでお金の心配をする事なく余生を過ごしてもらう。
ちょっと立場や都合が悪くなると逃げるくせに、
お金の匂いがすると擦り寄ってくる奴らなんて糞くらえだわ。



女も信用できないし結婚なんかするもんか!




2017年03月19日 カテゴリ:離婚・別居  コメント:(0)

610 :名無しさん
私が関わった友人とその旦那との修羅場。
一年ぐらい前に友人(以降A)から泣きながら電話がきた。話を聞いたら、離婚といわれたらしい。
A夫婦は、結婚前に子供をつくらない、A夫に週何日かの休暇(一日中別室で一人で過ごす)という契約?をかわして結婚してた。
Aは一年間頑張って耐えてきたけど、とうとう我慢の限界が来てA夫に、子供が欲しい。休暇も無しにして欲しいと懇願したらしい。
A夫の返事は、契約通りにできないなら離婚。離婚する場合の財産分配も決めてある。早く離婚して新しい相手見つけてね。と……


2017年03月19日 カテゴリ:修羅場  コメント:(0)
907 :名無しさん@おーぷん
小学生の時、父親の浮気が原因で両親が別居することになり、母親の実家近くに引っ越して、
学校も変わった。
転校先ではいじめられた。
引っ越しの理由は何故だか皆に知られてたし、一応都会から来たというわりにはあか抜けない、
貧乏たらしいとからかわれた。
掃除中に掃除用具入れに閉じ込められたり、ゴミ箱に入れられたり、心折れるようないじめになってきたあたりで、
また転校が決まった。
母と父が話し合い、また元の家で暮らすことになった。特に挨拶しないままそこを転校した。

その学校には母方の親戚が別の学年にいて、後日聞いた話では、私が「ゴミと一緒に焼却炉に入れられ燃やされた」
「先生の『転校した』というのは嘘」「それ以来クラスに化けて出る」ということになってた。

数年後、親戚からあのクラスの同窓会があると聞いて、こっそり会場に行って驚かしてやろうと思ったのだけど、
会場着いてから「やっぱりバカバカしい」と思って、トイレだけ使って帰った。
しかし私の姿が参加者の記念写真の背景に写ってたらしく「やっぱり化けて出た」と大騒ぎになったとまた後日聞いた。