カテゴリ: 長編の記事一覧
2018年03月10日 カテゴリ:長編  コメント:(0)
751:12012/01/08(日) 23:47:08.87 ID:8AFTvTVC0
「あの人のことが気になり始めたときに、厄介なことになったと思った。
自分でぶち壊すことになるんじゃないかって思った。

だから、仕事やめて関係を切り捨てるか、1回やって収まりつけられたらいいって思った。」
2018年03月10日 カテゴリ:長編  コメント:(0)
647:12012/01/08(日) 15:29:28.42 ID:8AFTvTVC0
何日も放置してしまってすみませんでした。
いったん、嫁との話あいも終了したので報告します。
2018年03月10日 カテゴリ:長編  コメント:(0)


【1/4】  【2/4】  【3/4】  【4/4】

288:12012/01/04(水) 23:36:44.56 ID:N5K6jhGy0
Aちゃんに電話したのは、相談よりは怒りと
頼むから無責任に嫁を肯定しないでくれ。って感じだった。

メール、結局嫁に転送させて改めて見たんだけど、

嫁が男を好きになったことを書く→しょうがないよ、女だもん

嫁。俺のことを大事にしたいと書く
→だんなちゃんは今までの彼氏の中で一番やさしい
人だと思う。すごく素敵な人だよ。
だけど、そういう男の人ほど、男に見れないんだよね。

みたいな感じで無責任にあおってたから。
2018年03月10日 カテゴリ:長編  コメント:(0)

1:名も無き被検体774号+2012/01/03(火) 22:08:57.28 ID:ytfGvF6l0
なんぞこれ
2018年02月24日 カテゴリ:長編  コメント:(0)

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/10/10(金) 15:03:23.15 ID:+2F9X5PK0
もはやオワタどころか絶望すら感じて

「これはとりあえず飲むしかない!」

って対して強くもないのに唯一発音が通じたスコッチをこれまた発音が通じたロックで飲みまくる

したら小一時間くらいペース無視で飲んでたころかな

一組の老・・。・とまではいかないけど中年の夫婦が俺に話しかけてきたんだ
2018年02月23日 カテゴリ:長編  コメント:(0)
【前編】  【後編】
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/10/10(金) 11:24:29.63 ID:+2F9X5PK0
この物語は作者の半生を淡々と記すものです
過度な期待はしないで下さい
あとディスプレイからは3Mは離れてみやがらないで下さい
念のため為言っとくとウザイAAはありません
あとどうやら実話のようです
2018年02月23日 カテゴリ:長編  コメント:(0)


258: 名も無き被検体774号+ 2012/01/04(水) 23:54:17.93 ID:Yk867qqci
当日、俺が父ちゃん(笑)に行こうって言ったら動かないのwwww
なにこれ全然意味わかんなくねwwwww
俺午後から用事あるって言ってんのに、
しかも言い出したの父ちゃん(笑)なのにwww
しびれ切らした俺が父ちゃん(笑)の手をひっぱったら、
頭ぶたれたんだよねwww

大人の男の本気の力でだぜwwww
しかも20発ぐらいかなwww
父ちゃんってば昔から殴るの頭だけなんだから☆
頭はあざできてもわからんもんなwww
でも知ってる?
シャンプーするとき超痛いぜwwwww
泣きたくなくても涙って出るんだねwww

2018年02月23日 カテゴリ:長編  コメント:(0)
【前編】  【後編】
1: 名も無き被検体774号+ 2012/01/04(水) 21:50:23.92 ID:YH/NVVFM0
長年ROMってきたが初スレたて。
立ったら書く
2018年02月19日 カテゴリ:長編  コメント:(0)
134: 1 ◆WRZgIaOVGE @\(^o^)/ 2014/04/29(火) 02:19:29.98 ID:vUl2AkCi0.net
8時前くらいに出発し、途中コンビニに寄って朝食を買う
俺もかすみもおにぎり2つとお茶を買った

車で走りながら食べることにして、とりあえずおにぎりを開封しようと試みる

かすみ「開けましょうか?」

俺「え?あ、ごめん、お願いしていいかな」

かすみ「・・・(ゴソゴソ)はい!どうぞ」

俺「ありがとー」

俺「(お茶お茶・・と」

かすみ「はい!」

かすみがお茶の蓋を開けて持っててくれた
2018年02月18日 カテゴリ:長編  コメント:(0)
67: 1 ◆WRZgIaOVGE @\(^o^)/ 2014/04/28(月) 23:56:43.00 ID:D8AG7rjb0.net
一人旅が好きなはずだった俺だけど、しばらくあの賑やかな中で過ごしたらさすがに少し寂しくなった

もうこのまま帰ろうかとさえ思うほどだった
なんだかんだでやっぱり楽しかったなーと思いながら大間へ向かう

道中、コンビニに寄って、助手席に置いてあった荷物を後部座席で移動させようとしたら何かを発見した

書き置きだった
2人が1枚の紙にお礼の言葉を書いていた

『ありがとう、ほんとに楽しかった。東京に遊びに来ることがあったら連絡ください』

みたいな内容だった
下の方に2人のLINE IDとメールアドレス

もう会えないと思っていたのでちょっと嬉しかったけど、俺は当時LINEを登録してなかったのでとりあえず置いておいた