カテゴリ: 夫婦の記事一覧
2017年04月23日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
436: 名無しさん@HOME 2014/01/28(火) 18:03:04.32 0
ネットも携帯もないあまり普及していない大昔のお話 
結婚5年目の記念日で、独身時代に2人でよく行った温泉地に行くことにした 
お互いの両親から、旅行費を貰ったこともありこじんまりした温泉旅館で 
一番いい部屋に追加料理も頼んで2連泊して15万もかけた。 
GWに当たるので早くから、予約をしてた。 
飲食業界に勤めている友人達から、かなり高いシャンパンと赤白のワイン各一本を 
御祝いにもらったので、旅館に持ち込み料を確認すると 
お祝いに無料でサーブしてくれることになった。 
宿泊の一週間前にワインを送って、追加料理をリクエストし、 
部屋の温泉にゆっくり入りために、7時半の遅めに食事時間を予約した。 
周りの観光地をゆっくり回って、6時過ぎに旅館に着いた。 
フロントに行って宿泊者名簿を書こうとすると、 
本日は満室で空室がありません、予約されている方はチェックイン済ですと 
フロントの担当者にいわれた。 
その日は旅行代理店との書類を持っていかなかったので、 
予約している証明も出来ず、30分くらい交渉していたが他の客の迷惑になると 
警察を呼ぶと言われて、旅館を追い出されてしまいました。 
旅行代理店に連絡しようと宿とのやり取りをメモしていましたが 
GWで旅行代理店も営業時間内に電話が繋がらず、 
街中のビジネスホテルに泊まって、居酒屋で飲んで、 
朝早くホテルを出て、昼過ぎには家に戻りました
2017年03月30日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
428: 428 2001/08/15(水) 15:26
今から1年前の話です。 
私と彼は婚約中で結婚式を半年後に控えていました。 
私達は同じ会社の同期同士で、入社して半年後の研修で知り合いました。 
当時彼は地方勤務で私は都内勤務の遠距離恋愛からスタートし、去年彼が都内へ異動になり、結婚することになりました。 
結納も終わり、挙式の日程も決まったところで、職場、同期にお互い関係を公表しました。 
どちらかというとオープンなムードの職場でしたので、ありがたいことに暖かな祝福 
を受けることができました。 
そんなある日、私の家に一通の手紙が来たのです。
2017年03月15日 カテゴリ:夫婦  コメント:(0)

534 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/17(月) 15:16:23.90 .net

こんなとこで書いても仕方ないかもしれんけど、俺友達いないから暇な人いたら相談乗って。
嫁とは付き合って5年結婚して10年の15年間一緒に居るんだけどさ
お互いの価値観つーか、ぶっちゃけ性格が合わないのよね。
血液型も俺B嫁Aと相性的には最悪な組み合わせ。
俺は基本的にマイペースで興味のないことにはどーでもいいから無関心なんだけど
嫁は小言がすごく多くて、家事をもっと手伝え家族サービスをもっとしろとかホント小うるさいの。
そんな嫁にいつからかストレスを感じるようになり、このままでいいのかな?って思いが年々高まってきてる。
月に一度は近所にも聞こえるレベルの大喧嘩で、離婚話はしょっちゅうしてる。
でも最終的には、お互いの悪いところ直してこうねで終わる。
終わるけど、長年の性格ってそう簡単に直せるもんじゃないじゃん?

最初の方は当然お互い愛し合ってたけど、ここ数年は愛情は消えあるのは完全に家族としての情のみ。
お互い年も40手前で、人生やり直すのにギリギリの年なのかな?って最近すごく思う。
で、俺らだけなら多分とっくに別れてるんだろうけど
今年小学校に入る子供が一人いるのね。
子供はすごく好きだし、ずっと一緒に居たい。
親の都合で片親にさせるのは、可哀想だとも思う。
けど、自分が最後タヒぬ時に(嫁と出逢えて本当に良かった!俺は幸せだった!)って思えるかって言ったら、それは違うと思うんだ。
別に嫁が憎いわけでも嫌いなわけでも無い。
でもお互いが、ストレスを感じながら生きてくってのは果たして幸せだと言えるのかな?
昨日嫁とこうゆう話をして、とりあえず離婚は最終手段として
年内にお互い別々に暮らして、今後の身の振り方を考えようって結論に至った。
離婚を前提とした別居ってやつだね。
やっぱここまで来ちゃったら、修復不可能なのかな?