カテゴリ: 因果応報の記事一覧
2018年04月20日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



241: 名無しさん@おーぷん 2016/05/02(月)00:05:18 ID:K74
元カレのチ●コを食いちぎってしまったことがある。

元カレはイ●マをさせることが夢だったらしいけど、
私は断固として断っていた。
彼は納得していたようだったが、あるお泊りの夜、大口開けて寝ていた私を見てか、
「寝ているうちに銜えさせてやればいいんじゃね?」と思い、
熟睡してた私の口に挿入。
いきなり喉の奥まで異物を突っ込まれた私は、力いっぱい歯を食いしばって
口を閉じてしまったらしい。

元カレは慌ててを引き抜いたが、逆にそれが良くなかったようで大出血。
救急車で運ばれる事態になってしまった。

数時間にわたる手術の結果、
元カレのチ●コは亀頭がなくなる&5cmほど短くなってしまった。
元カレの母親も呼び出されて(遠方)、
なにが起こったのか私も元カレ母もよくわかってないまま、
元カレと三人ならんでお医者さんから淡々と、
チ●コがどうなってたかとか、どういう手術をしたとか、
喉の断面図を見せられてお説教されたり、
一人パジャマで呆然と明け方帰宅したり、
正直今でもなんだか実感がないけど、
私の人生であれ以上変なことは起きない気がする。



2018年04月12日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



572: 名無しさん@HOME 2011/12/14(水) 17:25:22.36 0
今年の秋。義母が蜂に刺されて入院した。 
義両親は二人暮らしだが、元々共働きで家事は時間がある方がする、という夫婦だったので、義父も家事は問題なく出来る人。 
遠距離のうちも、近距離の義兄夫婦の手も借りなくて大丈夫と言われた。
 
義母が蜂に刺されるのは2度目なので、心配でお見舞いに行った。 
刺された翌日だったが、刺された手の甲だけでは無く肘までぱんぱんに腫れていた。
 
新聞を取ろうとしたら、郵便受けの中に蜂がいたらしい。 

「設巣の季節で気が立ってたのね、不注意だったわ」

と義母は笑っていた。
 
お見舞いの帰りに義実家に寄って、義父と蜂の巣を探したが庭にも近所にも見あたらなかった。

しばらくして義実家での家族会議に呼ばれた。 
義兄嫁が蜂を仕込んだのが発覚したらしい。
1回目の蜂は偶然だが、アナフィラキシーショックの危険を知り、わざわざ早朝に仕込みに行ったとか。
 
ちょっと信じられない話で、義母と義兄嫁が仲違いしていたとは初耳だった。 
うちは飛行機の距離で、年に1度か多くて2度会う位で良好な関係だったが、徒歩圏内の義兄嫁とは近くに居る分、色々有った模様。 

義兄嫁がネットで蜂の捕獲方法や、冷凍スプレーで気絶させて何時間で目を覚ますか、等を調べていた事、実際に蜂を捕獲する姿を目撃されていた事、早朝に義実家前に居るのを目撃されていた事、その際、防護用の手袋や蜂を入れていた容器を持っていた事、それらをネットで購入していた履歴、等から、義兄嫁も、義母の暴言の録音を大量に持っていて、義父呆然。義兄真っ青。私達夫婦ポカーン。 

義兄夫婦は離婚しましたが、暴言の内容の酷さから、私達夫婦も以前のように義母とつき合う事が出来ず、今年の年末年始は帰省しない事になりました。



2018年04月07日 カテゴリ:因果応報  コメント:(0)



182: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)06:54:13 ID:???
数年前に専業主婦だった嫁が無断で共有の貯金からFXに手を出して8桁後半儲かった
儲かってからドヤ顔で事後報告してきたので
「共有財産を勝手にリスキーな投資に使うとは何事か。儲かったから報告してきたものの損してたらどうするつもりだったのか」
と離婚を切り出したら嫁も嫁家族も発狂。

「金持ちになれたのは嫁ちゃんのおかげなのに何を言ってるんだ」と嫁家族からも一部の友人からも責められたが、
投資で勝ち続けられるような器じゃないと思ってたので頑なに離婚を主張、嫁の儲けは全部持っていけばいいからそれ以外の財産はこっちでもらう事にしたら嫁も嫁家族も「働いてもはした金しか稼げない人は足手まといだし」と離婚へ前向きになり、
小学生の息子は「かーちゃんについて行けばリッチになれる!」と即決で嫁について行った。


で、先日嫁と息子が心中した。
案の定だし同情の念すら湧かない。
数億の負債抱えたまま半年ぐらい頑張ったのになあ、ぐらいしか思わなかったし嫁実家も「葬式に来てくれ、私たちが悪かった、老い先短いからどうか面倒見て」とうざいので無視。
俺は堅実な新しい嫁と幸せに生きてるので邪魔しないでほしい



2018年04月01日 カテゴリ:因果応報  コメント:(0)



257: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/01(日) 09:47:01.73 ID:GEfPtbk4
事故繋がりで小学校4年生の時の体験。 
2つ年下の妹と一緒にお菓子を買いに行った帰りに 
少し先に見えてきた信号のない横断歩道で 
近所に住んでるおばあちゃんがこちら側に渡ってくるのが見えた。
 
そしてそのおばあちゃんを原付が撥ねたのが見えた。 

ビックリして走って行ったら、原付はひき逃げでもう見えなかった。 
おばあちゃんはヒクヒクしてて、でもどうしていいかわからなくて、大声で

「おばあちゃんが撥ねられましたーーーーーーー!!」

と繰り返した。

そしたら近くの家の人が飛び出してきて救急車を呼んでくれて 
警察も来て色々聞かれたけど、↑に書いたようなことしか答えられなかった。 
妹は泣いて泣いて話が出来ない状態。

おばあちゃんは打ち所が悪かったのかショック性のものか分からないけど、運ばれた病院で亡くなった。

撥ねた原付はそのまま逃走していたらしい。



2018年03月25日 カテゴリ:因果応報  コメント:(0)



217: 名無しの心子知らず 2007/09/21(金) 11:38:06 ID:eAD20G14
ポーチが返ってきて良かったね。
私も幼稚園で、手作りの小バッグ(コサージュ)を無くした。(これが5月の末)
結構、手が掛かったけど、まあ管理が悪かったのだし、中身はのど飴とハンカチ位。
頑張って再度作れば良いや。と諦めた。

それから数日して、同じクラスのA美ちゃんの上着に件のコサージュが着いていた。
(中心に使っているボタンが私の古いスーツのだから、無くしたものなのは確実)
A美ちゃんママに、それとなく「素敵ね、作ったの~?」と聞いたら、「まあね。」
「結構、大変だったんじゃない?」
「そんなこと無いわ。時間のある時にちゃちゃっとね。」「器用なのね。」
「うん、作るの好きだから」
トラブルになるのも嫌なので、小バッグ&コサージュは諦めました。
でも、6月にバザーの手作り品の係を決める時に、先生が困っていらっしゃったので、
A美ママが『手作りが好き』で、かなり手の混んだ物も『ちゃっちゃ』と作られる。と
推薦させて頂きました。園長先生からも直々にお願いがあったようで、引き受けることに
なったみたい。
バザーの係のお知らせが届いた次の日、お迎えの時に「手作りが好きっておっしゃっていたので、
推薦させて頂いたの。お手伝いが必要なら声をかけてね。」と言ったら、震えてました。
ちょうど、市の研修会で午前授業だった上の子が一緒だったんだけど、着ていたワンピースは
コサージュ&小バッグと同じ布。いくら鈍感でも解るよね。
うちの幼稚園はバザーが結構大変、特に手作り品は作る人は大変だけど人気がある。
今年で卒園なので自分でやっても良いと思っていたけど、A美ママは年少にも弟さんが
いらっしゃるし、来年、再来年も頼れる人を園に教えるのも、園への貢献ですよね。
明日のバザーに行くのが楽しみです。