カテゴリ: 愚痴の記事一覧
2017年03月14日 カテゴリ:親戚  コメント:(0)

628 :名無しさん@おーぷん

私の家は自営業をしていて、祖母・祖父・父・母・伯父がそこで働いていた。父は両親と同居していて
伯父は結婚して別の場所で住んでいた。
私が生まれた時に祖父が病気になり入院して当時乳幼児を預けれる場所なんてなくて親戚に見てもらったらいいじゃないって時代だった。
ただ他人に預けるのもなんだし、頑張って乗り越えよう!となったんだけど何を思ったのかお嫁さんは
「姪なんて預かりませんから!弟さんがトイレに行く間でも預かりませんから!」
と言わんでもいいことを言った。
祖父はそれにブチギレ
「披露宴も新居もこっちに出させておいて、俺の孫を5分も預かれないってんならもう知らん!」
と勘当。でも、伯父もお嫁さんも「そんなこと言ってーこっちにも孫が生まれたらどうにでもなる」と楽観視していた。
しかし祖父は頑固で伯父に初の男孫が生まれても祝いもしなかった。

それは私が高校生になるまで続いた、私が分別が付くようになってから伯父の家と付き合いたいか確認してきて、それに
了承したから。
お嫁さん(伯母と呼びたくない)は「こいつが生まれなかったら失言もしなかったし自分の子供が可愛がられたのに」とその後理不尽な八つ当たりをされたので
あのまま疎遠にしとけばよかったかなと若干思わなくもない。