カテゴリ: 勘助の記事一覧
2018年03月25日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



201: おさかなくわえた名無しさん 2008/10/07(火) 16:30:35 ID:P6oXdpdt
男である俺が話すのも変なのだが、俺の彼女のバイト先にいる人がまさに勘違い男だった。
 
 1週間ぐらい前に彼女がスーパーのバイトに行き始めて、仕事もまだおぼつかない彼女のために
そこのお店の店長・副店長さんとかも含めた皆が歓迎会を開いてくれたのよ。

で、彼女自身も「せっかくのはからいだから是非ご好意に甘えさせてもらいます」ってのと、
交流を深めておこうって気持ちで歓迎会に参加したんだ。
その日の夜10時くらいに「迎えに来て欲しい」との連絡があって車で行ったら、お店の出入り口の所に彼女の先輩らしき方々が数名、彼女と談笑してた。
で、彼女の近くに行って車に乗せようとしたら、今まで話してた人々の中から一人のチャラチャラした格好の男が突然彼女の腕を取って、俺に向かって大声で叫び始めた。
 
男「おいコラ! お前Y(彼女の名前)とどういう関係だ!」
俺「……どう、と言われましても、私はYの彼氏ですが」
男「は? お前調子に乗ってんじゃねえぞ! 誰の女に手を出してるんだコラ!」
俺「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」
Y「( ゚д゚)え?」
 
同時に、俺の車に蹴りやらを加え始めて、周りの方々が急いで止めに入った。このままじゃ埒が明かなかったので
Yと俺と男と周囲の方々と一緒に別の場所に移って話を聞いてみると、男の主張は
 
「新人研修のとき、俺の教えること一つ一つに一生懸命ついてきてくれた」
                  ↓
「挨拶もしっかりするし、笑顔だって振り撒いてくれた」
                  ↓
「間違ってもくじけずに、俺のところへちゃんと聞きに来たりした」
                  ↓
「よってYは俺のことが好き、だからYは俺の彼女。お前は俺の女を奪った悪党」
 
これに、自分のYへの思いやら何やらを加えた電波な話をえんえんと聞かされた。
少なくとも自分の中では、そういった態度や行動は研修中の行動としては当たり前のことだし、分からないところや間違いを
人に聞きなおすor質問することは社会の一般常識であって、それは恋愛的な行動には値しないのでは? と思ったので
この場にて書き込ませていただきました。文章が読みにくいとは思いますが、ご了承ください。


2017年12月20日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(2)
390: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/14(月) 10:44:42 ID:i/DowXVq
朝一で、もうすぐ三十路の派遣男(勘助)に呼ばれた。
歳上ってだけで上司ぶる男だったから、また的外れなアドバイスか?と思ってたら、
「あのさ、もう、メールやめよう。君とは合わない」といきなり言われた。
皆仕事してる場所でそんなこと言い出すから、私も周りもポカーンとしてたら、
「いや、君が悪い訳じゃないよ?ただ、俺は君の気持ちに応えてあげられないんだ。
俺には叶えたい夢があるから、君に構ってあげることもできない。
君の気持ちは嬉しかった。本当に嬉しかった。でも、別れよう。」
と、下唇を噛みながら、周りをチラチラ見ながら言ってきた。

いや、メールって、私が仕事を指示するメール送っただけですけど?
好きだとか付き合ってとか言ってませんけど?好きじゃありませんけど?
というか、メールだけで付き合ってる、なんてどれだけ脳内なんですか?
つい怒りより笑いが込み上げてきて、上みたいなことを私が笑いながらいったら、
「ほら、そうやって自分を守るじゃないか。君の笑顔は本当は君の涙だ」
と。

私が来年結婚すること知ってる周りの皆も爆笑。私も爆笑。
やっとオロオロしだした勘助に、私が結婚することを教えると、暴れました。
で、私は避難のため帰宅中。
2017年07月27日 カテゴリ:勘助  コメント:(0)
564:名無しさん@おーぷん2015/06/24(水)21:33:58 ID:U84
何年か前の話し
前提として、私は小、中と男子からイジメられていたため軽度の男嫌い、乱暴なことをされそうになるとパニックになることもありました
人見知りを治そうと高校のときに吹奏楽部に所属していました
男女共に仲が良くてデートとかではなく、普通に男女2人で遊びに行くとかざらな関係
同い年で同じ部だったAが勘助になった

高校も卒業して、2年ほどたち私は都内の専門学校に通っていました
地元のローカル線に乗っているとたまたまAと乗り合わせました

私「あれ、Aじゃん。ひさしぶりー」
A「あ、私子じゃん!ひさしぶりー」

そこから、お互いの近況なんかを話して来週の月曜日が2人ともたまたま休みなことがわかったのでひさしぶりにカラオケにでも行こうと約束してAが先に電車を降りました

その日、Aと待ち合わせなどの連絡ついでに恋愛トークにもなりました
高校時代にAの恋愛相談に乗ったりもしていたため特に深い意味もなく、当時喪女だった私は「好きな人とデートくらいしたいよー」とぽろり
そしたらAは「じゃあ月曜日はデートしよう!!」と

は?と思いながらも、高校時代のおふざけみたいなものだろうと思い流していましたがそこからトークの内容が急変
やれ、手を繋ぐのはいい?抱きしめるのは?キスはしてもいいの??
と、男嫌いであることを知っているはずがどこまでいいのかと質問責め
彼氏じゃないとそんなの全部お断りだと言ったからか、諦めたような発言を最後にラインは終わりました

そして月曜日
カラオケがある駅で待ち合わせをして、時間もあるからとショッピングセンターをうろついていたのですがしつこく手を繋いでくるA

怒るべきか、帰るかとも思いましたが高校からの仲良しでもあり普通に話せる数少ない男友達を信用してカラオケに移動しました
カラオケでしばらく歌って騒いでいましたが、昨夜からのモンモンからか偏頭痛がでてしまい若干気持ち悪くなってしまったので

私「ごめん、偏頭痛すごいから少しだけ横になってもいい?」
A「いいよ!大丈夫?」
私「少し落ち着けば大丈夫だから」

と、横になりました
途端にそわそわするA
そして、いきなり上に覆い被さってきました
顔を横にするように寝転がっていましたが、上げたらキスされる!!と必タヒにソファーに顔を押しつけていました

私「なに!?え、なにしてんの!?(既にパニック)」
A「いいから、いいからさ…」

覆い被さられたままどうしたらいいかわからずパニックの私は起きあがるとカラオケ代を机に置き外に飛び出しました
Aはごめん!ごめん!!と言いながら追いかけてきましたが、無視して電車に乗り帰宅…

後日、Aから相談されたという共通の友達から聞いたAの言い訳は

「私子の男嫌いを僕が治してあげようと思った、デートしたら男の人が大丈夫になって彼氏ができると思ったからデートの練習をしようと思った。でも、カラオケで私子が急に女に見えてムラムラしてしまった」
と…
この事件で治りかけていた男嫌いが再発してしまい、仲が良かった他の男友達とも少し疎遠になるは、私子が誘ったんじゃない?と疑われたりいい迷惑だ!!