カテゴリ: 報告者がキチの記事一覧
2018年06月21日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(0)



555:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/07/22(火) 21:49:53.34ID:ob+sTQVQ
優しくて気が弱い旦那が思ってたよりもひどく冷血人間だった事が分かってしまった修羅場話

ママ友数人とで買い物に行った時に私はエコバッグに新しい日傘を入れてたんだけど
ちょっと休憩中、フードコートのテーブルに置いといた時に、ママ友にエコバッグを持ち逃げされそうになったのが第一の修羅場

「ちょっと間違えちゃった」とか言ってたけど絶対わざとでしょ!としか思えなかったので問い詰めたら急にダッシュで逃げ出した
慌てて追いかけたらエスカレーターの隣にある階段の所で足を滑らせたらしく転げまわって落ちて行ったのを目の前で見たのが第二の修羅場
落ちた人は他のもうちょっと彼女と親しいママ友に連れられて救急車で運ばれて行った
後に足を骨折してしまった事を聞いた

この話を旦那にして、病院へのお見舞いに一緒に行ける日は無いかと聞いたら
「バッグは無事だったんだろ?別にお見舞いなんて行く必要はない」
なんて平然と言って来たのが最大の修羅場
「お前が突き飛ばした訳でも何でもないんだろ?じゃあこっちが責任を感じる必要もないし自業自得だろ」
なんて何で平然と言える!?
確かにこっちはエコバッグとその中身と日傘を持ち逃げされそうになった被害者未遂だけど
私が変に彼女を問い詰めちゃったから向こうも慌てて逃げて、それで大きい怪我したんだから私にも責任が無いともいえないし
そもそも関係者なんだから知らぬ存ぜぬは通らない
私のせいでもあるんで旦那にも一緒にお見舞いに来てもらった方が良いと思って話を振ったのにあんな冷たい考え方するなんて…と一緒に暮らしてる事にちょっとゾっとした
私が階段から落ちてもお見舞いにも来てくれないとかあるのかな…と思ってしまうようになったのが第四の修羅場だったりする


2018年06月14日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(2)



1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/26(木) 10:55:33.384 ID:yw1mqyn90
お昼ご飯の時に持参した茹で卵を食べたんだけど
穴を掘って殻を埋めたの


2018年05月11日 カテゴリ:妊娠・出産  コメント:(0)



81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/10(木) 05:55:03.31 ID:fGGmn4Cs0
バツイチ子持ちで子供は前妻が引き取っている方に質問です。
前妻との子供の存在をなかったことにできますか?

私は現在妊娠9ヵ月(初妊婦)で、主人は前妻との間に子供がいます。
前妻と離婚してからはメールで子供の写真を送ってもらっているようです。
子供のことは気になるだろうし別にメールなどしてても構わなかったのですが、
ここ最近急に元嫁とその子供の存在が邪魔に思えてきたんです。
元嫁とその子供からしたら関係のないこととわかっているのですが…。

で、主人に元嫁との子供のことは忘れてほしいと思っているのですが
やはり無理なことでしょうか…?


2018年05月10日 カテゴリ:報告者がキチ  コメント:(1)



318:名無しさん@おーぷん2017/08/02(水)19:25:19ID:2la
仕事の事で周りから追い詰められています…

私の仕事は営業の管理職になるのですが、
営業には主に法人営業と個人宅訪問営業の二種類があって
私は個人宅訪問をメインとする課の管理をしています

しかしながら女性は一人で個人宅には訪問してはいけない為(一人な為襲われる危険がある)
訪問営業はせず主に管理や営業サポート業務に一生懸命取り組んでいます
しかしながら、最近この私の訪問営業を行わない姿勢に
「女だからと言って外に出ないとは何事か」
「他の営業の女性は訪問営業もやっている
(実際はルール違反な様ですが、特に若手などはそうは言っていられない様で、
上司の方針もあり実質許可されてしまっている様です…)
のにどうして私さんはやらないんだ?」
「自分の仕事には熱心だけど知識は無く管理も出来ていないので(この点は疑問ですが…)
我々の負担になっている」
という意見が主に男社員から出てしまっています
今まで薄々気が付きながらも上司の理解もあり騙し騙しやっていたのですが、
現場からの反発の声がとうとう噂という形となって
私の耳にまで入ってしまいました…
噂を教えてくれた同僚も、正直な所「あなたに対し思う所はある」そうです…

今の仕事は好きですし待遇も良く、辞めたくはありませんが、
私が営業として売上の利益は上げていないのが批判される理由なのですが
営業が事実上出来てない以上改善する事が困難です

私はルールを破ってでも、
恐怖に震えながらでも訪問営業をしなければいけないのでしょうか?
同様に社会で働き、悩まれているキャリアウーマンの方などがおられましたら、
アドバイスお願いします


2018年05月09日 カテゴリ:衝撃的な話  コメント:(1)



395: 愛とタヒの名無しさん 2011/10/16(日) 10:18:09.50
小粒だけど話のタネに投下。 

船上結婚式でのブーケトス。 
ブーケが強風に煽られ海ポチャ。

列席者で波間を探すと白い花の隣に紫に変色した水タヒ体発見。
 
方々で上がる悲鳴。

スタッフに船内に戻るように指示される中、新婦が幼い時からの夢だった船上ウェディング+ブーケトスが台無しになったと泣き出す。

ブーケを拾えと取り損ねた友人に八つ当たり。 

スタッフの人が網でブーケ捕獲。

みんな縁起でもないしとブーケの受け取りを拒否。 
鬼の形相になった新婦から仕方なく私がブーケを回収。

遺体は海上保安庁の巡視艇が収容。

その後、結婚式が台無しになったと不機嫌な新婦と微妙な雰囲気のままクルージング終了。
船を降りたら遺体発見時の簡単な事情聴取。

貰ったブーケを持ち帰る気にはなれずに、ちょうど帰りの駅で泣いてた女の子にあげてしまった。