カテゴリ: 彼女の記事一覧
2017年09月30日 カテゴリ:衝撃的な話  コメント:(0)
292: 恋人は名無しさん 2010/08/13(金) 19:24:59 ID:yoV43gqK0

カノ子…俺の彼女。当時は婚約寸前
妹子…カノ子の妹。ちょいギャル
妹カレ…妹子の婚約者。ギャル男ってほどでもない。顔はフツメン

俺とカノ子は学生時代にバイト先で知り合い、お互い就職してからも付き合って
親同士の紹介も済んで、そろそろ正式に婚約しようかと思ってた仲でした。


俺が2年ほど他県に赴任することが決定したのがきっかけで
戻ってきたら正式に婚約しようと、カノ親、カノ子、妹子と、俺両親と俺とで会食した。


妹子は真面目なカノ子とは違うタイプで、メイクも服もギャルっぽかった。
でもTPOで非常識ってほどじゃなく、カノ子の妹にしては派手だなーと思った程度。

話してみたら気さくで、明るいしゃべりやすい子だった。
 
2017年09月25日 カテゴリ:彼女  コメント:(0)
167: 愛とタヒの名無しさん 2005/08/23(火) 23:39:47
おれの彼女は借金500万あるのに結婚しようとしてる
結婚したら専業主婦になって家計から借金返すんだとよ。
それ、はじめて聞いたとき悶絶しそうになったよ。

向こうの親も、払うの当然みたいな態度だし・・・
2017年09月25日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)
1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/21(月)13:18:25 ID:nA1hYgQQ3
とある居酒屋にて


「結婚式は挙げたくない。金の無駄。」
彼女
「なんでよ!ウエディングドレス姿着た姿
見たくないの!?」


「写真だけ撮ればいいじゃん。」
彼女
「イヤッ!!ほとんどの人は式挙げてるじゃん!!」


「挙げてない人も多いけど?」
彼女
「キィィエエエェェェェェェ!!!!!」

今だ音信不通・・・
2017年09月22日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(1)
1マジレスさん 2016/10/09(日) 23:41:52.56 ID:d/N0OopT
彼女のことも、その友達のことも嫌いになりそう。
誰か話だけでも聞いてくれ。
2017年09月14日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(6)
912: 1/2 投稿日:2012/01/26(木) 14:44:19.63 ID:pYfp1QrV0
やられた
留守にしている間に彼女(婚約中)に俺の持っている織部焼ぜんぶ売り払われた

俺(27)…彼女と婚約中。仕事で代休取っているので家でゆっくり
彼女(26)…婚約を期に転職するといって早半年。現在フリーター
織部焼…茶器が多い。小振りのものが好み

19才の時から今までの8年間に趣味で織部焼を買っていた
金額は生活に支障の無い範囲でだいたい年間3万円弱使ってた
ただ小物が多く量はダンボール一箱に収まる程度だった

発覚したのは彼女が新しいブランドバッグ持ってたから
「あれ?新しいの買ったんだ?」と聞いたら「そうよー、あなたの湯のみも足しにしたからねー」と言われてはっ?となった
チェックしたらしまってあった織部焼がまるごと無くなっていた
彼女は後ろから
「私も収納スペース使いたかったのに邪魔だった」(ダンボール一箱なので他に十分空いてたのに)
「毎晩ローテーションで違う湯のみを出してきて美味しそうにお茶を飲むのが理解できず気持ち悪かった」
と言ってきた
2017年09月12日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(1)
1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)20:49:42 ID:d9b
大丈夫な日だからとか言われてゴム無しでしたら
やっぱりダメな日だったかもしれないとか言い出した
2017年09月01日 カテゴリ:怒り・ムカ  コメント:(1)
868: 恋人は名無しさん 2014/09/13(土) 01:57:13.01 ID:NYa0E84i0
8年も付き合った彼女が
親戚に勧められてお見合いをしたこと

行ったら別れるよ?
と何度も忠告したのに結局行った

俺の8年を返せ
2017年08月26日 カテゴリ:衝撃的な話  コメント:(0)
25: 4の1 2009/08/29(土) 21:18:09 ID:J4ROrKrH0
婚約記念に昔の修羅場投下。
結構フェイク入れてるのでおかしなところがあるし長いがすまん。

A男・・・俺 21才 大学3年
B子・・・A男の彼女 21才 大学1年 付き合って6年
C男・・・B子の大学同期 19才 B子にアプローチをしていた

B子と付き合って6年目、彼女の大学の関係で遠距離恋愛になることに。
お互いに忙しかったが1ヶ月に一回は会えるように2人でいつも調整していて遠距離になってからも関係は順調だった。
大学に入って体育会系の部活に入ったB子。ある日試合で好成績を上げたから急遽打ち上げの飲み会をすることになったと連絡が。
その日、久しぶりにB子の所に泊まりがけで逢いに行くことになっていたが、ちょうど自分の大学の実験がなかなか上手く進まず
行けないかも知れないと連絡を入れようとしていたので仕方ないねと逢うのを断念していた。

B子とメールのやり取りをしてから、全然進まなかった実験が何とか形になり実験結果のレポート提出やらが意外と早く終わり
携帯をチェックしていると、飲み会の筈のB子から具合が悪くて結局途中で帰ってきたというメールが。
その時19時を少し過ぎていたが、実験も終わったし元々泊まりで逢う約束をしていたしで内緒でお見舞いをしにいくことに。

急いで新幹線に乗りB子の地元へ。家に向かいながらもう寝ちゃってるかな?と思いつつB子の好きな紅茶や食べ物を途中のスーパーで買い込みいざアパートへ着くと、部屋に電気がついていた。
この時、すでに22時過ぎ。具合悪いのに起きてる?と不思議に思いながらもびっくりさせたくて俺はその時ただわくわくしながら慎重に鍵を開けてドアに手をかけた。
今でもこの時のことを思い出すと血の気が引くし変なものがこみあげてくる。
俺は中の様子を窺おうとゆっくりとドアを開けたんだが、少し開けた所で不穏な空気を感じた。
部屋の中から、持続的に何かをぶつけるようなガンゴンという鈍い音が聞こえくぐもったように「ぐっ」とも「う゛っ」ともつかない声が聞こえた。
瞬間反射的にドアを開け放つ。彼女の上に馬乗りになっている男の背中(後のC男)と、争った後が見られるリビングやらものが散乱している廊下が目の前に飛び込んできた。
2017年08月14日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)
1: 以下、VIPがお送りします 2015/03/08(日) 01:46:29< style="color: gray;">. ID:/INGy2uh0.net
ちな俺28歳
2017年08月12日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)
593: 恋人は名無しさん 2016/10/02(日) 23:03:12.24 ID:9CYndwBU0
彼女を自分の母親に紹介したんだけど想像以上に気遣いができなくて引いた 

座ったままで食器は率先して片付けない 
母親が話題を振ってもそれに答えるだけで逆に質問とかしてこない 
もちろん彼氏を立てるような発言は一度もない

別に食器を片付けてほしい訳でも自分を立ててほしい訳でもないけど 
良く見られようという打算すらできない頭の悪さに引いてしまった