カテゴリ: 勘違い男の記事一覧
2018年05月08日 カテゴリ:勘違い男  コメント:(0)



470: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/03(火) 21:44:14.02 ID:djHPrUeH
コンビニに買い物に行ったら、前に並んでたお姉さんが切手を買って、

大学生くらいの小太りの男店員に

「あの、切手を濡らすあれ・・・あれありませんか?」

って聞いてた。
私は何となく、郵便局によくある水のしみこんだスポンジが入ってるケースのことだろうなーと思ったけど、

店員はそれが判らないようで、

「え?え?」

って感じでキョドってた。
 
そしたら、お姉さんが

「あの、すぐに切手を貼りたいので、この切手の裏を濡らしてもらえますか?」

と言い直した。

店員はそれを聞いて

「ああ、わかりました!」

って言って、なんと、その切手の裏を、自分の舌でべろーんと舐めて、

「はい、どうぞ!」

って言ってお姉さんに渡した。
 
嫌悪感で、心の中で

「おえええええ!!」

と叫ぶほどびっくりした。 

お姉さんは

「ありがとうございます・・・」

って小さい声で言って、つまむように切手を受け取って 
すぐに封筒に貼り付けたあと、走ってコンビニを出てった。

今年一番の衝撃だった・・・



2018年04月27日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



124: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/10(月) 22:45:40.60 ID:/LkJ/+bu
流れを読まず投下
現在進行形です。フェイクあり

自分は20歳、バイトには働いて一年弱
勘助は40歳、外見がチンピラで
声と体が大きいので威圧感があって怖い

バイト先に自分より後から入った人が勘助だった
自分が犬好きで犬を飼っていたので、
犬を飼うと勘助が豪語していたので
相談を受けていたり、
バイト先の店内で流す音楽を
相談したりしてよく話していた


去年バイトメンバーでクリスマス会をした時に
無理矢理ティファニーを渡された(ネックレス)

他の女性メンバーにも渡したのかと思って
軽くお礼を言ってその場は終わったのだが、

ティファニーを受け取った
=自分に気があると思ったのか
その後のバイトメンバーでの飲み会で
延々と恋愛観とかを聞かれた

勘助「好みの人は?」
私「大体自分の年齢に
10歳足した人くらいまでです」

勘助「えーあと10歳足そうよ!
合計で20歳足した人まで!」
私「今20歳なのに
自分の倍の人はさすがにムリですよw」

とにかく勘助はムリだといっているのに
私と付き合おうとして
とにかく好みを聞くので
怖くなり途中で飲み会から逃げた。

もうこの人は怖い!ムリだ!と思いながら
店長に相談して距離を置いていたら今日、
バイトから帰る時に
勘助の帰るルートの真逆にある
自転車置場にわざわざやってきて

「具合悪いの?」「相談乗るよ?」
と真後ろに立たれて
息が耳にかかりそうな距離に居て
怖くて泣きそうになりながら逃げた

3月でバイト辞めるつもりだったけど
今月に切り替えたい


2017年12月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
180: 彼氏いない歴774年 2009/07/19(日) 14:17:54 ID:SebwHNWn
バイト先のキモ男からきたメール
件名
お互い、楽になろう?

本文
毎日辛いよね…気持ち、わかるよ。いやほんと。
恋人がいないって辛いよね…。
俺は自分が不細工だって自覚してるし、
可愛い子とは付き合えないの確実だってわかってる。
だから、あきらめたんだ。

だって、不細工の心は不細工にしか理解できない…
逆に言えば、不細工って性格いいんだよね。
だから俺も喪子ちゃんもお似合いなんだよ。
だから付き合おう。

俺、顔のことは気にしない。喪子ちゃんもそうでしょ?
お互い、お互いをタブーにしよう。

一緒に恋愛を学ぼう。


なんか突っ込み所が多すぎてもう…
2017年11月08日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
479:おさかなくわえた名無しさん[sage]2013/07/30(火) ??:??:??ID:CPTVv37M
気の長い勘助?の話
そして内容の割りに話も長くなってしまいました。すみません

実家の2件隣にはAさんという60代くらいの夫婦が住んでいて
家族ぐるみとまでは行かないが、おすそ分けを渡しあうような付き合いだった。
A夫婦の孫が勘助。当時小3くらい。
勘助家族は別に住んでて、勘助だけが遊びに来ることが多く、歳の近い私(幼稚園~小1くらい)が遊び相手だった。
家の前で二人で遊んだり、A夫婦の車に乗って、近所のスーパーで勘助と一緒にお菓子買ってもらって親に怒られたり。
月に1~2回そんなことがあり、時が経ち、やがて、勘助も遊びに来なくなった。
やがて、A旦那さんが亡くなると、A奥さんは家が広すぎると越していった。
勘助と遊んでた時期から20年経ち、私も結婚して、実家から越した。
勘助のことなどさっぱり忘れていたある日、母から連絡があった。