カテゴリ: 奇妙な体験談の記事一覧
2019年02月17日 カテゴリ:子供  コメント:(0)


521 :拝啓、鬼女様 2016/01/04(月) 22:06:38 ID:Arq
小さい頃、今では大分マシにはなったものの、自分は喘息を患っていて夜中に病院に連れて行かれる事も多かった。
よく発作を起こすもんで、行きつけの小児科でガラス製の吸引器で吸引させられてた。
ある日、その日は発作は出てはいないものの、日課となった吸引のために病院に行っていたんだが、
その時は病院が混んでいたみたいで、T字路状の廊下の突き当たりに置いてある長椅子に母親と一緒に座って待っていた。

左手には受付、正面の通路の先には処置室、右手には5メートル先に両開きの鉄の扉があって、
その扉の前に、細いステンレス製の支柱に黒いプラスチックの板が付けられた看板が立っていた。
(その看板のプラ板の部分には紙が貼ってあって、立ち入り禁止的な事が書いてあったと思う)

しばらく長椅子に座って待っていたんだが、何となーく右手を見てみると、んっ?と思った。
なんとその看板が燃えていた。
普通なら建物の中で物が燃えているならそれだけで大騒ぎになるし、まだ誰も気づいていないにしても、
テレビの16Vぐらいの大きさの板が燃えていれば、異臭なり大量の煙が発生して、誰かが異常に気付くはずだ。

しかし、誰かが駆けつけてくる気配はないし、そもそもそのT字路の廊下はそこそこ看護婦が通ったりするのに、
誰も異変に気付いていない様子で、それどころか隣に座っている母親すら、その炎に気づいていないみたいだった。
そのT字路を歩けば必ず看板は視界に入るような場所に置いてあるのに、誰も炎の事を気にも留めていなかった。

このまま放置していれば火が燃え移り、取り返しのつかない事になるのではないのか、と思ったが、何かがおかしい。
その炎から煙が出ていない。それどころかパチパチと燃える音すら聞こえない。
看板の板をまるまる包み込む程の大きさの炎なのに、周辺の壁が焦げてすらいない。
2019年02月09日 カテゴリ:同僚・友人  コメント:(0)


456 :拝啓、鬼女様 2015/04/12(日) 20:56:04 ID:53l
新一年生が入ってきて思い出したから書く

去年入学した娘が、登校初日に同じ幼稚園出身のAちゃんと遊んだと言う
Aちゃんは確かにもともと同じ小学校に入るはずだったんだけど、卒園直前に引っ越して違う小学校に入学したはず
前日の入学式でも見かけなかったし
何かの事情でやっぱり同じ小学校に入学することになったのかと思い娘に詳しく話を聞いてみると、休み時間に一緒に学校探検もしたらしい
どうしてこっちの小学校にいるのか聞いてもAちゃんは「わかんない」引っ越したんじゃないの?と聞いても「わかんない」と答えていたそう
娘とは違うクラスの席についていて、同じ幼稚園出身のBちゃんと話しているのも見たと
すごく似た子では?と思い聞いてみても、幼稚園での話もしたと言うし、朝と帰りも話しているから間違いないと言う娘
しかし、一緒に通う予定で楽しみにしてたけど離れちゃうからと餞別とお手紙までくれたのに、やっぱりこっち通いますなんてことあるのか?と納得がいかなかったので、Aちゃんが座ってたクラスの同じ幼稚園からのママ友に聞くと、ママ友の子は「Aちゃん?いなかったよ」
1クラスの人数が少ない小さな小学校なので見逃したとも考えにくい
とりあえず翌日、Bちゃんに「Aちゃんと昨日話したか?」聞いてみなさいと伝え登校させると、Bちゃんもやっぱり話したけどなんでいたのか不思議がっていたらしい
翌日はAちゃんの姿はなく、それ以降は見かけていないらしい

娘が幼稚園に通っている時、玄関まで迎えに行くとAちゃんがよく私のところまで来て仲良くしていたのでけっこういろいろ話していた
同じ小学校に通えるね楽しみだねという話も卒園直前まで何度もしていて、卒園式には餞別のお返しと娘からの手紙を渡した
小学校に行ってもがんばってねって書いた手紙

ただの想像だけど、Aちゃん、知らない子ばかりの小学校で寂しかったのかなと思う
みんなと通いたいって気持ちだけ飛んできちゃったかなって
二日目からは見かけていないらしいから、入学した小学校で新しいお友達できたんだろうなって勝手に安心してる
2019年02月04日 カテゴリ:奇妙な体験談  コメント:(0)


663 :拝啓、鬼女様 2016/05/01(日) 15:18:28 ID:h5p
ちょっと思いだしたから投下してみます。
ペットにまつわる不思議な体験

俺の叔母さん(俺の母親が叔母さんの妹になる)の話し
母親の実家には猫を飼ってたんだ
母猫に置き去りにされた子猫で、当時世話をしていたのが
実家にまだ住んでいた叔母さんだった

避妊の手術の時や寂しくて夜泣きするときとか
ずっと叔母さんが世話してた
やがて叔母さんも結婚して他県へ嫁いだ
それからも猫は実家に住んでる

猫は13歳くらいになっておばあちゃん猫になったけど
それでも可愛くて叔母さんも実家に帰省するたび
猫と何を可愛がっていた

一旦切ります
2018年11月19日 カテゴリ:奇妙な体験談  コメント:(0)


573 :拝啓、鬼女様 2015/07/09(木) 09:53:08 ID:hmc
戦争経験者から聞いた話なんだけど

戦争中、なぜか『毎日ラッキョウを食べていれば空襲に遭っても逃げられる』
という話が信じられていて、親に毎日ラッキョウばかり食わされていたらしい。
『あれ何だったんだろうね』って言ったのは戦後しばらく経ってだったとか。
2018年11月17日 カテゴリ:奇妙な体験談  コメント:(0)


295 :拝啓、鬼女様 2014/12/29(月) 20:17:03 ID:we7
青森の恐山で有名なイタコの口寄せ。
イタコにジョンレノンを呼んでもらったら訛った日本語で話し出したなどネタがあるが
そもそも彼女らが言うにはタヒんだ時点で霊魂は現世の言語などの概念は無くなってしまい、
タヒ者が生者にこれを伝えたいという意志をイタコが翻訳して喋っているという設定なので
外人の霊だろうが訛った日本語で喋るのは当たり前であり、タヒ者だけが知る金庫の番号を聞くとか複雑な質問も答えられない。
そもそもイタコの口寄せは愛する者を失って悲しむ遺族が
修行を積んだイタコが降ろしたそのタヒ者の霊という口から
「生前は色々ありがとうね。私はあの世でも楽しくやってるから心配いらないよ。いつも見守っているからあなたも頑張って生きてね」
という言葉を聞くことで悲しみを癒し生きる力を得るいわば心理カウンセリングとして利用するものであり
(料金もまともなイタコなら数千円からやってくれるので占い師に金払う感覚でやれる)
イタコが呼んだ霊が本当にタヒ者の霊なのかどうかは昭和中期のイタコへ依頼した人々ですら深く追求しなかった。
だから「イタコが本当にタヒ人呼べるのか質問して突っ込んでやろうぜwwww」という感覚で口寄せをさせるのは本当に意味が無い。
2018年11月12日 カテゴリ:モヤ  コメント:(1)


310 :拝啓、鬼女様 2018/07/15(日) 15:07:28 ID:O8Z/pcrW.net
先日家族でディナーバイキングに行ったんだけど
前のテーブルに10人ぐらいのグループが(同窓会っぽい)いた
半分以上おっさんで、女性.は2,3人なんだが
そのうちの女性.1人が座ってる暇なく酒注いだり他の人に料理取ってきたり、
うちのテーブルの脇通って出入りするんで、煩く感じるレベルで席立って動き回ってる
バイキングだし飲み物はグラスの空くタイミングで店員さんがオーダー取りに来てくれるから
別にその人が世話する必要ないと思うんだけど
女だからお世話係かと思ったけど、その人以外の女性.は動かないで飲み食いしてる
おっさんたちも黙ってその人に世話させてる
神経わからんとまで言えるかどうかあれだけど、
何かすごく気になった
2018年09月25日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



736:本当にあった怖い名無し2013/05/02(木) 16:08:34.50ID:JeNOOabH0
流れを読まず、書き込みます。

一年前、私達と友人家族は、とある湖の近くでキャンプをしました。
昼の1時にチェックインし、テントの設営などを終え、夕食までの時間、大人は休憩タイム、子供達は周辺で遊んでいました。
そろそろ、夕食をと思い子供達を呼んだところ、当時小1の娘だけ見当たりません。
子供達に聞いても、さっきまで一緒に遊んでいたというのみで、わかりません。
時期がずれていたのとマイナーなキャンプ場だったからか、キャンプ客は、私達グループともう二組のグループのみでした。
見通しもよい場所なのですぐに見つかると思ったのですが、なかなか見つかりません。
すべて探し尽くし、他に隠れるような場所はないはずなのに、見つからないのです。
キャンプ場の管理人さんも、こんなことは始まって以来だ、考えられないと首をひねるばかりです。
日も暗くなり、もしや、湖の底に・・・と、不安になり、
然るべき機関に協力を要請しようと話し合っていたとき、ひょっこりと娘が現れたのです。
一体、何処にいたのか問い詰めると、さっちゃんと遊んでたと言うのです。



2018年07月23日 カテゴリ:奇妙な体験談  コメント:(0)



8:名無しさん@HOME[sage]2013/10/23(水) 11:44:24.46 0
じゃあ俺の話でも
中学生の頃、真夜中の話
当時家族ぐるみで付き合っていた親の友達が居たんだけどよく一緒に親友達宅に連れてかれてたんだ。



その親友達には小学生の子供が居て親同士が飲んでる間一緒に遊んでたんだ

ある夜、いつも通り連れてかれ遊んで帰る時、俺の両親共にすごい酔っ払ってて、タクシーで家まで帰ったんだよ
俺の父は酒癖が悪いんだけどその日は特に酷かったんだが・・・両親共にベロンベロンに酔っ払ってた状態だった。

そんな酔っぱらってた母が気に食わなかったのか知らんが親友の家でてからタクシーで家帰るまでずっと聞き取れんくらいの暴言を吐いてた。

タクシーから出るとき母がコケて、それを見た父が無理矢理引きづるような形で家まで持ってったんだけどすげー荒っぽくて母が痛い痛いうめいてたんだよ
更にイライラしたのか父が母殴り始めた 
それからが酷かった


2018年07月17日 カテゴリ:嫁・旦那  コメント:(0)



633:名無しさん@お腹いっぱい。2017/11/07(火) 17:47:26.11ID:tdymK5rn0
嫁がたまにタヒぬほど寝てしまう。
一度そのまま放っておいたら、40時間ぐらい起きなかった。

いつも寝てる訳じゃなくて、平日は毎日目覚ましを合わせて、何時に寝ようが、朝6時半には起きて弁当作ってくれる。

休日の前の日は、「明日はゆっくり寝れるー幸せー」と言いながら、次の日9時ぐらいに起きる私よりは先に起きてる。

でも一度、今日は自分の好きなことして。と言った日に、ありがとう!じゃあ寝るわ!と言って、そのまま2日間近く起きなかった。

途中心配で水持っていってトントンしたりしたけど、「ん?ありがとう。ゴクゴク…パタン」って感じだった。ほとんど寝返りも打たず1日半スースー寝てた。

起きた時に、風邪でもひいてたのか聞いてみたけど、ずっと毎日眠いのガマンしてたと言われた


2018年06月09日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



757:本当にあった怖い名無し2009/08/12(水) 12:48:35ID:kEOf3KEqO
ちょっと誰か相談させてくれないかな。
猫の事をほん怖に書いてたんだけど、なんか微妙に怖くなってきたもんで。