カテゴリ: 奇妙な体験談の記事一覧
2018年06月09日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



757:本当にあった怖い名無し2009/08/12(水) 12:48:35ID:kEOf3KEqO
ちょっと誰か相談させてくれないかな。
猫の事をほん怖に書いてたんだけど、なんか微妙に怖くなってきたもんで。



2018年05月07日 カテゴリ:家族・親族  コメント:(0)



968: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/05/02(日) 21:15:47 ID:WBTWZ14T0
昔した不思議な体験。
良い話かどうかはわからないけれども。
スレ違いだったらごめん。長文です。↓
3年半程前に、最愛の母が長い闘病生活の末に亡くなった。
癌だった。
母が亡くなった時、私は高校生で、一番下の妹なんかはまだ小学生だった。
それはもう悲しくて悲しくて、何も考えられなくて、毎日漠然と過ごしていたよ。
まぁこれは別にどうでもいい前置きなんだけれども。

けど、そんな日々が一年くらい続いた頃かな。
亡くなってから今までまったく夢に出てこなかった母が、急に夢に出てくるようになった。
それがまた変わった夢でさ。
それがどんな夢で、どんな場所、背景であれ、決まって遠くからじっと私のことを見つめてるんだ。
例えば電車の中でだとか、広い土地でだとか。
夢の中でふと気がつくと母が私のことを遠くから見つめていて、私もそんな母をじっと見つめ返してた。

(1/4)


2018年04月30日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



168:名無しさん@おーぷん2016/09/16(金)17:30:52 ID:c5z
少しオカルトが入ります

自分の前世を知ってしまったかもしれない時が衝撃的だった
三年ほど前に結婚したんだけど一般中流家庭やや下の私の家族に比べて夫の家柄はかなり格上
はっきり言って格差婚で周りからは玉の輿とか苦労するとか言われていた
夫の容姿や収入を考えるとなんで私だったんだと思うんだけど
トメさんはもっとスペックの高いお嫁さんが狙えたと思っていたらしく
付き合っていた当時はかなり厳しく当たられていたし、風の噂で結婚に大反対しているというのも聞いた

そんな流れの中で結婚前の顔見世に旦那の実家に出向いた時のこと
もう家具とか調度品からして全然格が違った
ご相伴に預かったけどお茶碗は本漆ととかそんなんばっかり
食事の後に必タヒこいてアピールしようと思って皿洗いを申し出たんだけど
本漆の茶碗とか洗ったことなくてワタワタしてたらトメさんに小言を言われた



育ちの違いは自覚していたもののいざ言われると辛くって(´・ω・`)シュンとなったら
急にトメさんの目が点になって「ダッキー…」って言われた
ダッキー?と思ってたらそれ以来トメさんが優しくなった
結婚も一転して大賛成してくれた
なんでも子供の時に飼っていた犬に私が激似なんだそうだ
特に怒られてしょぼくれた顔をした時が似ているらしい

おまけにトメさんが記憶しているダッキ―の命日と私の誕生日が同じ
昔から犬っぽいと言われていたけどまさか犬だったとは…


2018年03月24日 カテゴリ:恐怖(((  コメント:(0)




645 ゾッとした体験談 2008/07/14(月) 22:41:43 ID:BHSQzqc90
ここで私の恐怖体験談を投下させてもらいます。

あれは、5年前のちょうど今頃のことでした。
私は、大学を卒業後、就職もせず、しばらくプー太郎な生活をしていました。

そんなある日、自宅でゴロゴロしていると大学時代の友人から電話があったのです。
久しぶりに、酒でも飲まないかということでした。

翌日、友人に会いに私は近くの居酒屋に向かいました。
時間は、もう夜の11時をすぎていましたが、
どうせ朝までコースになるんだと思い、あえて遅い時間にしたのです。

店に着くと、友人はまだ来ていませんでした。
私は、とりあえずビールを注文し友人を待つことにしました。

しばらくするとわたしの携帯が鳴りました。


友人からです。







2018年03月22日 カテゴリ:奇妙な体験談  コメント:(0)



288: 本当にあった怖い名無し 2011/04/28(木) 20:30:03.78 ID:SwT/IpVf0
おい

俺のもってる怖い話を聞いてくれ
俺自身が体験した話でなく友人から聞いた話なんだけどね
文章力とかそんなものには期待するな