カテゴリ: 修羅場・衝撃的の記事一覧
2017年03月31日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
767: 恋人は名無しさん 2001/08/17(金) 03:28
ぬわー、みなさん大変な経験をしてらっしゃるんですね。 
ここで私の体験を聞いて下さい。(修羅場ってほどでもないけど・・) 

学生の頃、同じ学校の彼とつき合って2回目のクリスマスイブのことでした。 
イブの2週間くらい前から、お互いのバイトの都合とかで 
(少なくとも私はそう思ってたのです)学校以外では会っていませんでした。 
で、イブはひさしぶりに彼と出かけて楽しくデートして 
その日は彼のひとり暮らしの家に泊まることになってたので 
彼の家へふたりで帰ったのです。 
着いてすぐに、あったかいお茶でも飲もうとキッチンに行って 
お茶を煎れてティーバッグをゴミ箱に捨てようとしたその時に 
私はゴミ箱の中にとんでもないものを発見してしまったのです。 

(あんまり長いと省略されちゃうからつづく。)
2017年03月30日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
428: 428 2001/08/15(水) 15:26
今から1年前の話です。 
私と彼は婚約中で結婚式を半年後に控えていました。 
私達は同じ会社の同期同士で、入社して半年後の研修で知り合いました。 
当時彼は地方勤務で私は都内勤務の遠距離恋愛からスタートし、去年彼が都内へ異動になり、結婚することになりました。 
結納も終わり、挙式の日程も決まったところで、職場、同期にお互い関係を公表しました。 
どちらかというとオープンなムードの職場でしたので、ありがたいことに暖かな祝福 
を受けることができました。 
そんなある日、私の家に一通の手紙が来たのです。
2017年03月30日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)

91 :名無しさん@おーぷん

どっかで似たような話を見たことがあるけど、生みの親と育ての親が違った
6歳の時に生母が家を出て、あまり間をおかずに養母がやってきた
当然「このおばちゃん誰?」と思ったがそこに家族全員から「どうしたの、お母さんよ」とやられて
みんな頭がおかしい!と泣きながら家出した
何度も連れ戻されて、何度も「私がお母さんでしょ」とやられて自分がおかしいのかと絶望した
当時、映画で「家族だと思ったら中身が宇宙人になってた」というシーンを見たのもあり、
お母さんもお父さんも中身が宇宙人になったんだと思ったw

真相は、養母は父の浮気相手
生母は私の親権を争ったけど、持病だとか経済的な理由で泣く泣くあきらめて
まとまった金を持って実家に帰った
私がまだ小さかったので「物心つく前なら母親が違うことをごまかせる」と思って
家族一同、迫真の演技()で騙しにかかったらしいが、さすがに6歳相手にそれは通用しないw

ありがちだけど高校の修学旅行でパスポートを作るときに戸籍謄本とったら
そこに色々と書いてあって、親父に「どういうことだゴルァ」と聞いたら
「そろそろ時効かな」と笑いながら真相を告白された

こんなキチ一家と一緒に生活できないと実母の連絡先を探して、すぐに謝りに行った
泣きながら受け入れてくれてこっちも泣いた
大学進学決まってたのに、高校卒業のその日に実母の家(九州→東北)に逃げ込んだ
当然大学は入学式を前に辞退することになり、入学金やらを返せと実父が追いかけてきたが
私を受け入れてくれた実母の再婚相手が、そんなはした金で縁が切れるならと札束投げつけて追い返した
2人には今でも感謝してる
2017年03月30日 カテゴリ:妊娠・出産  コメント:(0)
434: 恋人は名無しさん 2007/12/16(日) 23:18:39 ID:KxYuuo+40
身元バレが怖いんで簡単に書くね。 

家系的な事と子供のころの病気その他諸々で
若い頃、自分の種を調べた事がありました。 

んで結果は・・・・・
ほとんど無い状態で
子供を作る事は無理なのが判明。
一時ちょっとばかり鬱になったけど
その後は割り切って生きてました。

それから何年も経ち就職して中年に入りかけたある時。
2017年03月30日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
54: 名無しさん@HOME 2013/03/05(火) 14:29:17.10 O
やっと落ち着いてきたので書かさせてもらう

子供の頃、父親の愛人に頃されそうになったのが最大の修羅場
母は専業主婦でいつも一緒に居てくれたのだけど、
その日は電話かかってきた直後に私に留守番を頼んで出て行った

数分後にピンポンが鳴り、父の部下を名乗る女性が 
「お父さんにお家で待ってるように言われたから入れて」
とインタフォンごしに言われたので家に入れた 

まだ小1、2くらいだったのでどうしたらいいか解らず
客間に通して一緒に座ってたら 
いきなりブツブツ言い出したかと思うと鞄から包丁取り出して 
「あんたがいるからあの人別れてくれないのよタヒねタヒねタヒね!」
とか絶叫し始めた 

包丁も手当たり次第に振り回して、
テーブル挟んで座ってたから無事だったけどかなりの恐怖だった 

すぐさま逃げて、でも動転してたからか外じゃなくて自分の部屋に逃げこみ、
ドアに鍵が無いのでどうしようどうしようと考えてる間にその女が部屋に侵入 

パニクった私は勉強机に飛び乗って、窓を開けて脱出した…んだが
こっからの記憶が全くない 

実を言うと↑の記憶自体昨日まで忘れてて、
昨夜包丁落として足に刺した瞬間にいきなり思い出した 

スリッパ越しだしナマクラ包丁だから足は大した事無かったんだけど、 
いきなりこんなこと思い出したのがかなりショックだったのも修羅場 

今思い返してみたら、小1、2くらいの頃に
周りから腫れ物に触るみたいに扱われてたなーとか 
いきなり吐いたり倒れたりしてたのは
これの影響だったのかなーとか思ったりする 

結局両親は私が小5の時に離婚、
父は数人いた愛人の1人と再婚した…らしい 

父のことはいつからか大嫌いで話題を聞くのも嫌だったから曖昧なまま没交渉 
母にこの事について聞いてみたいが、10年前に鬼籍に入ってるので誰にも聞けないw