カテゴリ: 修羅場・衝撃的の記事一覧
2017年12月17日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
815おさかなくわえた名無しさん 2017/06/08(木) 00:05:57.65 ID:JyfhzVra
親父からのセイ的虐待のトラウマで特殊なセイ癖を持っています
親父がタヒんだときに墓に入れたくなくて、遺言書偽造して海に散骨したこと
本当は家に火をつけたかったがカウンセラーに助けてもらった
母親はこの事実を知らない
この事実を知るのはカウンセラーと彼女だけです
__lt__script type="text/javascript"__gt__article_middle();__lt__/script__gt__
2017年12月16日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
788:名無しさん@おーぷん2016/12/13(火)20:02:14 ID:iHj
夫が、私が二人目出産のため上の子を連れて里帰り中に、
実は長年Wフリンしてた相手方のご主人に慰謝料請求され、

子供の学資保険と自分の生命保険を勝手に解約して工面していた事。

そしてまぬけなことに、その事に10年間気がつかなかった事が最大の修羅場です。


保険会社からくる手紙は年末調整などに必要だから、
忘れないように会社に届くようにしてあるという嘘を信じてしまった。

ちなみに、共働きでそれぞれの収入はそれぞれが管理。
給与明細などは見せあっており、互いの収入はなんとなく把握。
収入からそれぞれ8割を共有の通帳に入れて、
そこから生活費を出したり貯金をしたり、という家計管理をしていました。

上の子が高校受験する年齢になり、私立校を志望。
家族会議で、高校卒業したらできれば私立大学に行きたいと言われ、
まあ大学入学の際は学資保険があるし、金銭的に大丈夫だろう、
むしろそこまでやりたいことが明確なのはエライ!とOKしようとしたら、夫が挙動不審に。

問い詰めたら白状した。
慰謝料は、総額300万円だったそう。学資保険は300万円一括納入しており、ぴったりだったからつい…、だそう。
更に生命保険を解約して、独身時代からの貯金をプラスし、
離婚されて慰謝料請求され一人になったプリンを援助したらしい。
その金額もだいたい300万円だそうだ。

しかも、プリンは同じ会社の後輩だったらしく、
その話は上司に知られ、出世コースから完全に外れていると。
不況の煽りで昇給昇進しない、ボーナス少ないと言っていたが、
理由は不況ではなく自業自得だったと。

今は離婚して元夫。
今までの貯金とマンションを慰謝料としてもらったけど、
マンションの頭金はうちの実家から生前贈与されたお金を使っていて、ローンもペアローン。
貯金も子供のためのお金を除けば600万円に満たなかった。
養育費も最初は一人月3万円×2の取り決めだったけど、日を追うごとに減額されていってる。

嘘を鵜呑みにしていた自分が本当に間抜けすぎて、今でも思い出すと落ち込んでしまう。
2017年12月16日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/14(火) 16:56:36.16 ID:YAb9V1PvK.net
パート 恋
4歳児 多動
既婚者と知りながら突然キス 意図
〇〇株式会社←わいの会社 平均年収
関西学院大学 〇〇洋平
〇〇洋平
既婚者 告白
〇〇幼稚園 評判
ガン保険 生命保険
パート先 大学生 告白
4歳 反抗期
夫 不倫

なんなんやこれ…
2017年12月15日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(1)
349: このスレ見てたら思い出した。 ID:???
去年の夏。
飼っていたハムスターに腫瘍が出来て、手術したのを引き取りにいった時だった。
病院に入る前はカンカン照りの青空だったんだけど、出てくる時には
すっごいどしゃぶりの雨。どう見ても通り雨じゃない。天気予報を呪った。
でも、病院の中で待とうか?とも思ったけどイパーイでとても居られそうに無い。
でも外に出るにも術後のハムを雨に濡らすなんて冗談じゃない。
しかたないから着ていた男物のサマーセーターのお腹でハムゲージをくるみ
10m程離れた小さなラーメン屋さんの軒下を借りてタクシーを待つ事にした。
そこに移動した私はすでにびしょ濡れ。5分程たったがタクシーは来ず。

すると、出前から帰ってきたと思われるおじちゃんが店の前に来た。
慌てて「すみません、タクシー来るまでちょっと居させて貰えないでしょうか?」
と言った所「それは全然かまいませんけど…?」(お腹の中のハムゲージwを見る)
事情を説明すると、おじちゃんは店の中に入りなさいと言ってくれてタオルをくれた。
そしてありがたくゲージをタオルで拭いていたら、いつの間にか外に出ていた
おじちゃんが「タクシーきたよ」 
おじちゃんは、タオルを貸してくれただけでなく、どしゃ降りの中道路に立って
タクシーを止めてくれたのである。浸水した道路に居たおじちゃんの足元びしょ濡れ。
そして相合傘でタクシーまで送ってくれた。
愛しのハムが病気になって落ち込んでただけに、その優しさに泣きそうになった。
あの時のおじちゃん、ほんとにありがとう。
ハムは寿命でタヒんじゃったけど、あの出来事はいまだに忘れられません。
今度あのお店にラーメン食べに行ってみようかな…。
超文スマソ。思い出してまたチョトホローリ
2017年12月15日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(0)
1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/12/27(火) 08:24:33 ID:Kw5ELVRnr.net


お前らこれ読み方わかる……?