カテゴリ: 修羅場・衝撃的の記事一覧
2017年04月26日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(1)
101: 名無しさんといつまでも一緒 2009/05/16(土) 15:13:20 0
もうずいぶん昔の婚約者の話。 
結婚式場や新婚旅行の予約も済んで両家同意の上で同棲中、いよいよ来週は結納だと言うのに突然飲み会とかで午前様。 

次の日も遅かったので、帰ってくるの待ってたら男に車で送られて帰宅。 
問いつめたら「好きな人が出来たのであなたと結婚できない」と。 
とりあえず訳が分からないまま寝て早朝ふと目が覚めたら彼女の姿が消えてた。 
俺泣きながら俺親と彼女親に電話。

親は両方とも事業を興してそれなりに地元で名士だったから、 
仕事で使っていた一流の即興信所にそれぞれが24時間体制で調査依頼。 
確実な証拠掴んで黒決定。 
その後興信所が彼女確保して彼女親の所に強制連行。 
男は俺も知ってる彼女の先輩社員。 

何でも俺と結婚させるのが悔しくて邪魔したくなったから、結婚祝いとだまして酒で酔わせて関係を持ったと。 
まさかこんな大事になるとは思わなかったとガクブル。 
それを知って両家の親大激怒、俺どん底。 
彼女も口車に乗せられていた事に気づくもすでに時すでに遅し。 

すぐに彼女親から全てうちが悪いし、こんな娘はあなたの家にはやれないので婚約解消してくれと、 
結婚式代1200万円、新婚旅行代150万、慰謝料として650万で合計2000万積んで土下座。 
結婚式場と新婚旅行はキャンセルできる時期だったので、実質的には慰謝料だけで2000万円と言うこと。 
男は会社に弁護士が乗り込んだら、すぐさま職場放棄して実家に逃げ帰ったので一週間で懲戒免職。 
実家が商売やってたから風評被害を恐れて男親が1000万で示談。 
 
2017年04月26日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)
194: 恋人は名無しさん 2007/08/01(水) 00:33:54 ID:GJ6ihtlL0
N男→私美の後輩 
K子→N男の事が好き 
友人→K子の先輩 

後輩のN男が最近なかなか彼女できないようだったので、女の子を紹介してあげた。 
その子はK子といって、私の友達の職場の後輩だった。 
一回お互いに会ってもらったのだが、K子がN男の事を一目みた瞬間から好きになったようで、 
メールが激しく毎日くるようだった。 

ある日K子について相談したいとN男から夕食のお誘いがあった。 
二人でお店に入る前も後も携帯鳴りっぱなし。 
全部K子かららしい。 

私「モテモテだねw」 
N「いや…もう正直どうしていいかわからないです」 
私「付き合っちゃえばいいじゃんw」 
N「え、でも…なんか様子変なんですよ」 
私「どういう風に?」 

本文: 
今日の12時3分にメール送ったのにどうして返してくれなかったの~プンプン 
 
2017年04月26日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
160: 名無しさん@HOME 2016/06/08(水) 12:03:16.41 0
姉に大嫌いと言われて家族がバラバラになりそう 

先週末、東京大坂で働いてる姉達が地元に帰ってきてて、 
自分の就職内定祝いをやってくれた 
そのとき定年後の父が、
こらからも色々と援助してやれよと姉達に言ったら 
上の姉が急に泣きだした。

姉達のときは習い事も塾も行けず進学先も地元国立限定で、
学費も自分で工面した。 
社会人になってからはも、親の援助なんてなく、 
逆に仕送りしたり車の保証人にもなったり 
支える側でしかなかった。 

なのに、俺には好きな習い事、私立大学、学費に年金支払い、
遊ぶ金まで与えて差が酷すぎる。 
俺が弟でまだ学生だからこそ我慢もしてきたが、社会人になるなら 
自分の面倒は自分で見るのが当然。なぜそれを弟に教えないんだ、 
どれだけ自分は軽く見られてるんだって泣きながら言うんだよ 

ごめん長くなる
2017年04月24日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)

995 :名無しさん@おーぷん

帰宅したら裏のA家ばあさんの遺書がポストに入っていた時。
しかも同じ遺書(ご丁寧にコピーじゃなく手書き)は通りの全戸に投函されており、
俺が帰宅した時点でばあさんはすでに自さつ決行済みだった。

めっちゃぼやかして書くが
不幸のはじまりはA家嫁さんが事故タヒしたこと。
子供たちの面倒を見る人がいなくなったからか、その後すぐA旦那の母(これがタヒんだばあさん)が
引っ越して来て同居しはじめた。
半年後、A娘が自さつ。
さらに×ヶ月後、ばあさんが自さつ。
ばあさんの遺書によると娘はA嫁の後追い&抗議自さつで、A嫁も自さつだったらしい
(本当かどうかは知らん。遺書にはそう書いてあった)
理由はA旦那のモラハラ。
ばあさん遺書は「親孝行ないい息子だと思っていたのに、父親そっくりの妻をいじめる男に
育ってしまった。私は息子の一面しか見ていなかった。
孫娘の遺書で上記のことをはじめて知った。嫁と孫娘を間接的に刹してしまった。
タヒんで詫びる」
という内容だった。
なんでわざわざ八通も書いて全戸に投函したかは不明。
その後、近所中がA家を腫れもの扱いというか避けるようになり、
息子は高校生の夏休みに家出しそのまま失踪してしまった。
A家にはA家旦那だけが残された。
でもある日を境にA旦那の姿も見なくなった。
A家は空き屋になった。
左となりの家は気味悪がって引っ越してしまった。
俺ん家は引っ越す金がないのでそのまま住み続けたが、やはり不気味ではあった。
最近A家跡地が駐車場になったので書き込み。
2017年04月23日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
850 :名無しさん@おーぷん
大学3年から卒業まで住んでたアパートの隣が毎日修羅場?だった。

大学の寮は2年までしかいれない決まりで、3年から大学近くのぼろアパートに住んだ。
引っ越したその日から、窓の外でジャイアンリサイルが開催された。
「ヒトミ!君に捧ぐ、聞いてくれ!ワントゥースリー、ホゲ〜♪」
と、ミスチルのユースフルデイズのサビだけをアカペラで繰り返し歌う男。
窓を開けて「うるせーー!警察呼ぶぞ!」とバケツの水をぶちまける女。
ホゲ〜♪は主にスピッツとミスチルを中心に毎週月・火・木・土の20:00〜23:00に開催された
なんでその曜日だったのかは不明。

ホゲー男はそのたび近所から通報され、警官にお持ち帰りされていた。
厳重注意されてただろうに、なんでまた次も来れるのか不思議だった。
近所迷惑ではあったが、俺は午前とってる講義がほとんどなかったので
ホゲーをむしろ風物詩として楽しんでいた。テレビよりよっぽど面白いし。

ある日部屋で寝てたら、ドアをノックされた。チャイムがないから基本ノックだった。
「あー」と返事したら
「ヒトミいますか」という声が。ホゲー男だった。
「お隣ですよ。うちは違います」と言ったが、男はなぜか信じずヒートアップ。
架空のヒトミさんを大声で口説き始めた。
最初は普通の「出てきてよ、好きだよ」「誤解があるんだ」ってトーンだったのが、途中から急に
「いいよ!わかったよ結婚しよう!結婚しようすればいいんだろおおおおおお!!!」
「結婚するって言ってんだろなんだよゴラ出てこいや結婚したるわウオオオオオオオ」
って吠えはじめて、正直おしっこちびった。
通報すればよかったんだろうが、あまりの豹変ぶりにビビって何もできんかった。
結局いつものように誰かが通報してくれて警官が連れてってくれたが
マジのキティガイを甘く見てた自分にいたく反省した。

結局卒業するまでそのアパートにいて、その後はリサイタル以上の被害は受けなかったが
ホゲーの粘着さもヒトミのタフさも衝撃だった。