カテゴリ: 修羅場・衝撃的の記事一覧
2017年03月23日 カテゴリ:  コメント:(0)

255 :名無しさん@おーぷん

ウチの家は母の日のプレゼントが原因で両親が離婚した。

母は誰がどう見ても『猛毒母』って判断がつく人間だったと思う。
昔はそうではなかったらしいが、私と弟が生まれてからは性格が急変したんだそうな。
そんな母の性格を短くまとめると『天上天下唯我独尊』『異論反論反抗厳禁』『有象無象俺様解釈』。
この三つで全ての説明がつく。
とにかく如何なる理由があっても自分最優先。他はガン無視。
こっち(主に私)が何か自分の意見を言うと途端に大爆発して暴れまくり(無論殴られることはザラ)、最悪の場合家を飛び出して数日居なくなる。
父や祖父母(父の側の祖父母は亡くなっており、母方祖父母と暮らしてた)が何度も諌めようとしてくれたが、
「どうしてコイツ(私)の味方をする。教育のためなんだから私に味方しろ」と金切り声で叫んで更にヒートアップする有様。
父は何度も離婚を考えたらしいが、当時5歳と3歳だった私と弟の事が母に引き取られたらと思うと心配で踏み止まっていたらしい。
しかし、そんな父が離婚を決断する事件が母の日に発生した。

前置きしておくと、母は凄まじい(どころの騒ぎではない)メシマズ。
味付け・レシピ・調理方法…これら全てが俺様解釈。
なんてったって、お湯で溶かすだけの赤ん坊用のミルクに「身体にいいから」という理由で黒酢をお湯と同量入れるという恐ろしい事をやらかしたくらいだし。
それを嫌がって泣きだした当時赤ん坊だった弟と「こんな物赤ちゃんに飲ませちゃダメだ」という祖母にキレまくって母は数日間家出した。
なもんだから、私は母が作った料理を美味いと思ったことは一度もない。

そんな母でも母は母だから「母の日だから、母のために晩御飯を自分で作ろう」と思ってそれを祖父母に提案。
祖父母もそれに賛成してくれた。
慣れないけども祖母の助けを借りながら包丁を使って野菜を切り、ひき肉を混ぜてがんばってハンバーグを作った。
そして、完成からちょっと経ってから、パートから帰って来た母をリビングに誘導して「いつもありがとうお母さん」と言って母の日の初めてのプレゼントのハンバーグを見せた。

母の返答は「ありがとう」でも頭を撫でてくれるでもなく、鉄拳だった。

母の拳は私の右目の下あたりにクリーンヒットして、私は1メートルくらい吹っ飛ばされた。
「ふざけたマネをしやがって、私を馬鹿にしているのか、こんな事をして私を虚仮にして楽しいか」とそれまでの6年間の生涯で最大最凶レベルの大噴火を起こしながら暴れる母。
もっとも私は本気で殴られた顔面が痛くて泣き叫びながら悶絶しており、母の罵声怒声しか聞こえなかったが、それでも母のブチギレっぷりは今までの比じゃない事は理解できた。

祖父母も母の凶行に激怒して母を取り押さえようとするが、テーブルをひっくり返し、電気ポットを投げつけ、電話機を振り回す母は手に負えなかった。
そのまま母は「タヒんじまえ、お前らみんなくたばっちまえ」と絶叫して家を飛び出してった。
祖父は母の大暴走に怯えて泣き叫ぶ弟を落ち着かせようと、弟を抱きしめながら必タヒに背中を撫でていた。
祖母は泣きながら「ごめんね、痛かったろうね、もう大丈夫だからね」と言い、号泣する私の腫れあがった顔に氷水で冷やしたタオルを当ててくれた。

それから離婚騒動に発展するが、母は徹頭徹尾金の話しかしてなかったらしい。
親権はくれてやる。その代わり家と父の貯金は全てよこせ。それが母の主張だったらしい(これは祖父母が泣きながら話しているのを聞いた事で知った)。
で、母が私に振るった暴力の証拠とか家で暴れた記録とか詳細に残ってても女って有利なんだね。
結局父は親権と車以外ほとんど母に奪われた(親権に関しては母が「こんなガキは要らない」と言ったからだそうだが)。
祖父母が「慰謝料・養育費の代わり」ってことで自分達のポケットマネーからこっそりお金を出してくれて引っ越しをすることができたらしい。
それから父は男手一つでしっかり真面目に私と弟を育て上げてくれたため、私も弟もグレずに済んだ。
ちなみに祖父母は「母を監視し、色々な人に迷惑をかけさせないようにする」という目的で母と同居を続けることになった。

つい先日、「(元)母が、私か弟のどちらかを老後のアテにしようと嗅ぎ回ってるから最大限警戒してくれ」
って連絡が祖母から父にあったらしく、弟(父と同居)はセコム取り入れたらしい。
私はオートロックマンションだから襲撃の危険性は弟よりマシだが、セコムも念のためやっといた方が良いのかとちょっと考え中。
2017年03月23日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
101: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 23:21:36.23 ID:sMie0r4v
高校時代、担任と教頭に親を呼び出された上で「迷惑な人間」と罵倒されたこと

私は怠け者なくせに要領が良く、一夜漬けの受験勉強で進学校の特進クラスに1位の成績で入学した
が、事前説明になかった厳しい制約にウンザリし、すぐに立派なダメ生徒になった
でも要領が良いので、学校の試験はダメでも全国模試の結果は良かった
全国1位、偏差値70、適当に書いた難関大学A判定など…(私自身は専門学校進学を決めていた)
そのうち誰かが聞きつけ泣いて担任に愚痴ったらしく(なんで不真面目なあの人が私より上なのか的な)、担任からの風当たりが強くなった

そしてセンター試験が迫る頃、試験形式でセンター過去問をやり、その場で自己採点、という授業があった
担任は努力は報われる的な話をした後、恐らく私への嫌味や他の生徒のヤル気を上げるため、「アンタは何点?」とニヤニヤしながら聞いてきた
しかし要領の良い私はセンター試験とも相性が良く、対策なしで余裕の8割超えだったため、愚痴った子が更に発狂、担任ブチ切れ、「生活態度が悪い!」と親を呼び出された
そして会話すらしたことのない教頭にまで「いるだけで他人を不快にし集中力を削ぎ落とす、クラスにとって迷惑な存在」と親の前で罵倒された
別に騒いで授業妨害したことはないし、そもそも何度も特進やめたいと懇願してたのを「進学しなさい!」と除籍してくれなかったのは学校側なのに、なんでここまで?と心の中で修羅場
今は無事卒業して目指していた職につきのんびり暮らしてるが、偶然にも高校にほど近い職場のため生徒を見かける機会が多く、たまに思い出しては今も修羅場っている
2017年03月23日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)

167: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/18(月) 13:23:09.20
冴えないオッサンリーマンな俺に
当時高3の嫁に電車内で惚れられて嫁が大学生の時に結婚。 
身寄りのない俺が嫁実家に移り住みマスオさん状態。 

幸せだけど未だに現状が夢なんじゃないかとたまに思う。
2017年03月22日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


472: 名無しさん@おーぷん 2017/03/15(水)16:57:46 ID:EbZ
修羅場というよりもやもやや愚痴に近いけど…

私の母親が自分では何も出来ない人で家でのそのツケを払うのはだいたい私だった。
特に物欲と掃除の出来なさでは迷惑を受けてた。
通販やネットが出てきてからは毎日のように何かしら届く。
しかもサイズとか材質とか詳細を見ずに、
しかも大して考えず買うから8割は使わないまま終わる。

まだ簡単に家庭ごみで捨てられる物なら処分すればいいから何とかなるのだけど、
粗大ゴミでないと捨てられないサイズのものとかも大量に買うので掃除が追いつかず
家には山のように物が積み上がってる。
しかも最近困るのが母は昔から使う物は全部外に出しておかないと使わなくなる人で、
そんなだから引き出しにしまうという事もほとんどしない。
でもこちらとしては細かいものは収納して貰わないと困るから
母でも使いやすいように纏めてた。
(母はそのタンスの前にも物を積み上げるから使わなくなってたけど)
しかもその家具たちは祖父が購入したものだからしっかりしてて本当にいい物が多かった。

しかし最近あまりに物が増えすぎて置き場所がなくなったからか
母に変な片付けスイッチが入った。
何を考えたのか全部段ボールのファイルボックスに大まかに詰め込み積み上げ、
いい家具だった収納物は全て捨て、
代わりにちゃちな学習机とセットで売られてるワゴン引き出しや
プラスチックの衣装ケースに全て変えてしまった。
もうショックだった。
しかも百歩譲ってそれで片付くならいいけど、
買うだけ買って結局入れないから衣装ケースとかでかすぎて邪魔になってるし、
ファイルボックスに入れた物も適当に入れたからどこに何があるかも把握してないし、
それを積み上げてるから下のものを取り出すことも出来ない。
余計に汚くなっただけだった。
粗大ゴミに10万以上も使うし、
捨てないでと言っておいた私の自転車はちゃっかり捨ててるし…
だったら他に捨てて欲しいもの沢山あったよ…
躾のなってない大型犬もいるから家は凄いことになっていってる。

私は結婚してるのだけど、この家に二世帯で住んでる。
一度は出てたんだが、状況が変わり私もいなくなったことでこの家が
ゴミ屋敷寸前までいったものだから家賃は払わない代わりに管理する約束で同居した。
元々二世帯設計だから玄関も全て別で
旦那も家賃払わないのラッキーと言って即決めしたのは旦那。
私の親とは年に数回しか会わないからね。

けれど私は凄くストレス。
周りからは同居なら子供出来た時とか楽でいいねと言われるけど
あんなゴミだらけで大人でも痣を作るような暴れん坊の
大型犬がいる下になんて預けられないし、そもそも母は自分第一だから
孫になんて大して興味ないから期待なんて出来ない。
家賃なくていいなーって未だに親に寄生してるみたいに思われたりするけど、
確かにお金に関しては助かってるけどそれ以上に負担が凄いよ。
でもみんなは恵まれた両親がいるから私が言ってもまたまたーってなる。
結婚式の時普通にいい両親だったじゃんって。
そりゃ式前から何度も注意事項は伝えたし、
挨拶して回るにも席次表渡して特徴やらどんなグループの子かとか詳細書いて渡したし。
そもそも親の葬儀でさえ寝る人だからとてもハラハラしたし、
式場の人に両親専用でついててもらったからね。
挨拶以外は特に人前に出る事もなかったからそりゃ普通の母親に見えるよね。

こんなに苦労しても母は変わらないし、やってもやっても家は綺麗にならないし、
母は勝手に家は私に譲るとか言ってて旦那もそれいいじゃんてなってるから出るに出れない。
こんな壁に穴空きまくりの汚い家なんて貰ってもリフォーム代考えたら
狭くても新築買うのと変わらない気がするよ。
少し疲れた。 
2017年03月22日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)
360 :名無しさん@おーぷん
某幼稚園の園歌にまつわる話

当時私は学生で、下に幼稚園の妹がいた
ある日学校で社会科見学をすることになったんだけど
偶然それが妹の幼稚園だった

そこの幼稚園は妹が第二期生の新しい幼稚園で
園歌はそこそこ有名な詩人が作詞を担当していた
超メジャーというわけではないけど、
子供向けの詩集を出してたり童謡や合唱曲で作詞を手掛けてる人だった
園歌は子供達や保護者に評判で、わたしも
キラキラした歌詞に綺麗なメロディーの園歌で羨ましいな、と思ってた

その作詞を担当した詩人が、社会科見学する日に幼稚園を訪問することになった
大好きな園歌を作ってくれた(作曲は違うけど)人が遊びに来てくれると聞いて
園児達は大喜びでお礼に披露する歌を練習していた
そして昼過ぎにその詩人が来たんだけど、格好に唖然とした

今から演奏会にでも出るのかってくらいゴージャスなドレスを着て
髪をベルサイユに行きそうな縦ロールに巻きまくった
どぎつい厚化粧のおばあさんだった

社会科見学に来てた私達と先生はドン引きだったが
お姫様みたいな服装のおばあちゃんに子供達はテンションMAXだった
園児くらいの年齢っておじいちゃん、おばあちゃんの年代の人に
無条件で可愛がってもらえるって思ってるから大好きなんだよね
元気にあいさつしながら詩人に群がっていった
そしたら詩人が
「あたしに触らないで!!」
って子供達の手を振り払って絶叫した
子供達は別に乱暴な事はしてないし、泥だらけだったわけでもない
先生達が慌てて子供達を宥めて離れさせたんだけど
詩人は「汚い!やめて!キャー!」みたいに取り乱してるし
子供達は明らかにショックを受けてるしで悲惨だった

あんなに綺麗で夢のある子供に向けた詩を書いてる人が
まさかの子供嫌いですごくショックだった
子供達なんていつも歌ってる大好きな歌の作詞家で、
自分のおばあちゃんのように慕おうとしてた人に拒絶されて本当にショックだったと思う

その後詩人から作詞した時の思いとか色々聞いたけど何も入ってこなかった
子供達がお礼に園歌を歌って見送ったけど皆しょんぼりしてた
今では妹と笑い話にしているくらいだけど、トラウマになった園児もいたのではないかと思う

合唱曲の動画を探していたらたまたま作詞がこの詩人だったのでブログを検索したら
およそ20年前の当時と変わらない(むしろ若返った?)詩人の写真を見て衝撃的だったのでカキコ