カテゴリ: キチママ・きちがいの記事一覧
2017年10月18日 カテゴリ:キチママ・きちがい  コメント:(0)
935: 名無しの心子知らず 2013/04/23(火) 21:39:24.97 ID:1H4MGMpJ
留守番してた息子から泣きながら電話が掛かってきて何事かと思って引き返して帰宅した。
泣きじゃくってる息子に事情を聞き、玄関に設置してた監視カメラの映像をチェックしたら絶交した泥常習元ママ友の姿が。
息子は「お父さんとお母さんは今留守です」とインターフォンの電話?に出て対応。
元泥ママ友は【家には子供一人、静かな子だから勢いに任せて鍵開けさせれば家ん中物色できる】と思ったのか執拗に家の中入りたがってた。

「ケーキ持ってきたの!開けて!お母さん来るまで中で待たせて!」とドンドン。
「お母さんに言われたとおりに知ってる人が来ても絶対にドア開けたらいけない」って言葉を遮るように「いいから開けてよ!おい開けろや!グズ!」と信じられない暴言。
諦めた元泥ママ友は最後にドアを強く一蹴りして帰宅。
ちなみに元泥ママ友の手にはケーキらしき荷物なんて持ってなかった。
とりあえず明日保護者達にこの映像を見せる予定。
今まで何人も泥被害にあってる人が居て元泥ママ友を転園させるよう訴えてるが対応してくれないので、転園せざる得ないように攻撃して追い込む予定です。
いつか本当に空き巣被害に遭う人がいるかもしれないんでね。
2017年10月12日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
845: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/31(金) 16:04:56.07 ID:unXtj12+
大したことないかもしれんが投下 
この間ネズミーランドに行った時のこと 
城に向かって左側辺りにあるレストランで昼を食べたんだ 
向かいにステージのあるとこ 

で、注文したトレイを持って席を探してたらベビーカーにぶつかりそうになって、 
「危ね~だろ」ってキチママに睨まれた 
そこまではまあ良かったんだが、ママ夫が宥めながら 
「ほら、中の方空いてるよ。寒いから中にしよう」 
って言った途端に、さらにブチ切れ

「はあ?ざっけんなよ、バッカじゃね~の?
中に入ったらステージ見えねえだろ、ボケ
全く使えね~な、カス、タヒね!」
と全力で罵り、こちらをギロリと睨んでから外に出て行った
ママ夫は死んだ魚のような目で無表情について行ったよ
初めてキチに遭遇したから、凄く衝撃的だった
やっぱりあの赤ちゃんは托卵だったのだろうか・・・
2017年10月07日 カテゴリ:GJ ・ 武勇伝 ・復讐  コメント:(0)
202: 1/3 2009/12/13(日) 02:18:40 ID:pzca3sh5
都内の某有名お花見スポットに
お花見に行ったときのこと。

その日は前日とは打って変わって
やけに気温の低い日だった。
温かい飲み物を求めて、最寄のスタバには客杀殳到。
私も店外に伸びた長蛇の列に加わって並んでいた。

暫く並んで、お店の入り口も
もうすぐというところまで来た時、肩を叩かれた。

振り向くと、シロガネーゼ(古)風の
巻き髪お化粧ばっちりの女性。推定35歳。
「これお願い。一緒に買ってきて」と紙を差し出す。
紙はぐっちゃぐちゃに書かれた飲み物のオーダー。
しかも「低脂肪乳で」「ホイップ追加」など
注文がうるさい。

事情が飲み込めず、ていうか誰この人?
などと頭が混乱して固まっていると、
「だから!これを買ってこいっていってるの!」
と追い討ち。え??


「だからぁ!子供が小さいから!
子供って体が繊細なの!
風邪引いたらあなた責任取れるの?」


「…?」

女性が指差すほうを見てみると、
同じようなテイストの女性が数人とちびっ子たち。
どうやら「ママ友」たちとお花見に来た模様。


「あなたどうせ並んでるんだから
一緒でしょって言ってるの!」


「……?」


「メモ早く受け取りなさいよ。
…あなた日本語通じる?日本人じゃないの?」

呆気に取られて声が出なかった私だが、
ここでようやく一言発することができた。
ただし大いに混乱していたため、
「どちらさまですか」という間抜けた一言。

我ながらアチャーと思ったところ、
すぐ後ろから若い女の子が爆笑する声が聞こえた
(手叩き付き)。

振り向くと、私の後ろに並んでいた
派手目なギャル2人(以下仮名Aちゃん・Bちゃん)が、
腹抱えて大爆笑していた。
(ちなみに二人ともモデルさんのような美人だった)
2017年10月05日 カテゴリ:キチママ・きちがい  コメント:(0)
107: 名無しの心子知らず 2012/09/08(土) 13:33:53.76 ID:mEtdDwn1
文才がないことだけ先に言っておく。

ついこの間、引っ越すので新しい家具を注文したら、昨日お店から電話を貰った。
もう届いたのかな、早いなぁ。と思ったら全然関係ない事だった。

「あの、代理の方とかいらっしゃいますか?」だってw
え、なんですかwそれって思って聞いたら、店員さん曰く
「私さんの代理で来た、私さんが引っ越すので家具は家に送るようにお願いします」って言うお客さんが来たらしい。
でも、そんな事できるわけないし、確認するために家に掛けてきてくれたらしい。 

そんで、誰なのかなと思って店員さんに聞いたら、その人頑なに答えなかったみたいで  電話の奥の方で「もういいわよ!!」って怒声が聞こえて、店員さんが「あ、帰りました申し訳ありませんでした」って  言って電話はそこで終了。怖いなぁと思って電話を置いたら突如鳴る電話。
2017年09月27日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
377: 名無しさん@HOME 2012/12/08(土) 12:42:51.00 0
終わった話。くそむかつくので注意。

当時30の兄が結婚したいと同い年の彼女を連れてきた。
彼女はシングルマザーで女の子が一人いるとその時に告白した。

彼女は31歳で子供は14歳。
高校一年の時に先輩としちゃって妊娠したことに気が付かず、親がおなかが大きいことに気が付いて騒いだときにはもうおろせない時期だったので産んだそうだ。

高校は中退したが、相手は逃げてしまったのでずっと一人で親の助けを受けて育てて来たそうだ。 
うちの親はドン引きだったけど、兄が結婚したいと言うのに反対もできず受け入れた。 

後日連れてきた娘は、敬語もしっかりしていて清楚なかわいい子で 
親はこんな子に育ててるならと納得して結婚話も先に進んだ。 

ぶっちゃけちゃうと娘は祖父母と同居の兄夫婦にぶん投げられて育てられて、躾も身だしなみもすべて伯父さんのお嫁さん仕込だった。 
一人で苦労して育ててますっていうから信用した馬鹿なうちの親と兄。 

養子縁組してほしいと頼まれて、兄と養子縁組してマンションも買って三人で暮らし始めた。
成績もいいので有名な私立女子高に進学し学費も兄が出した。