カテゴリ: DQN・ 非常識の記事一覧
2019年01月23日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


440 :拝啓、鬼女様 2016/04/02(土) 17:49:45 ID:xY2xHZ+6.net
何年か前に同人系イベントの主催者をやらされました。
それまでコミケ等では売り子をやった事は有りましたが
スタッフは全くの未経験、ハッキリ言って嫌でした。
そもそも、何でこのような事になったのか…
私の住んでる地域はとある団体がほぼ全ての同人系イベントを
仕切ってる状況であり、それに対して不満を持ってる方が大勢居て
何か新しい事出来ないかと某掲示板で話し合われた事が切っ掛けでした。
「それなら自分たちで新しいイベント立ち上げれば?」との提案が有り
それに釣られた私を含む数名の方が集まって話をする事になりました。
その場に居たメンバーは他県のイベント主催者とスタッフ、
地元の団体から離脱した元スタッフ数名、全くの未経験者で有る私。

私自身はスタッフ未経験だったのでイベント団体が立ち上がる歴史的瞬間を
見てみたいと言う事もあり仮に手伝ったとしても下っ端程度と思ってました。
話し合いの場に居た方全てが同人系イベントの主催者やスタッフ経験者でしたが
予想に反して主催者は何故か私。地元の元スタッフが矢面に立つと
問題が発生する可能性.が有る事から全く関係無い人が
やる方が良いだろうと言う事と当時の私が無職だった事からでした。
この時、逃げだせば良かったと今でも後悔してます。
2019年01月15日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


125 :拝啓、鬼女様 2016/06/02(木) 23:51:02 ID:Xm7nzKXA.net
自分じゃなくて友人が目撃した修羅場な現場

大阪のミナミにある宗右衛門町っていう、ホストクラブやキャバク●、無料案内所だのが集まった所謂「夜の街」での出来事。並んで歩いてた3人組の若いホストのうちの1人が杖をついたお爺ちゃんにぶつかった。

「ジジイどこ見て歩いとんじゃゴラ!」

と、ぶつかったホストがお爺ちゃんに掴みかかった。

大阪の人なら分かると思いますが、そこは車同士が対向出来ないぐらいの道端&両端に通行人が行き交う狭い路地。
ただでさえ狭い道幅を占めて歩いてたホスト側に非があるのに、お爺ちゃんは「すいません、すいません」と丁寧に謝っていた。
そんな物腰の低いお爺ちゃんの態度にホスト達が調子に乗り、
「うわ今ので怪我したわ~w病院行かなアカンな~ww」
「おいどないしてくれんねんジジイ!」

と、恐喝じみたことをしてきた。
それでもお爺ちゃんは「すみません、すみません」と謝るばかり。そこでとうとうぶつかったホストが

「てめーふざけんなよゴラ!」

と、お爺ちゃんの杖を蹴り飛ばした。
ここら辺で周りに集まってきた野次馬がざわつくも、関わりたくなさげに遠目から見ていただけだった。

お爺ちゃんは困った顔をしつつ、「そうですか・・・。すみません、そうしましたら家内の者を呼ばせて頂きますから・・・」と、電話を取り出してどこかに連絡した。

長文になるので1度切ります。
2019年01月13日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(0)


44 :拝啓、鬼女様 2015/05/30(土) 06:47:38 ID:TvWTGmmJ.net
定番だがうちの会社の駐車場に土日に無断で定期的に停めてく車が出てきた
比較的、駅が近いわりに広くて余裕のある駐車場だったんで狙われたんかな
そこまで邪魔になるわけじゃなかったけど警告しても音沙汰なしで2ヶ月くらいたつとさすがに社内でどうにかしようってことになった

うちの会社は油を扱ってる会社で同じ敷地内に運送部門もあり、常時ドラム缶が100本以上在庫されてる
ドラム缶って中身によって違うんだけど重いものは1本300kgくらいあって、慣れた人間だと簡単に転がして移動させれるけど普通の人じゃまず動かせない
運送部門の人に頼んだら、ものすごい乗り気でトラックに20本くらい在庫品載せて駐車場に持ってって車をドラム缶で完全に包囲
その間わずか30分、プロってすごいわ

その後は特におもしろいこともなく普通に月曜日にリーマン風のが謝罪にきたらしい
動かそうとして潰されて発見されたりすればおもしろかったのにw
2019年01月13日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


42 :拝啓、鬼女様 2019/01/08(火) 16:28:59 .net
顔立ちが整ってて家庭面でも苦労したことなさそうな女には、少々意地悪しても
かまわないと思ってること。
この考えで中高でターゲットを、ひとりは不登校、ひとりは2年間ぼっちに追い込み
パート仲間を退職させ、ママ友をサークルから追い出しましたw
我ながら意地悪かなあとかいつかバチがあたるかなと思ってるけど反省はしてないし
いまのとこはバチも当たってない。
何もかも持ってるような人間には、少々精神的に意地悪して苦労させてやるのが
正しいのかもとすら考えてます。
2019年01月12日 カテゴリ:姑・義親族  コメント:(0)


497 :拝啓、鬼女様 2018/09/19(水) 19:27:21 0.net
義妹は義兄嫁のことを
「長男の嫁なのにお父さんたちを立てようとしない。
産前産後で3ヶ月も実家に帰るなんて非常識。
嫁実家近くでお宮参りしたのも非常識。
子供だけ連れて顔見せに来るとかしてもいいのになにもしないなんてお父さんたちが可哀想」
ってボロクソに言ってたクソ(義母コピー)
義兄夫婦は新幹線の距離だっつーのにこんな奴らがいる場所に来るわけないじゃん
そのあと一年もしないうちに、自分が産んだら、産前産後に半年以上里帰り。
もちろんお宮参りもろもろのイベントも自分の実家でって本当にクソ
挙げ句の果てには自分も長男の嫁になったくせに
「九州の長男の嫁になったからには~」と義兄嫁叩いてる
馬鹿すぎて相手にするのイライラする
反撃したら「おねえさんにそんな風に思われてたなんて怖くて夜眠れなくなった」って…性.悪すぎる
2019年01月10日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(0)


967 :拝啓、鬼女様 2016/10/25(火) 23:10:24 ID:C6t
ふと思い出したので投下します。
長文なので分割します。初投稿なんで、わかりにくい部分もあるかと思うけどスルーしてください。


約20年前の、夏の夜の話。
私と彼氏を含めた十数人の友人グループで、数台の車でつるんで深夜のドライブを楽しんでいた時のこと。
いつの間にか「肝試しに行こう」という話になっていた。

しかし、私は大反対。
他の女友達数人も私に同意してくれ、その手の場所に遊び半分で立ち入るのは良くない、と必タヒに肝試し敢行派を説得した結果、折衷案として『問題の建物には入らず、近くに行くだけ』という話に落ち着いた。

問題の建物というのが、崖上のホテルの旧館。
本来ならとっくに取り壊されるハズが、怪奇現象が連続発生した為に取り壊すことも出来ず、廃墟化して放置されているという曰く付きのもの。
今回は、そのホテルの新館(絶賛営業中)から少し下の方にある、暗いけどやや広めのパーキングスペースが目的地となった。
それなら大丈夫だろうと安心しきっていた私達は、道中ワイワイ騒ぎながら移動、あっさり目的地に到着。

途端、私は金縛りにあったように全身が強ばり、後部座席のシートから動けなくなってしまった。
同時に襲い来る、猛烈な寒気。
夜とはいえ夏なのに、まるで冷たいプールに浸かり過ぎた時のように歯をガチガチ鳴らして震えだした。

おかしい、おかしい、おかしい。

パニック状態で叫びたいのに、下を向いたままガタガタ震えるしか出来ないという異常事態。
同じ車に乗っていた彼氏や友人達はサッサと降りてしまい、独り取り残されてしまった。

早く離れなくちゃ、誰かに伝えなくちゃ。
その一心で、何とか首を動かして窓の外……皆がいるはずの方向を見た。
すると……あるはずのものが、ない。
いや、正確には『ある部分だけが歪んだ空間で覆われていた』とでも言えばいいのだろうか?

そのパーキングスペースの中央部分には、車のライトに照らされた大きな石碑があるはずだった。
しかしその石碑だけが、私の視界から排除されてしまっていた。
恐ろしくなり、慌てて視線を下に戻す。
2019年01月07日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)


183 :拝啓、鬼女様 2016/04/19(火) 03:29:46 ID:KYr
中学3年生が全国学力テストを受けると話していて、ふと嫁と話してたことを思い出した
「嫁の地元って、みんな塾行くのが当たり前みたいな風潮だよね。今でも。俺の地元じゃ塾なんて行ってる子供の方が少なかった」
「私の地元、近い高校が新設された偏差値68の進学校か歴史ある偏差値40の農業高校しかなかったからね。どちらにも落ちると、私立でさえバスと電車乗り継いで往復二時間以上かけないと行ける高校なかったから
雨の日なんかバスこなくて親の送り迎え必須になるから皆必タヒ」
「みんな農業高校行きたくなくて勉強してたんだ」
「違う、塾行かないと農業高校さえ入れなかった」
「え、倍率高かったの?」
「違う、普通に皆アホだった。成績表に2が入ってたら農業高校でさえ厳しいのに、オール3ですら維持できない子が多かった」
「え?偏差値40でしょ?普通の公立って偏差値45くらいない?」
「私が丁度中3だった頃、全国統一学力テストだかなんかそんな名前の国が実施したテストあったの知ってる?」
「うん、弟が丁度中3で受けてた」
「そのデータが届いて、学校全体の偏差値が出たんだけど、私の学校34だった」
「え」
「一般的には公開されてないらしいんだけど、あまりに低すぎて教師が絶句して届いたデータ印刷して配ってた」
「マジで?」
「家に当時の記録残ってるよ。ちなみに私は偏差値65と出てたけど、驚くべきなのは中3が250人ちょいいて、私は学年で40番台だったこと」
「まって、じゃあ上位五分の1は少なくとも偏差が60超えてるんだよね」
「そうなる、でも学校全体だと34」
「ちなみに一番低い子だと」
「クラスで何人か一桁の子がいた」
「落差が凄いな」
「ちなみに低い子は軒並み塾に行ってない子たち。それくらい私の地元は中学のレベルが低かった」
「嫁の母校だけじゃなく?」
「両隣の町もだけど、生徒数を一番多く抱えてる中学はどこもおなじレベル」
「嫁はそんな劣悪な環境で進学校受かったんだ」
「学校の勉強なんて聞いてなかったよ、だって全科目教科書終わらなかったから」
「・・・」

公立高校でこんな劣悪な場所があると知って驚いた
俺も嫁もゆとり世代だけど、嫁の中学では中卒で専門学校に行って就職したり
中卒で家の仕事(部落があるので風イ谷とか表立って言えない仕事)の手伝いをする子もいたらしい
実際嫁と地元を歩いてた時、昔のクラスメイトと言う人に嫁が絡まれ
「うちの親父の店(風イ谷店)で働かないか。おなじ中学のヤッピーやユキノやリンカらも働いてるぞ
俺は公務員だから今は店やってないけど口はきけるからさぁ」
としつこく付きまとわれて勧誘されたこともあった
なんだか地域の闇をみているようだった
2019年01月07日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


793 :拝啓、鬼女様 2017/06/04(日) 16:46:18 ID:oKDPK9zQ.net
知らないところで不倫をしていると決めつけられていた話
かなり長文です

元職場の先輩(40代既婚子持ち)が思い込みの激しい人だった
仕事の話をしているだけで「○○(私)は俺に興味があるから話しかけるんだ!」や
会社携帯に仕事の相談の電話をしたら「俺のことが好きなんだ!」や
仕事PC宛に業務メールを送ったら勝手に行間を勘違いして読んだりなど、様々
とはいえ彼は心の中でだけ勘違いをしていたため、周囲にその話はしなかったので私も周囲も一切気付かなかった

ある日彼は私からの求愛wに応えるべく奥様に離婚を切り出した
当然驚いた奥様は理由を尋ねてさらにびっくり
彼の中では既に私とお付き合いをしていたらしく、私の名前・携帯番号なども提示
即私の携帯に奥様から怒りの電話がかかってきた
悪魔の証明というのか、不倫をしていないという証拠なんてあるはずもなかった
メールのやり取りも電話のやり取りもありませんと言えば「履歴などは削除したんだろう」と言われるし
原因である元先輩は私と付き合っていると言い張る
八方塞がりとはこのことかとパニックになった

結局元先輩夫婦は離婚し、私の元には内容証明郵便で慰謝料の請求書が届いた
どこで調べたのか私の実家にも同じものが届き両親は烈火のごとく怒ったし、
更には会社の支社長宛にも私と元先輩の不倫リークが届いた
会社だけでなく親にすら何もしていないと信じてもらえるまでかなりの時間がかかった
精神的にもボロボロになった私の髪は抜け、500円玉サイズの円形脱毛がいくつも出来た
居づらくなって会社を辞め、自●も考えた

両親のすすめで弁護士を立て民事裁判を起こすことが決まり、実は今もまだ係争中
これが終わるまでは私の修羅場は続くと思う
2019年01月04日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(1)


32 :拝啓、鬼女様 2016/04/15(金) 21:30:25 ID:2PU
たまに老若男女問わず挨拶した瞬間からこちらを激しく避ける人がいる

あるチャラ男は「あっあっ」とビクビクして目を逸らしロボット対応になり
ある女性.は目すら合わせようとせず体ごと避け
あるオッサンは間接的にだけど不倶戴天の勢いで侮辱してきた
本当に挨拶したその時から嫌われるが全く身に覚えが無くて怖い
皆自分以外には明るく接してるし、周囲の人も特に疑問に感じてなさそうなのが凄く謎

ちなみに私はコワモテとか不思議ちゃんとか口臭とかエキセントリックな要素は特に無い地味系、社交性.はそれなり
もちろんほとんどの人はごく普通に接してくれる
多少霊感があるのでそれかな?と思ったけどハッキリわからん
よくあることなんだろうか…
2019年01月01日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


957 :拝啓、鬼女様 2012/07/20(金) 07:24:38 ID:JNX5V1GA0
うちは子供の出産祝いのうち義実家に来た分はをすべて開封された上で渡された。
金額を教えて欲しければ頼めばいい事だ。
何か穢された気がした。
渡すのを忘れていたとかで1年後に持ってきたのもあったので全部よこしたのかも未だに不明。

友人がお金を出し合って希望のダイニングテーブルをくれると言っていたのを猛反対され「お金で」と言って来た。
結婚後も我が家に来るとめぼしい物を見つけると「これどこの?いいねー。」と抱きしめて離さなかったし露骨に欲しがったりした。
ほんと泥棒みたいだ。