カテゴリ: ほっこり・ほのぼのの記事一覧
2021年03月31日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


415 :拝啓、鬼女様 2021/01/08(金) 13:23:58 ID:FS.uw.L1
現在求職中。
転職サイトに登録して、企業の求人をチェックしてたら、ある企業の福利厚生欄に
「フリードリンク」とあった。
お茶とかタダなのか、それはいいなあ、と思ってよく見たら、ドリンクの例に
「コーヒー、お茶、ビールなど」
いや、会社でビールはダメだろ
でも正直、ただのビールはうらやましいです。

残念ながらそこの企業は、条件が合わなかったので、応募はしなかった。
本当に残念だ。
2021年03月22日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


219 :拝啓、鬼女様 2013/06/05(水) 07:10:49 ID:bkwLTgdo
3泊4日の旅行中、朝食時にホテルの近くにあったある喫茶店を利用していた。

そこの喫茶店の混み具合が恐ろしいほど凄かった。
席は80席くらいあったと思うんだが、朝っぱらからいつも満席状態だった。
その喫茶店以外に特に朝食を摂ることが出来る店がなかったんで
そこに行っていたわけだが、とにかく毎日凄い混みようだった。

しかし混んでいるせいなのかミスがかなり多かった。
まず初日はタマゴサンドを頼んだのにツナサンドが来た。
ちょっと信じられないことだが、トーストに付いてくる茹で卵を割ったら
ほぼ生卵状態だった(一応気持ち程度には茹でられていたが…)。

俺の近くにいた何人かの客たちも、
注文した物と違う物を持ってこられたりしていたようだった。
近くに座っていたおっさんはコーヒーのみ注文していたが、
何故かプリンアラモードが持ってこられていた。
店員は本当に焦っていたのか、
「お待たせしました!プリンアラドーモですっ」とか言っており、
勢いにのせられたのかおっさんは「どうも!」と言っていたww
店員が去ってから「うわ、間違えられた…」と言ってたが結局食べていた。

ミスが多発しているのにめちゃくちゃ混んでいたことに衝撃を受けた。
でも確かにミスを受け入れても良いぐらいに旨かったし、
店主の人柄も良かったわ。

半熟にもほどがある茹で卵はさすがにかえてもらったが。
2021年03月09日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


722 :拝啓、鬼女様 2020/12/25(金) 06:55:56 ID:3b.1b.L4
薄い茶と白のチェックを着て行ったら
どんだけ猫好きなんだよw
と突っ込まれて
ハァ?
と意味を聞いたらその頃家で飼っていた猫が
薄い茶と白のタビーでそれに合わせたんだろうと。
それを言われて、ハッとして
言われてみればお揃いだな、と気分良くなって
そのシャツを着る頻度が増えて
他にも薄い茶と白の服や小物を買うようになった。
2021年02月07日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(1)


134 :拝啓、鬼女様 2015/09/09(水) 12:16:42 ID:oas
今日届いたヤフオクの落札品
包装材の中になぜかキンクマハムスターがいた。
出品者に聞いたところ、行方不明で探していたそうだ。
生きててよかった!
生きててよかった……!
2021年01月05日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


891 :拝啓、鬼女様 2020/11/17(火) 21:01:08 ID:nh.hu.L1
親戚の子が高校生のお正月スポーツで全国大会に行くことになった
幼児期には白雪姫のビデオを見て
「白雪姫タヒんじゃった~!」と大号泣して
親戚で集まれば私の隣に座りたいと言って座ったり
朝早くから私に保育園で覚えたダンスを見せにやってきたり
彼の従姉妹と共にエヴァの映画を見せたら初号機暴走にビビったり
小学生になったら雷が怖いと泣き出したりと可愛い臆病者だった
そんな子が全国大会か
でも小さい時のイメージのまんまだな
中学生の頃に言ってた夜寝る時に「ゾンビが出てきたらヤバいから!」
と布団に早く潜るシミュレーションはまだ続けてるのだろうか
2020年12月29日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


5 :拝啓、鬼女様 2016/08/30(火) 20:10:28 ID:hTs
大学は工学部だった。
男ばっかで、男子校のノリで馬鹿ばっかやってた。

ある時、デザイン工学の奴が研究室の合間に石像を作った。
本当の卒業制作とは別に、何となく記念に。

なかなかかっこいい出来だった。
しかし、教授に黙って材料を使ったので証拠隠滅のために
ドライブがてら、結構遠くの場所に仲間みんなで捨ててきた。
ついでに記念写真をとった。
2020年12月25日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


816 :拝啓、鬼女様 2020/10/27(火) 22:41:42 ID:sB.8d.L6
昼寝している時に、物凄く美味しいものを食べる夢をみた。
新鮮なレタスに、薄く切って焼いたお餅と肉を乗せて巻いたものだった。
何の肉か分からないけど、醤油ベースのタレで炭火で焼いた様な香ばしい味で
お餅は適度な弾力と柔らかさで、餅自体の味が濃くて
他にトマトか何か酸味のあるものが入っていた気がする。
実際に食べた事も見た事もない物体だったけど、物凄く美味しくてニヤニヤしながら目を覚ました。
再現できるだろうか。
2020年12月17日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


712 :拝啓、鬼女様 2020/09/08(火) 21:57:25 ID:Of0
昼休みに食堂ソファーで昼寝していたら、女子社員グループの井戸端会議の声が聞こえてきた。

後輩社員「先輩、ウチの娘も好きな男の子ができたみたいなんですよ」
先輩社員「ふーん(あまり興味なさそう)」
後輩社員「一年生の時からずっと同じクラスで、同じテニス部らしいんですよ」
先輩社員「なんで私に言うのかと思ったら、ウチの息子じゃない。あのバカならご自由に。熨斗付けてあげるから。」

後輩社員「ありがとうございます。で、娘が可愛い母親としては、どうやって応援したら良いですかねえ。」
先輩社員「娘ちゃん、料理が得意だったよね。借りていたビデオを息子に渡して、明日の晩に持って行かせるわ。そのまま捕獲して、一緒に夕食を食べさせてあげて」

キャーという歓声が、他の女子社員から上がる。

お釈迦様の掌で暴れる孫悟空って、こんな感じなんだろうな。
2020年12月02日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


292 :拝啓、鬼女様 2020/09/23(水) 22:36:14 ID:kU.hd.L1
見たい番組があってテレビを付けたら手話ニュースがやってて
すごく爽やかな笑顔でお尻をフリフリし続けてる男性手話通訳さんと
「あの人気アニメのキャラクターが~」って音声が同時に目と耳に飛び込んできた

えぇっ!?このお尻フリフリも手話の単語の一つなの…?って戸惑ってよく見たら
女性の手話通訳さんが隣に立ってニコニコ笑顔でニュース内容を伝えてた

全身を使って「春日部の五歳児」を伝えようとしてる
男性手話通訳さんのプロ意識すごい

手話は全然分からないけど、一瞬で何のアニメキャラかわかった
2020年11月22日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


337 :拝啓、鬼女様 2020/09/24(木) 23:02:04 ID:J9.yk.L1
俺は外見では健康そのものだが、体内に爆弾を抱えてる障害者
そのせいでたまに外で急に具合がわるくなったりする
そんなとき見ず知らずの人が声をかけてくれたりするのだが、不思議と女性が多い
もちろん男性も声をかけてくれる人はいるし、男女ともに苦しんでうずくまる俺をキモいとか貶す人もスマホ向けてくる人もいるが
キモいオッサンの俺にも声をかけてくれるのは8割くらいの確率で女性だ
男性は誰かが声をかけてくれた後に声をかけてくれる印象が強い

俺は学生時代オタクを隠すこともなくかなりキモオタだった
高校生のとき、デブだったから階段ですっ転んで片足がバキバキに折れた
外の歩道橋での出来事だったが、周りがドン引きして俺に冷たい視線を送る中、最初に声をかけてくれたのはそのときも女性だった
入院して手術して松葉杖ついて学校にいったんだが、教室は3階
置き勉禁止の学校だから、教科書や辞書や参考書で10キロはあるカバンを持って松葉杖で片足で三階
俺の友達たちは特進クラスで、単なる進学クラスの俺の登校時間には早朝学習が始まってたから助けも求められん
マジ無理ゲー
汗ダラダラかきながら階段を登る俺を男子どもは馬鹿にしながら追い抜いていったが
俺をキモがってる女子たちは俺を見かけたらカバンだけは持っていってくれた
無論キモい俺のカバンなのでかなりイヤイヤではあったが、それでも毎日女子の誰かが助けてくれた
あのときは普段俺のことをキモがって嫌う女子全員が天使に見えた
女子がいなかったら惨めすぎて不登校になってたかもしれん

なんかこの話をすると女子に夢見すぎ、美化しすぎ、みたいに言われるが
女子も女子で男子よりえげつない言葉で俺のこと罵ってきたりする
バイキン的な扱いはもうずっとされてきてた
大人になった今でも女性からの心無い罵声は浴びせられることもある、デブだし
それでもマジでどうしようもなく困っているとき、不思議と声をかけてくれるのは女性が多いのが俺の現実なんだよな
普通にしてるときにヘルプマークに気づいて交通機関で席を譲ってくれるのは男女差無いように見えるんだけどな

最近だが、体調悪いフリをして声をかけてきた女性を狙う犯罪者の話を見たが、情けなくて言葉にならない
女性はそんなリスクを負いながらも声をかけてくれるのかと思うとやっぱり俺の中でこれまで助けてくれた女性は全員天使だ
むろん助けてくれた男性も天使だ、すっげー感謝してる
俺は直接的な人助けができるような体じゃないから稼いだ金を募金するくらいしかできないけど
世の中は俺を助けてくれたような人たちがいるから平和なんだろうな

このページのトップヘ