カテゴリ: ほっこり・ほのぼのの記事一覧
2017年03月18日 カテゴリ:ほっこりする話  コメント:(0)
286: 彼氏いない歴774年 2009/12/17(木) 13:47:00 ID:vP4SKtqg
コンビニにて
女(色白小柄で可愛い。20代前半くらい)
男(若い格好はしてるけど30代半ばくらい)
女が男の腕にしがみついてる。
男「女ちゃんクリスマス何ほしい?なんでもいいで、いってみ?」
女「お金」
男「‥お金かぁ‥そっかぁ‥。いくらほしいの?」
女「‥」
男「何か買いたいものあるなら俺が買ってあげたいし」
女「‥あーもー!男くんの、そういう優しすぎるとこ嫌いっ。やだっ!」
腕を放して離れてく女。

男が追いかけながら
男「ごめん。もう俺、女ちゃんが可愛くてしゃあないんや。何ほしかった?言ってみ?」
女「‥‥ハーゲンダッツのモナカのやつ食べたい」

そこで男ニコニコになって女を抱きしめて
男「かわいいなぁぁぁぁ。一生買ったる!」
と言ってた。
女はさっさとアイスのある場所へ歩いていった。

私にも買ってほしい。
ハーゲンダッツ食べた事ない。
2017年03月10日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(2)



792: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/10(金) 10:36:32.55

世間から見たら全然大した事がないんだけど個人的にトラウマになってる修羅場。

私は昔から理系科目が苦手だった。
数学は、基本の公式は出来ても文章問題や応用問題が全然出来ない。
どんなに考えても出来ないし、誰かに教えて貰ったら、解き方を教えて貰った問題は出来るけど
別の問題が出てくると全く解けなくなる。
どんなに話を聞いても、教科書や参考書を見ても全然駄目。分からない。
化学式も同じで、どんなに元素記号や繋がる手の数を覚えても全然計算が出来なかった。

でも、周りの人は「お前が何も考えていないから悪い」と言われ続けた。
どんなに頑張っても授業を聞いても分からない所を聞いても分からないのだと言っても誰も信じてくれなかった
塾の先生に分からない所を尋ねたら
「どうして自分で考えようとしないの」
「文章問題なんて国語が出来れば解けるのにどうして分からないの、問題文にヒントが全部出ているのに」
といつも叱られていた。
親にも同じ事を言われた。化学式なんて元素記号とひっつく手の数さえ覚えれば出来るのに
お前が怠けているから悪いんだと。
あまりに叱られ続けて疲れ切ってしまい、高校生当時は陰湿ないじめに遭っていた事もあり
次第に不登校気味になり授業も真剣に聞かなくなった。
私立大学の文系に進学する時には理系科目を捨てていたので、さほど困る事はなかった。
ただ、あまりにも理数系の問題で怠け者扱いされ続けたせいで、もう分からない所を誰かに尋ねるのが怖くなっていたし
数式を見るだけで吐くほど数学が大嫌いになっていた。



2017年03月06日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(6)
949 :名無しさん@おーぷん
そういえば集団面接の時にマジック披露して受かった奴(以下A)がいる。
俺はそこは落ちたが受かった同じ大学の知人がその人は今は出世街道まっしぐらだって言ってた。

面接官「君の趣味の欄にマジックってあるけど今何かできる?」
A  「はい。大丈夫です」
面接官「本当に?じゃあやってみて」
A  「失礼ながらお子様がいらっしゃる方はいますか?」
面接官の1人が小学生の子供がいるよ〜って言った。
そしてその面接官の目の前に行って上着を脱いで腕を隠して
A  「ではその子にあげて下さい」
上着の下から全長30cmぐらいのクマのぬいぐるみが出てきた。
本当にこれにはビックリして面接官も面接受けに来ていた奴も滅茶苦茶驚いていた。
どうやっても隠し持てるサイズじゃないぬいぐるみが出てきたから。
面接前の待機の時にもスーツが膨らんでるとかそういうのは全く無かった。
というか大事な就職面接の時にそんなネタ仕込んでおく度胸も半端ない。

知人によると度々社内でもマジック披露して可愛がられているらしい。
腕前はプロ級って言ってた。
社内でネタバレもしたことがないらしく魔法使いと言われてるそうだ。
世の中には本当にすごい奴がいるってことを思い知った。
2017年03月06日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)



792: 名無しさん@HOME :2014/10/10(金) 10:36:32.55

世間から見たら全然大した事がないんだけど個人的にトラウマになってる修羅場。

私は昔から理系科目が苦手だった。
数学は、基本の公式は出来ても文章問題や応用問題が全然出来ない。
どんなに考えても出来ないし、誰かに教えて貰ったら、解き方を教えて貰った問題は出来るけど
別の問題が出てくると全く解けなくなる。
どんなに話を聞いても、教科書や参考書を見ても全然駄目。分からない。
化学式も同じで、どんなに元素記号や繋がる手の数を覚えても全然計算が出来なかった。

でも、周りの人は「お前が何も考えていないから悪い」と言われ続けた。
どんなに頑張っても授業を聞いても分からない所を聞いても分からないのだと言っても誰も信じてくれなかった
塾の先生に分からない所を尋ねたら
「どうして自分で考えようとしないの」
「文章問題なんて国語が出来れば解けるのにどうして分からないの、問題文にヒントが全部出ているのに」
といつも叱られていた。
親にも同じ事を言われた。化学式なんて元素記号とひっつく手の数さえ覚えれば出来るのに
お前が怠けているから悪いんだと。
あまりに叱られ続けて疲れ切ってしまい、高校生当時は陰湿ないじめに遭っていた事もあり
次第に不登校気味になり授業も真剣に聞かなくなった。
私立大学の文系に進学する時には理系科目を捨てていたので、さほど困る事はなかった。
ただ、あまりにも理数系の問題で怠け者扱いされ続けたせいで、もう分からない所を誰かに尋ねるのが怖くなっていたし
数式を見るだけで吐くほど数学が大嫌いになっていた。



2017年03月03日 カテゴリ:小学生  コメント:(1)


612 :名無しさん@おーぷん
なんだっけ、ハーフ成人式だっけ10歳で子どもが親に
生んでくれてありがとうみたいな手紙書いて
うちの子供の時はまだ、そんなのなかったんだけど
多分、実際子供におかあさんありがとうと読まれたら
泣けると思うけど、なんかなぁ