タグ:宗教の記事一覧
2018年04月21日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



23: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金)11:31:51 ID:9ws
大昔受けた会社の研修が凄かった。
主な内容は土下座の訓練、ポンチ絵でトラウマ発掘
出来なかったら「誠意を見せろ!!」

よし三行でできた。



2018年04月10日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(0)



389: 恋人は名無しさん 2016/11/21(月) 14:06:20.22 ID:r6ERSeEY0
もう別れたけど、元彼が拝む宗教に入ってることを付き合って1年経ってから言われた。 

向こうは12歳年上なのにたまに「1万円貸して。来月返すから」と言われ、 
翌月に返してもらうときに試しに 
「別に返さなくていいけど・・・」 
と言うと「そう?」とあっさり引っ込むところが嫌だった。 
こんなやり取りが何度かあって冷めた。 
お布施とかしてたのかな。

私より稼ぎも少なくて、それでいて政治には何か言いたいことがあるみたいで私に教えるような上から目線が嫌だった。 
その前にちゃんとした仕事と稼いでからにしろと思った。 

12歳年下の私を友人に見せびらかすのが好きだったみたいで、甲斐セイないくせに嫌になってお別れしました。



2018年04月03日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



15/04/13
去年の話、俺ちょっと長い休みがとれて山にこもってたんだよね。1週間くらい。

なんと2日目にして飽きたんだよ。3日目とかやることなくて全裸で沢で水遊びしてたんだ。

そこ、かなり山奥だったんだけど、上流から紙が流れてきたの。取ろうとしたら流されちゃったんだけど、上流に誰かいるってことだろ。

こんな場所で何してんだろなと気になって上流へ向かったんだ。ズボンは履いたよ。

まあ、人の痕跡があるある。火を焚いたあとやら折れた枝やら。痕跡たどってたら急に傾斜しておち窪んだようなとこに怪しいおっさんとオバサン見つけた。

それでしげみから観察してたんよ。2人で必死に穴掘ってるの。

オバサンはなんかじゅずみたいの取り出してじゃらじゃらはじめて、オッサンは穴の周りにロープはって米粒みたいの撒いてる。

ただの変質者かと思ったんだけど、オバサンの横に毛布にくるまった何かから子供の手みたいのが見えるの。俺勇気だして声かけたのよ。

「あなた方何してるんですか?」

って。

向こうは驚いたらしく大声で悲鳴あげるから、俺も思わず叫び声あげたよ。

冷静になってもう1回何してるの?ってきいた。

「何んでもないです」

「なんでもないって、それ子供の手でてますよ?」

「これは人形ですから」

そういっておばさん毛布をめくった。

確かに人形だったよ。精巧にできた木彫りの人形。まん丸な身体から手と足だけぴょんと生えたような、顔は人間とは言えない感じ。

なんだ人形か、って納得できる分けないけど人形埋めるな!とも言えないし、すんませんって戻った。

帰り際にババアがニヤニヤしながら愚かなドイドイ言ってくるしオッサンもドヤ顔で腹立ったわ。

あまりに腹立ったから翌日そこに行って埋めてたやつ掘り返してやった。

人形埋まってるかと思ったら俺のTシャツ埋まってた。

うわっ、これ絶対呪われたなと思いつつあらがうすべもなく、ババアが残してったゴミを代わりに埋めて帰ってきたw

山の中にいるやつには関わらないほうがいいぞ。



2018年03月22日 カテゴリ:因果応報  コメント:(1)



564: 名無しさん@おーぷん 2017/05/29(月)01:44:19 ID:7Ma
入院中の出来事。
隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話。

この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい。
最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた。

毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した。

「ねぇあなた、今どんな気持ち?」

男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、
何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた。
「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」

「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」

「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」

「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」

「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」

「お前のせいだ、お前が悪い」

これを来る日も来る日も繰り返してた。

男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた。

なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、
奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから。

長女さんに至っては

「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」

「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」

「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」

「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」

「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」

「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」

「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」

という言葉を来るたびに繰り返してた。

娘さんたち、まだ若くて学生かな。それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった。

奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った。
そのせいで俺が夜うなされたほど。

話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい。
それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう。

「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」

と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった。

次女さんは忌々しそうに

「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」

と吐き捨てていた。

その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに

「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」

と返されていて同情心が吹き飛んだ。

これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな。
こう言いつつも3人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う。

俺は先に退院したけど、男性は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた。



2017年12月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
199: 愛とタヒの名無しさん 2017/01/01(日) 10:26:55.03 ID:LNLYdy6o0
数年前の話。
とある宗教を深く信仰する新郎新婦と
その一族の披露宴に参列した
披露宴中、挨拶は議員とかばかりで、
その宗教の先生のお話をされてて、
盛り上がりの場面では「おー」って歓声があがる。
新郎新婦全く関係ない話でついていけなかった

プロフィールビデオでは
その宗教の教え?一言みたいなのが映ったら拍手が起きる
新郎新婦は高校大学とその宗教の学校出身で、
中学友人として呼ばれた私たちと
新婦の職場友人テーブルはポカンとしてた

ずっとその人たちが高砂席に居たから写真は一枚も撮れず、
帰るときも長々と壇上で挨拶していた
議員さんに挨拶してて喋れなかったよ。

新幹線の距離だったけどお車代も一切なく、
何より一言も交わせず、ないがしろにされたのが悲しくて。
披露宴中に言えなかったお祝いの言葉を送って、
おそらく同じテーブルに座っていた子全員がFOした。

披露宴して友達減らすくらいなら
しない方がいいと学んだ結婚式だった

新婦も察したのか追われることもなかったけど、
今日間違いなのか
新年の挨拶ラインが来たので思い出しちゃったよ。
返信面倒だなぁ