タグ:彼の記事一覧
2017年10月14日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
830: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/02/12(火) 09:39:10 O
今付き合ってる彼氏に籍入れられてた…
いや、好きだしいずれは一緒になりたいなーと思ってたし
彼氏の両親とも何度も会ってるけど……
「絶対結婚する!」と決意したわけじゃなかったから
「いずれ結婚するつもりだったんだろ?いいじゃん
早いか遅いかの違いだよ」
なんかおかしい
2017年10月13日 カテゴリ:モヤ  コメント:(0)
784: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)01:34:35 ID:sBi
今年入籍するつもりだった彼の身内に不幸があって、
結婚は先延ばしになったけど、同棲は始めた。

勤務時間等の関係で、家事は私がやる方が多いけど、
割とマメな方だし今のところ苦ではない。
彼は炊事は苦手だけどきれい好きだし、
私がやって当然な態度でもないので、不満もない。

ただ一つだけ、ちょっと困ったなと感じているのが、
彼が「白いごはん」を食べない、という点。
デートの食事は、お昼時なら麺類がほとんど。
夜は、どちらもお酒が好きなので、「白いごはん」を食べるようなお店には行かなかった。
手料理をふるまう時も、彼のリクエストに沿った料理や、
お酒のおつまみばかりだったので、全く気づかなかった。
彼から「白いごはん」が好きではないという話も、聞いた事がなかった。

私は逆で、「白いごはん」が好き。
家での夕飯はほぼ「白いごはん」とおかず、という組み合わせ。
食事については任せる、と言われていたので、彼にもそういう夕飯を出した。

初めての夕飯は
・牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒め
・焼きナス
・スモークサーモンと野菜のサラダ
それと味噌汁と「白いごはん」だった。

すると彼は「そういえば言ってなかったけど、俺、白いごはん嫌いなんだよ」と言って、
牛肉と玉ねぎのオイスターソース炒めを「白いごはん」にかけて食べ始めた。
二膳目は、味噌汁のお椀に直接「白いごはん」を投入して完食。

食べ物の好き嫌いはある程度はしょうがないし、
彼も「白いごはん」に他の味がついていれば食べる。
ある程度の汁気があるおかずなら、そのままかけて食べる。
汁気がないおかず、主に揚げ物(唐揚げ、トンカツなど)の場合は、
ごはんにのせて、唐揚げなら中華ドレッシング、
トンカツならソースを多めにかけて食べる。

私の料理に不満があるわけでもなく、ただただ「白いごはん」が嫌いなんだそうだ。
彼のお母さんに聞いてみると、小さい頃からずっとそうだったようで、
嫌いな理由は「味がないから」。

チャーハンやカレーライスやどんぶりものなら、出したまま食べてくれる。
私が「白いごはん」を食べるのを咎めるわけでもない。
無理に味のついたご飯を作る必要もない。
その日のおかずの中で味が濃い目のものを
「白いごはん」にかけて食べるからそれでいいと彼は言う。

別に私の負担が増えるわけでもないんだけど、
なんとなく、うっすらと、「なんかイヤだな」と感じてしまう。
こういうモヤモヤって、誰かに言ってもわかってもらえない気がする。
具体的に何が「イヤ」なのか、自分でもよくわからないわけだし。

今日は彼が留守にしていて、
私は一人で焼きサンマと野菜炒めをおかずに「白いごはん」を食べた。
彼はきっと焼きサンマと大根おろしをごはんにのせて、
醤油をたっぷりかけて食べるんだろう、って考えたら、
やっぱりちょっと、イヤだなあと思ってしまった。
2017年10月09日 カテゴリ:恋人・元カレ元カノ  コメント:(0)
869: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)19:09:44 ID:bmQ
かなり理不尽冷め

元カレはかなりの少食だった。
丼物小盛半分くらいで「お腹いっぱいになってきた…」とか言ってた。
そもそも炭水化物もそんなに食べないらしい。
食べる速度も遅くて、大盛り頼んだ私の方が先に完食するレベル。
食べ終わった私に追いつこうと必タヒになる姿を見て、段々申し訳なさが募ってきた。

しかし彼は少食なのに料理が上手く、よくご馳走してくれた。
ある日唐揚げをたくさん作ってくれたんだけど、レモン汁と甘辛ダレも用意してくれて、
甘辛→酸っぱい→甘辛で永遠に食べられるかと思った。
ふと彼氏の方を見たら、彼は飲み物だけ飲んでて
私が食べるのをお母さんみたいな優しい表情で眺めてた。
それを見たら何故か突然冷めた。
申し訳なさのメーターがいっぱいになったともいう。
私には一緒に食べ放題行けるような人じゃないと駄目だった。

別れる前に唐揚げのレシピを聞いたけど、あの味は自分で作っても再現できなかった。
2017年10月08日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)
841おさかなくわえた名無しさん 2016/11/11(金) 05:00:04.84 ID:WXUYcg2c
結婚を前提にお付き合いしている彼から、少し引っかかることを言われました。
言われたことというのは、
「専業主婦になるということは、俺の給料で君を雇っているのと同じこと。
仕事だという意識できちんとやるべきことをやって欲しい。」
というものです。

もちろん専業主婦業はきちんとやるつもりでいます。
働いてきれくれる彼に感謝しながら、きちんと主婦業をこなして、
卑屈になりすぎず生活していけたらと思っていました。
でも、彼自身の口から直接、はっきり立場が下だと言われてしまうと、
なんだかな・・・と思ってしまいます。わがままでしょうか。

現時点で同棲していますが、私担当の家事は一切手伝ってくれません。
その割に、自分の家事担当はいい加減な感じで私にお願いしてきたりします。
もし専業主婦になったら、この傾向はいっそう強まり、多分家事は一切手伝ってくれないのだろうなと思います。
でも、専業主婦なのだから、手伝ってもらおうだなんて考える事自体甘えているかな、とも思います。

ちなみに専業主婦は彼希望です。
彼に十分な収入がある上、私もそこまで仕事に思い入れがあるわけではないので、
やめてしまおうかなと思っていましたが、どうしようか迷っています。
2017年10月07日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
604: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/14(木) 15:45:24.05 ID:qb0cIn40
二年間同棲していた彼との間に結婚の話が出てきて、
私は軽い気持ちで「専業ってどう?」と尋ねた

そしたら彼は目を吊り上げて
「専業主婦なんて寄生虫だ。
そんな不良債権を養うつもりなんてない」と怒り出し、

挙句の果てに
「君がそんな思考の持ち主なんて思ってなかった。
もし考えが合わないなら別れるしかない」
とまで言い放った 

実は私は外資系の企業に勤めていて、
来月昇進が決まり、
給料も約1.5倍に増える代わりに忙しくなるので、
今まで私がやっていた家事を
彼に専業主夫として頑張って欲しいと思ってた

その旨を彼に伝えると、
さっきまでの怒りはどこへやら、
掌を返したように
「今の時代男の専業も悪くないと思うよ」
などと縋り付いてきた

「専業主婦(夫)は寄生虫なんじゃないの?」
と私が言うと、
「俺の金にたかるつもりかと思って」
とゴニョゴニョ言い訳

呆れたので結局その日のうちに別れた
今でもほぼ毎日彼から電話がかかってきますが
無視してます