タグ:彼氏の記事一覧
2017年09月26日 カテゴリ:因果応報  コメント:(0)
102: 恋人は名無しさん 2010/09/13(月) 21:54:17 ID:e42JoAj9O
寺や神社や占い師さん達に「守護者すっげー」みたいなことをいつも言われる私の修羅場。 

付き合う前は優しくて明るい人と思ってた彼氏が、DVモラハラ男だった。 
いきなり豹変するのではなく、 
小出しにしつつ飴と鞭を使いわけるタイプ。 
半ば洗脳に近かった。 
初っ端から殴られてたら即逃げるんだけど、優しく嫌味を言うことから始まり、 
暴力沙汰になるのは付き合って半年後。 
もう完全に「私が悪いから怒られるんだよね」と思い込んでいた。 
その頃は優しい嫌味ではなくねっとり嫌味と軽い暴力に進化してて、 
私が凹んで謝ってたらサンダルはいてる私の脚を彼が革靴で踏み付けようとした。

踏まれる寸前、彼氏の頭に鳥の糞がボトッ。
空を見渡しても鳥は居なかった。

彼氏の部屋で彼氏が他愛のないことで切れて手を振り上げた瞬間、
棚の上にあったものが彼氏の頭にヒット。
棚のすぐ近くに居たわけじゃないのに。

私に熱いお茶をひっかけようとした瞬間、持ち手が折れて彼氏の股間にバシャッ。

私にライターを投げ付けようとした瞬間、ライター着火。
彼氏の服に燃えうつり軽い火傷。

私を怒鳴ろうとした瞬間、茹でていた玉子爆発。
鍋の近くにいた私無傷、鍋から離れていた彼氏の顔にヒットし、火傷。 
2017年09月24日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)
159: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/08/16(木) 09:17:11.21
嫁大好きスレから誘導されてきたんだけど 
俺が高校生時代の女性教師と結婚するまでの話いる? 

いるなら書く 
いらんならシカトで
2017年09月24日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)
203: 1/2 2016/07/13(水) 20:30:33.47 ID:lK0titn80
相談者(年齢・性別・職業) :23歳・女・講師
(引っ越しの予定だったため現在休職中。
ほぼ無職。下記詳細)

恋人(年齢・性別・職業): 23歳・男・小売業
2人の交際歴: 4年目。

大学1年生時から新社会人の現在に至るまで
結婚を前提に交際。
双方実家暮らしから同棲予定。

悩み(詳しく) :
同棲の計画をきっかけに、彼の親御さんから
悪いイメージを持たれてしまったようです。

半年ほど前、彼から同棲をしたい旨を
明確に告げられ、私がこれに同意。
来月までの引っ越しを目標に
準備を行っておりました。

お互いの両親へのあいさつは、
「同棲先の目星が付いてからしたい」
という彼の希望を採用。

この度無事に良い物件と巡り合え、
契約前の申し込みを済ませたので
彼の両親に顔合わせをしたいと打診を頼みました。

(なお、これまで彼のご両親との交流はありません。
彼から「母親は来客が嫌いである」と伝えられていたので、
彼の実家に行くこともしていませんでした。)
2017年09月20日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(1)
794: 名無しさん@おーぷん 2016/07/01(金)19:58:57 ID:FZw
小さな事なんだろうけど吐き出し。

私は少食でいつも定食などは完食が出来ない。
だから店などには申し訳ないけど食べられなければ残している。

そしたらその事について育ちが悪いと言われた。

食べられないなりに始めから少なめにしてもらったり工夫はしているし、
こっちだってわざと残したくて残してるわけじゃないのに。
これってそんなに悪い事なの?
こればっかりは胃の大きさがあるから仕方ないと割り切っているんだけど、
まさか育ちが悪いだなんて言われるとは思わなくてびっくりした。

世の中にはご飯が食べられなくて困ってる子供がいる、
だなんていう話まで出されてもう嫌だ。
2017年09月14日 カテゴリ:無神経  コメント:(0)
10: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/11/20(火) 23:00:54.11 ID:BtTFkDzF
私の母は私が学生の頃に病気で亡くなった
料理好きなひとで、私にも色々と仕込んでくれたので、私も料理は好き

社会人になって初めてできた彼が高そうなレストランに連れて行ってくれた
食後、お礼を言ったら
「今度は私ちゃんの作るご飯を食べたい」
と言われて私は張り切った
次のデートは彼のマンションで、私が食材を買って行って作ったご飯を、彼は美味しいと食べてくれた
問題が起きたのは食後
彼「私ちゃんの料理ってやっぱりお母さんから習ったの?」(彼は私の母が故人だと知ってる)
私「そう。小学校の頃から一緒に台所立ったの」
そして何気なく
私「人は亡くなっても、味はこうやって引き継がれるんだからなんだか不思議だよねー」
と言ったら、それに対する彼の返事が

「まあ、そのお母さんの味も俺がこの間おごった6500円のコースには勝てないんだけどね」

思わず彼の顔をガン見してしまった
彼は自分の言った言葉がおかしいと思わないのかニコニコしてる
その瞬間
「うわ、この人とは無理かも知れない」
と思って早めに彼の部屋から帰らせてもらって、その後は徐々に距離を置いた
たった一言で冷めるって心が狭いかも知れないけれど、私としては「無理」と思ってしまった言葉だった