タグ:復讐の記事一覧
2018年11月09日 カテゴリ:恋人・元カレ元カノ  コメント:(0)


397 :拝啓、鬼女様 2013/10/12(土) 00:33:05 ID:OfMZJVOO0
彼女居ない暦=年齢(当時)だった俺に大学時代に彼女ができたが、その彼女は貧乏?だった
ある日彼女の部屋に行ったとき、ふと床に放置されてた領収書があって何気に見てみたら
俺が誕生日とかクリスマスとかに贈ったプレゼントが質屋に売られていたことが分かった
同時にそういえばやたら「今日は○○記念日だよ~」とやたらモノをせがむことが多かったなと思い出した
プレゼントなので贈った後は彼女の私物、なのでどう処分しようが彼女の勝手…なんだが
誕生日の翌日にそのまま質屋行き、スゲーときには受け取ってからその日のうちに売りに行ってた
当時DTだったので、見得もあったんだけど「彼女の期待()に沿わなければ」と若干無理したりもしてたんだけどなあ…
食費削ったり、バイトのシフト頼んで多めにしてもらったりとか
でも、明らかに最初から売るため目的だったんだと何か寂しく思いながらも冷静に考えていたんだが
領収書を見たまま固まってる俺に「勝手に見ないでよ!」と彼女が怒って領収書を取り上げた
「お金に困ってたの?」と聞いても無視、そのまま部屋から追い出された
勝手に見たのはまずかったなあ~と思いつつそのまま家に帰ろうとしたら彼女から電話、近くのファミレスで話そうって内容だった
2018年11月05日 カテゴリ:GJ ・ 武勇伝 ・復讐  コメント:(0)


421 :拝啓、鬼女様 2016/09/18(日) 09:48:32 ID:AYc
現在アラフィフです。小中とかなりひどいいじめに遭っていました。
去年の初めに同窓会の連絡がありました。
田舎で生徒数も少なかったので(一学年50人いないくらい)一度いじめられると
兄弟がいるので学校中からいじめの対象になると思ってください。
そんなだったので、よく私に同窓会の案内送ってこれたなあと感心しました。
なのでその案内状の返信はがきに欠席の方に印をつけて
「〇〇はタヒにました。タヒぬ間際に自分の人生がうまくいかないのは
小中で自分をいじめて外に出られなくした人たちのせいだ。本人もそうだが
その家族も許さない。みんながタヒぬまで呪い続ける。」と言っていました。
今後連絡は不要です。
と書いて送り返しました。
その後、二人から謝罪の手紙が両親にあてて届きました。(両親はもうタヒんでますが、
返信を〇〇(私)母で出したせいだと思われます)
中身を読んでから
「娘はもうこの世にいないのであなた方を許すことができませんし、この手紙を読んで
私たちももっと許すことができなくなりました。今後このような謝罪は不要です。」
と書いて返送しときました。
しばらくは嫌な気分でいてくれると思うとちょっと楽しいです。
まあ仕返しにもなってないと思うけど。
2018年10月25日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



1: 1 2013/02/18(月) 21:54:07.61 ID:K2ny15oG0
大学が休みで暇だから

いじめる側の気持ちといじめられる側の気持ちの両方を経験したのは結構稀じゃね?って思ってやる

俺は頭が悪いから説明が下手だから許してくれ
10年くらい前の話だし思い出しながら書いてく


2018年07月18日 カテゴリ:怒り・ムカ  コメント:(0)


186: 本当にあった怖い名無し 2013/06/28(金) 05:37:10.00 ID:N8ZacHTh0
高校の時のお話 

高校ではそこそこの進学校にいた。 
成績はそこそこいい位、スポーツはそこそこ、短距離(100mまで)では学年3番だった。 
実際体育測定?を5月頃に行うまで何もやっていない(上2名は中学で陸上部)自分の足が速いとは思わなかった。 
特にやりたい部活もなく放課後は適当に遊んで帰ってた。 
とあるひ陸上部の顧問が声をかけてきた「陸上やらないか?」と声を掛けられた。 

以前から陸上部所属の友人から練習がきつすぎる、 
意味のわからない練習モドキばかりさせられるその他色々きいていたし、 
陸上部の練習を見てもただのしごきにしか見えなかった。皆全員楽しそうじゃない・・・・ 
そもそもスポ根?ってのが一番きらいだった。 
さらに走ることに興味があんまりなかったので断った。


2018年07月14日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


687: 本当にあった怖い名無し 2012/12/13(木) 09:49:41.64 ID:wtgfVXQR0
うちの姉は、結婚して3児の母。 
地域でも、学校でも、職場でも、確固とした地位を築いた「褒められもの奥さん」。 
どうもかつての同僚で、姉にいじめられて退職して病院通いしている人から、 
過去を「ばらす」と脅迫されてるみたい。

上司と不倫し、取引先のイケメンと不倫し、 
婚約者のいる男を寝とって、デキ婚に持ちこんだことを、 
みんなにばらしてやる!って言われてるみたい。 
「あんな昔のことを・・・、まだ若かったし、 
誰でもやってたんじゃない?なんで私だけ?」と、かなり慌てて困ってる。 
向こうは40過ぎても独身で、薬ないとパニックになるほど病んでいるせいで、 
「失うものはなにもない。年とった親にこのまま迷惑かけるくらいなら、 
いっそたまった恨みを暴露して、すっきりしてから逮捕されて、牢屋で暮らす」 
と言っているらしい。


2018年07月12日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


406: 名無しさん@HOME 2008/07/11(金) 08:22:26 0
タヒ産はね…産みの苦しみだけ味わって、喜びのない出産だから 
味わった人間にしか分からないよ。 
私は流産させられたクチ。しかも犯罪者トメはまだ悠々と生き延びてる。 
それ相応の仕返しはしたけどwww 


2018年07月01日 カテゴリ:家族・親族  コメント:(0)


390:1/22016/07/16(土) 17:02:34.89ID:Kh75w36r.net
昔行われた親戚の結婚式がなかなかに不幸だった

新婦側の親戚として参加したんだが、そこの家は両親と新婦(姉)と弟の四人家族
弟が今で言う知的ボーダー(障害者と健常者の境目あたり)で、
小さい頃から姉である新婦が一生懸命面倒見てたのを覚えてる

で、新婦弟がどうしても新婦にお礼を言いたいとかでお礼の手紙を読むコーナーが設けられた
新婦弟は日本語でおkな文章力しか無いので新婦両親の検閲と振り仮名入り
だから問題無く終わるだろうということだったが……甘かった


2018年06月22日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


413: 学生@名無しさん 2012/09/28(金) 20:10:37.47 ID:uPcmujTU0
携帯からなんで改行おかしいかもしれません 
その時はすみません。 

俺が中学2年の頃、大好きだったパイロットの叔父が、交通事故でタヒんだ。 

俺もパイロット目指してて、すごいショックだったけど形見のものにと、機長が着てるYシャツ?みたいな肩に金の四本線が入ったものとA○Aの苗字が書かれてるバッチをもらって、何とか立ち直ろうとしていた。

そして先生に許可をもらってきたので、学校に制服の下にYシャツとして機長服をきて、名札としてバッチをつけて学校にきてた、矢先のことだった。 

2年の半分もすぎた頃、今の先生が首の骨を骨折して、先生として復帰できなくなったので他の代理の先生がくることになった。 

そして休み時間に友達と話をしていたところ、暑かったので休み時間だしいいやと思い、上着を脱いだ。 



2018年06月19日 カテゴリ:家事・育児  コメント:(0)


917: 名無しさん@おーぷん 2015/09/16(水)18:55:24 ID:YRC
では長文吐き出し

7年以上前、嫁が一回りも下の独身男と浮気をし、離婚となった。
子供は長男と長女の2人で当時7歳と5歳かな?この子らの親権は俺がほぼ争う事なくもらった。
妻は子供には愛情はあったかと思うが、色々な理由でいつでも会えると思い込んでいた。なので慰謝料も養育費も払おうとしなかった。この辺は詳細は省く。
俺は出て行った妻に「今に見てろ!絶対親子3人で幸せになって再婚もして見返してやる!周囲に自分を認めさせてざまみろと言ってやる」と復讐を誓った。
俺は親戚たちの協力の中、親子3人の暮らしをスタートさせた。


2018年06月12日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


55: 名無しさん@おーぷん 2014/05/15(木)15:41:14 ID:70LfVUVqd
陰気な仕返し話で申し訳ない。しかも長い。


元義父(以下糞男)は物凄く横暴な人だった。
“元”とつけたのはその息子が既に“元”夫だから。

元夫とは職場恋愛での結婚だったんだが
彼も私も実家が地方で、糞男と会ったのは婚約の挨拶に行った時と
結婚前の打ち合わせで一度会ったきりだったし
その時は野良猫を被っていたらしく気付かなかった。
ただ、元夫から「うちの親父はクセのある人だから、言われたこととかされたことは
あまり気にせずに流してほしい」みたいな事言われたので
気難しい人なんだろうなとは思ってた。
そんな甘いもんじゃなかったけど。

新婚旅行から帰ってきて、翌々日から出社し
半月後の3連休に挨拶がてらお土産を持って帰省したときに
一番最初の修羅場があった。
元夫には「よく来たな」とニコニコ恵比須顔で歓迎していたが
私には開口一番「うちの嫁になったからにはワシに逆らうことは許さん」と言われた。
当時まだ24歳だった私には、それがものすごく怖かった。
しかもいくら自宅だとはいえ、家の中ではパンツ一丁。
目のやり場に困った。
義母には「お父さんの機嫌を損ねたら大変だから逆らわないこと!」と言われ
その頃まだ独身で実家住みだった義姉にも「とにかく波風立てないで」と言われ、
近隣に住んでるはずの義兄一家は一度も顔を出してこず、
この家はなんか変と思った。
披露宴の時にはあんなに仲睦まじい家族に見えたのに。

たった2日の滞在だったのに、外にある物置の整理をやらされ
庭の除草をやらされ、お風呂のカビ取りをやらされクタクタ。
その間元夫は見てるだけだった。
手招きで部屋から連れ出して「どうして手伝ってくれないの?」って責めると
「そんなことしたら親父に叱られる」と意味不明な言い訳。
それでも2日間だけのことだからと我慢した。
今思えば本当に若かった。