タグ:思い出の記事一覧
2019年01月10日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(0)


967 :拝啓、鬼女様 2016/10/25(火) 23:10:24 ID:C6t
ふと思い出したので投下します。
長文なので分割します。初投稿なんで、わかりにくい部分もあるかと思うけどスルーしてください。


約20年前の、夏の夜の話。
私と彼氏を含めた十数人の友人グループで、数台の車でつるんで深夜のドライブを楽しんでいた時のこと。
いつの間にか「肝試しに行こう」という話になっていた。

しかし、私は大反対。
他の女友達数人も私に同意してくれ、その手の場所に遊び半分で立ち入るのは良くない、と必タヒに肝試し敢行派を説得した結果、折衷案として『問題の建物には入らず、近くに行くだけ』という話に落ち着いた。

問題の建物というのが、崖上のホテルの旧館。
本来ならとっくに取り壊されるハズが、怪奇現象が連続発生した為に取り壊すことも出来ず、廃墟化して放置されているという曰く付きのもの。
今回は、そのホテルの新館(絶賛営業中)から少し下の方にある、暗いけどやや広めのパーキングスペースが目的地となった。
それなら大丈夫だろうと安心しきっていた私達は、道中ワイワイ騒ぎながら移動、あっさり目的地に到着。

途端、私は金縛りにあったように全身が強ばり、後部座席のシートから動けなくなってしまった。
同時に襲い来る、猛烈な寒気。
夜とはいえ夏なのに、まるで冷たいプールに浸かり過ぎた時のように歯をガチガチ鳴らして震えだした。

おかしい、おかしい、おかしい。

パニック状態で叫びたいのに、下を向いたままガタガタ震えるしか出来ないという異常事態。
同じ車に乗っていた彼氏や友人達はサッサと降りてしまい、独り取り残されてしまった。

早く離れなくちゃ、誰かに伝えなくちゃ。
その一心で、何とか首を動かして窓の外……皆がいるはずの方向を見た。
すると……あるはずのものが、ない。
いや、正確には『ある部分だけが歪んだ空間で覆われていた』とでも言えばいいのだろうか?

そのパーキングスペースの中央部分には、車のライトに照らされた大きな石碑があるはずだった。
しかしその石碑だけが、私の視界から排除されてしまっていた。
恐ろしくなり、慌てて視線を下に戻す。
2018年12月06日 カテゴリ:恋人・元カレ元カノ  コメント:(0)


789 :拝啓、鬼女様 2017/12/22(金) 19:28:16 ID:x8qo3C+g.net
高校時代の彼。
初めてちゃんと付き合った彼で、とにかく好きで好きでしょうがなかった。
色々あって別れたけど、その後お互い違う相手と付き合っても一番は彼!みたいな感じだった。
その後卒業して就職して遠方に行って、お互い結婚して満足はしてるけど青春の思い出として絶対的な存在として心の中に残っていた

そして彼とも会わなくなってから十数年後のある日、プチ同窓会を。
彼は来るかな?とwktkしたが欠席。
ガッカリしつつ彼と比較的仲の良かった人に聞いてみたら、どうやら趣味で社会人の草野球チームに入っていたが
そのユニフォーム代約1万をその人が立て替えたが、金がないと暫くかわした挙句トンズラして音信不通になったとか

なんかそれ聞いて氷点下まで冷めた
2018年05月16日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(2)



16: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/09/21(月) 20:14:33 ID:Sjbx2bWiO
小学三年生の時の初恋のお姉さん(中一)に貰った 
手作りのペンダントを彼女が勝手に捨てたのがコトの発端 


何で捨てんだよ!何年前の話だと思ってんの!?百歩譲って嫌なら嫌って言えよ、飾ってあるわけじゃなしに… 
と言う私の言葉に彼女が一言 

だって私がいるからいいでしょ(はぁと 



殴りたい、女は殴ったらダメだけど殴りたい 
割と本気で怒ってるのに何一つとして理解してないのも更に腹が立つ 
でも一番ムカつくのはお互いにとって良い事だと思ってやったと言う彼女が泣きながらした反省の台詞 




結果として許しはしたけど、馬鹿さ加減が露呈したので別れようか検討中です。 

これ修羅場とは微妙に違うな、すまん(笑) 
帰ったらパソコンからもうちょい詳しく会話とか割れたロイヤルコペンハーゲンの皿の話でも書くよ



2018年03月15日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(1)


1:名無しさん@おーぷん2017/07/08(土)13:19:18ID:IgC
子供のときから大事にしている布が
いまだに捨てられないのとないと落ち着かない

相手には存在だけ話してあるんだけど恥ずかしくて見せられない


2017年06月19日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)

嫁が泣いててワロタ。「昔好きな人が結婚した」って

1:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/02/19(金) 00:02:13.67ID:na2QcqfJ
嫁の片思い
初恋
本当に好きだったらしい


ワロタ
2017年04月15日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)

283 :名無しさん@おーぷん

秋のよく晴れた日になると思い出す。

3歳の秋の日、母が朝からおにぎりを作ってくれて、「お出かけしよう」と言って電車に乗って遠くに行った。
行き先は山も海も見える田舎町だった。
真っ白い堤防のようなところで、母がベンチに座らせて、「ちょっとお母さん飲み物買ってくるから待っててね」と言った。
ベンチにお弁当と水筒と上着を置いた。

「わかった、ママありがとう。バイバイね」と言ったら、母は顔をそむけて走るように去って行った。
私はぼんやり座ってた。山はまだらに赤くて、空にはトンビが飛んでた。
しばらくして母は戻って来て、無言で一緒に弁当を食べて家に戻った。

成人して家を出て行くという日に、母はあの日の話をして、「あなたを捨てようとしてごめんなさい」と詫びた。
私は当時気付いてなかったふりをしたけど、勿論気付いてた。
それどころか、母があんまりに私の存在を疎んでるのを知ってて、大好きな母が楽になるならそれでいいと思ってた。
寂しいけどこれもしょうがないことなのだな、と。
捨てられた私は次はどこに行くんだろうとボンヤリ考えてた。

去年結婚して、結婚式には両親も出席した。
私を捨てようとした母と、他人にむやみに金貸すのが趣味で散々妻子を苦しめた父。
私も順調なら年末に初めて親になる。
出来れば良い親になりたい。
2017年01月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


577:  2007/08/09(木) 21:30:27
めでたい華燭の典でDQ返しやってきた。 

トメは私の実家を貶め、何かにつけて育ちが悪いと言っていた。 
そして私の文句を実家の母に電話をしいやみを言っていたが、母は私に何も言わないので 
結婚7年目までこのことは知らなかった。 
第一子の出産前に私も夫も切れて、産後すぐは来るな!と言ったら、その後の嫌がらせが 
凄く、私は産後欝になっちまった。 
第二子出産後は夫がすべてシャットアウトしてくれていたんだが、トメのやつは実家の母に 
私の悪口を散々言ったそうで、母は胃を痛めて(そもそも胃が悪かった)入院するはめに。 
そのとき初めてトメが母に電話していたことを知った。 
その後私はトメとは一度も会ってないし話もしていない。 


 
2016年11月12日 カテゴリ:嫁・旦那  コメント:(0)
294: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/29(日) 13:35:23.82 .net
皆さんの馴れ初め、羨ましですわ 
うちなんて「お父さんのチャーハン」っす
2016年09月22日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
660: 名無しさん@HOME 2014/12/19(金) 14:00:41.29 0
祖母の遺品を巡って起きた修羅場。 
他界した祖母の書斎の整理をしている時に、知らないおじいちゃんが訪ねてきた。 
おじいちゃんは山高帽に着物を着こなしたいかにも老紳士と言った出で立ち。 

祖母の知り合いでお線香をあげにきたとのことだった。 
おじいちゃんはお線香をあげると、祖母の書斎に案内して欲しいと言った。案内するとおじいちゃんは棚の中から一冊の魚の図鑑を取り出してこれを譲って欲しいと言ってきた。 

「タダでとは言いません」 
と包んでいた風呂敷を開けると、中には札束の山があった。あまりの金額の多さに母と私はたじろぎ、母はこんな大金頂けませんしこの本には先客がおりますので譲ることは出来ませんと断った。 
おじいちゃんは結構食い下がったけど、最後は諦めて帰っていった。