タグ:日本の記事一覧
2018年04月19日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



14: 名無しさん@おーぷん 2017/04/05(水)15:24:09 ID:X2z
4月が来ると思い出す神経わからん話。
政治ネタNGだったらゴメン。

新卒でそこそこの大企業に就職して4月に入社式があった。
式場となる大会議室は、一番目立つ正面の壁に社章を描いた旗と日の丸の旗が掲揚してあった。
式が始まる寸前、1人(A君とする)が突然部屋から退出してしまった。
人事の社員が追いかけていき、しばらくそのまま待たされたが、結局彼は戻ってこなかった。

夜、新入社員が寝泊まりする研修施設に移動してみると、そこにはA君がいた。
A君はみんなに対して「この会社に入社するのはやめた」と言った。

驚いて事情を聞くと、A君いわく
A君の親御さんは熱心な反日の丸主義者(?)で、
日の丸や国歌は悪の象徴だと教えられてきて、彼自身もその考えに同意している。
物心ついてから今まで、日の丸敬礼や君が代斉唱をしなければならない式典はすべて欠席や離席で対応してきた。
しかし、さすがに企業の入社式は離席できないし、
何より、入社式で日の丸を掲げるような戦争至上主義の会社には到底入社できない。
だから入社を辞退したいと申し出たんだけれど、
一度は入社が決まっていた以上、ハイさよならというわけにはいかないので当然揉めているという話だった。

予想外の話にみんな困惑してしまい、あの手この手でA君を引き留めようとした。
あくまで形式上のことなんだからそんなにマジにならなくても、となだめたり
内定者懇親会で酒を酌み交わした仲間じゃないか、と情に訴えたり
それでもA君の意志は堅く、
「日の丸や君が代は日本の残忍な歴史の象徴、そんなものを称揚する人や企業は信用できない。
そうやって異分子を説き伏せようとする所が日本の悪魔忄生の根源だ!
正しい発言をする者の口を封じ、日の丸で洗脳して悪に染めていったから虐杀殳が起こった」
そんなようなことを熱弁し、一歩も譲らなかった。
日の丸に反対しない我々のことをまるで軍国主義者のように言うので、
そこまで言われるとみんな気がそがれA君を引き留めようとする人はいなくなった。
その後数日間、A君は寮にとどまっていたが
やがて退職の話が決着したのかその後見かけることはなくなってしまった。

数年前、小学校教師が国歌不起立で懲戒になるかもしれないというニュースがあったが
これはそれよりも以前の出来事で、
職を賭してまで日の丸や国歌反対にマジになる人の存在は当時あまり知られておらず、
まさに「神経がわからん」話だった。
ただ私は関西の出身だったので、A君の親御さんは教師ではとピンと来ていた。
最後に会った時、これからどうするの?と聞くと
「教員採用試験を受けて教師になって子どもたちに正しい教育をする」と言っていたので多分ビンゴ。
多分彼は今どこかの小学校で君が代の上から校歌のプリントを貼り付けさせていると思う。



2018年04月10日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(3)



1: 以下、VIPがお送りします 2017/07/26(水) 00:09:10.899 ID:Cuc0aKDkpFOX
言ってることめちゃくちゃじゃねえか


2018年01月12日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(2)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2016/04/16(土) 09:05:20.681 ID:7rewy++c0
かむさはむにだ~w
2017年11月18日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)
650: おさかなくわえた名無しさん 05/02/25 09:47:23 ID:VBcGkEaE
現在アメリカ留学中ですが,
少し前にあるアメリカ人の初老の男性と
話をする機会がありました.

「お前は日本人か?」
「そうです」

「そうか・・・日本人か.父は日本人と太平洋で戦った.」
「はぁ.」

「日本人の君に,聞いて欲しい話があるのだが...」

「子供の頃,自分の一番の楽しみは,
土曜日の朝にテレビでアニメを見ることだった.」

「その頃は,当然だがまだ白黒テレビで,
窓においたアンテナをうまく調整しないと電波が入らない,
そういうテレビしかなかった. 」

「その頃にどんな番組を見ていたのか,
今ではほとんど覚えていない,
が,ひとつだけ,
今も忘れられない素晴らしい番組がある. 」

「その番組が見れるのは,
本当に大気の状態がよいときに,アンテナを正確に
クリーブランドの放送局の方向にあわせた時に限られた.」

「あんなに素晴らしい物語は,
あれよりあとにも見たことがない.
ロボットたちが人間のように考え苦悩し
悪役のロボットたちにさえ,
とても悲しい物語があったのだ. 」

「あれは,単なるアニメではない.
もっと哲学に近い何かがある物語だった.」

「未来の世界を描いたものだった.
主人公はロボットの少年で,
自由に空を飛ぶことが出来るんだ.
そう,少し変わった髪形をしていたな...」