タグ:暴力の記事一覧
2019年02月19日 カテゴリ:家族・親族  コメント:(0)


21 :拝啓、鬼女様 2016/09/23(金) 16:02:47 ID:SJe
暴力・流血注意。


自分が3歳くらいの頃に両親が離婚。
自分は母に引き取られたが、離婚でタガが壊れたのかもともとそうだったのかはしらないが。
殴る・蹴るはなかったが、色々と身体的に痛めつけられた。
断片的にしか覚えていないが、箸や爪、ひどいときには爪楊枝や針を目の前に突き付けられたり、
それで目立ちにくいところを刺されたりした。
その時の母はゾッとするような笑顔だったように思う。
おかげでいまでも先のとがっているものは苦手で、祭りのたこ焼きとか焼き鳥とかいう類のものは怖くて近づけない。
箸立てや立ててあるフォークも怖い。

暴力が発覚したのは小2の授業でコンパスが必要になったときらしい。
注意事項として先生が針を人に向けてはいけない、と言ったら悪乗りしたヤツが
こっちに針を向けて突き出してきたらしい。
その瞬間自分はいきなり大声で泣き叫び、教室の隅に頭を抱えてうずくまって「ごめんなさい」とか「いたいのやだ」とかを連呼していたらしい。
不審に思った先生が通報した結果、母の行いがわかり、自分は父に引き取られて転校したとのことだった。
らしい、が多いのは自分はほとんど覚えておらず、父が説明されたことを聞いただけだからだ。

続きます。
2018年10月30日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



221:名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/25(月) 10:52:50.67
嫁が嫁父に切れた。

嫁父は所謂毒親で、嫁が小さい頃から、嫁と嫁母に暴力をふるっていた。
嫁はコンプレックスの固まりで、俺と知り合った頃は自虐的な奴だった。

結婚して、初めて実家を離れた嫁は
専業主婦になった。
俺の稼ぎでやっていけるし、家事もキチンとしてたので、好きな様にやらせた。
その内嫁は、スポーツジムに通いだした。
小さい頃から押さえつけられて育った為、自分は何にもできない奴だと思ってたらしいが
体を鍛えてるうちに、楽しくなってきたらしく、ダイエット目的で、今度はボクシングジム通いだした。


2018年10月27日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



304: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/18(土) 18:35:46.48 ID:IxYuPwZZ0
正直に書かせてもらう
嫁に口喧嘩で勝てなくて手をあげること数回

嫁の携帯を顔の横すれすれに投げ飛ばしたり、
寝転がってる嫁の頭をかかとで蹴る(こづく?)、頬を平手打ち、
「コロす」「タヒね」と言ったことがあるくらい
子供の目の前だったことが半分くらい

数年つるんでる友達に話したら
「離婚されないだけありがたいと思え」「子供に絶対見せるな」
と言われたんだが、
お前らはどんなムカつくこと言われても反論ですませてるのか?

こっちの感情ガン無視で理論攻めしてきたり嫌味を言われたりしても
耐えてるのか?


2018年10月14日 コメント:(0)



482:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2014/08/28(木) 02:09:07.71
愚痴を吐かせてください
ここに書くからには嫁のメシマズが原因なんだけど、嫁と娘と俺の一家が崩壊するかも

今、久しぶりの自己嫌悪に陥りながら書き込んでる
俺40台前半なんだけど、人生で2度目の暴力ふるった
相手は嫁、手が出た理由は嫁が洗おうとしてたフライパンで面じゃなく横スイングの点で娘を殴ったから
娘が殴られた後、直後かどうかはもしかしたらボーッとしてた時間あったかもだから分からないけど、
気持ちが落ち着いた時には嫁をフルスイングでグーパンした後だった

車で嫁と娘を救急外来連れて行って見てもらったんだけど、幸い両者とも骨とかには以上なかった
ただ、ギャースカ騒いでる嫁を暫く見たくなかったから、義実家に住んでる義弟に迎えに来てもらって
嫁を一度向こうに預かってもらう事になった


2018年09月29日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



249名無しさん@HOME2012/07/03(火) 01:20:49.57 i
初めまして。頭が混乱しているのですが…
旦那側の家族と自分の家族の意見では
意見が対立するばかりでどうしようもないのでここに書かせていただきました。


2018年09月25日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



384:おさかなくわえた名無しさん2012/08/19(日) 21:28:37.94ID:plHKiDpw
この春、校長先生が転任されたので
自分的には、約束は守ったぞって気分で・・・

ウン年前。
小学生の息子が、こめかみを腫らして帰ってきた。
息子に聞くと、担任にされたと。

詳しく聞くと、掃除の時間、
教室内でお茶を飲んでいた息子に担任が
「今は掃除をする時間だからお茶を飲むな」
と、取り上げたらしい。
水筒に手を伸ばした息子を
(多分)はずみでなぎ払ってしまい、ロッカーの角でこめかみをゴツン。
痛みで泣いている息子を放置。
自発的に保健室に行き、先生に言うと
アイスノンで冷やしてもらったらしい。


2018年08月18日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



50: カメ◆9ECnRpSYow 2015/04/28(火)08:31:27 ID:NJ6
すみません、朝からですがどうか相談お願いします。

昨晩夫に、頭を二発なぐられました。
今回が初めてではないです。

恥ずかしながら私は精神障がい者で作業所に通っており、
今日も出勤なのですが、昨晩のダメージが残っているので少し遅刻することになりました。
いまからかかりつけの精神科の先生にも見てもらいます。

職場の上司にも事情を話しましたが、最悪別れるべきという方向です。
しかし、私は夫と別れたくないです。
実家の支援も受けられませんし、帰れない状況でそれは望みません。

私は夫に、どうか自分より圧倒的に力の弱いものに手を上げてはいけない理由を
自分なりに持ち、相手がなぐりかからない以上、自分もどんなに立腹でも手を挙げない
と今度こそ、決意して欲しいですが、多分、医療機関等を使えば夫と引き離す以外の方法を提示してくれないように思います。
引き離す以外の方法を提示してもらうには、どうすればいいですか?
よろしくお願いします。
少し頭が痛くて、文面が乱れて申し訳ありません。


2018年07月26日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)



5:名無しさん@HOME[sage]2011/02/08(火) 21:04:49 0

姉が亡くなっており
訳あって姪と一緒に暮らしている。
息子は姪のことを姉ちゃんと呼び
旦那とも上手くやっていて幸せなんだけど

トメ・ウトともに気に入らないようで
姪の前で色々やらかしてくれた。
旦那や私が見えていない所でも
姪に対して散々酷いことを言っていたらしい
もう我を忘れるくらい怒ってしまい

愛用の竹刀をトメ・ウトに振り回してしまった。
その後すぐに、旦那に止められて幸い義両親に怪我はなし
(旦那のほうが剣道強い)

無防備なトメ・ウトに竹刀を使ったことは
かなり怒られたけど、旦那も「親は人として最悪」とご立腹。
家に来ない約束をさせたし、怖がって近寄らなくなったので
結果的には良かったかな。
暴力行為をしたことは反省しているorz
でも許せなかったんだ……


2018年07月23日 カテゴリ:奇妙な体験談  コメント:(0)



8:名無しさん@HOME[sage]2013/10/23(水) 11:44:24.46 0
じゃあ俺の話でも
中学生の頃、真夜中の話
当時家族ぐるみで付き合っていた親の友達が居たんだけどよく一緒に親友達宅に連れてかれてたんだ。



その親友達には小学生の子供が居て親同士が飲んでる間一緒に遊んでたんだ

ある夜、いつも通り連れてかれ遊んで帰る時、俺の両親共にすごい酔っ払ってて、タクシーで家まで帰ったんだよ
俺の父は酒癖が悪いんだけどその日は特に酷かったんだが・・・両親共にベロンベロンに酔っ払ってた状態だった。

そんな酔っぱらってた母が気に食わなかったのか知らんが親友の家でてからタクシーで家帰るまでずっと聞き取れんくらいの暴言を吐いてた。

タクシーから出るとき母がコケて、それを見た父が無理矢理引きづるような形で家まで持ってったんだけどすげー荒っぽくて母が痛い痛いうめいてたんだよ
更にイライラしたのか父が母殴り始めた 
それからが酷かった


2018年07月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


607: 名無しさん@HOME 2014/02/15(土) 20:18:56.89 0
吐き出し。 
ここでいう猛毒親父にどうしても一緒に京都に来てくれと言われたので一緒に行った。 
向かった先は、京都の田舎に住む親父の兄に当たる親戚の家。 
周りは田んぼで囲まれており、車一台ようやく入るような道の奥にその家がある。 
この家には親戚、その妻、その娘にその孫が住んでる。 

どうしても僕に会いたかったのはこの親戚だった。 
ようけんは、この家を1200万で買ってくれという事だった。 
3000万もかけて建てただの、倉庫があるなど、多く魅力を語ってはいたが 
ちなみに3000万は口頭だけであり、書物などによる証拠は見せてもらえなかった。 
親戚が30代のころに建てた家だそうだ。 
僕は愛知県在住のため、この家の必要性がまったくないので、当然断った。 
すると親父は「将来のお前のためを考えて、俺はこうしてお前をここまで連れてきたのではないか?」 

僕にはその「将来」を考えても、この家の必要性がまったく感じられなかった。 
なぜなら現在70代の親戚が30代に建てた家なので、現在築40年。 
仮に、現在27歳の僕がこの家に住むのは定年退職後。つまり30年後でその時は築70年になる。 
かつては3000万の家が1200万で買えるとはいえ、その価値が全く感じられず、素直に家などいらなかった。 

僕には、親父と親戚がなにを目的で僕にこの家を薦めているのは、考えるまでもなかった。 

続き書きます。