タグ:泥棒の記事一覧
2017年12月28日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
102: 名無しの心子知らず 2013/11/19(火) 14:01:07.19 ID:Tl2ayDx5
宝くじに当たったら泥棒に入られました。 しかも3人。

あるとき私が年末ジャンボで10万円が2本も当たったので
幼稚園の送迎時井戸端会議で話した。
例の大地震から一年近くたってたとはいえ、家の修繕も完全でなかったので
これで家が直せるわーと言う話になった。

その地区でうちはちょっと他の家とは違う打撃を受けてて
一部の破損部分をずっとブルーシートで覆いっぱなしになってた。
大きな破損だったために被災補助だけでは足りず
ローンとかも無駄にお金をかけたくないということで、修繕費ができるまで
放置しようということにしてたのがこれで目標額になるために
これでやっと直せるわーというと話してた。

そしたらその晩、二階で寝ていると一階から物音が…と思った瞬間
「ぎゃあ~~~~!!!」という悲鳴がして、旦那も飛び起きた。
旦那が懐中電灯と木刀片手に下に降りると
ちょうど廊下に覆面かぶった人間が出てきて旦那とバッタリ鉢合わせ。
旦那とっさに木刀振りおろし、覆面人間ノックダウン。

リビングからはうめき声が続いていて、電気をつけると腹から血を流して
「救急車…」とうめく覆面のおばさん。
2017年11月30日 カテゴリ:長編  コメント:(1)

【前編】  【後編】

287: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)23:47:15 ID:3bM
銀行アプリ経由で勝手に送金を行ったのと同じ、
と例えれば少しは危機感がわくのかな?

ネット絡むと判断するのが難しいなら
デスクに私物の財布が置き忘れていたから忘れた方が悪い
と金を抜いたりするのと同じ
2017年11月27日 カテゴリ:怒り・ムカ  コメント:(0)
52:名無しの心子知らず2009/11/30(月) 21:00:31 ID:dWubvTRs
夏に帰省したとき、風呂から上がったら妹(妊婦)が
私の財布から金を抜いてた。
妹の手癖が悪いのは前からなので、家中に響き渡る声で泥棒泥棒泥棒金抜いたな
この泥棒!!と発狂してみた。
妹、あわてて財布と金を放り出す。


その場で妹旦那に電話して、
妹が金を盗んだから今すぐ迎えに来て引き取ってくれ、と頼んだ。
妹は濡れ衣だなんだと騒ぐ、妹旦那は妹を良く思ってるので誤解があったんじゃないか、
妹への評価が低いのではないかと穏やかに言うが
昔っからこの子は手癖が悪くて兄弟の持ち物を盗む癖がある、

結婚するときにもそこはこちらから説明したはずだ、と言っておいた。

そのときは妹旦那が妹を連れ帰っておしまいだった。
その後、妹がニシマッチャンで万引きして捕まったと連絡があった。

離婚はしないらしい。
2017年11月02日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(1)
29: 名無しの心子知らず 2012/12/13(木) 16:44:35.99 ID:EfBKDhq0
向かいの家が解体されたので記念カキコ。

子供が大きくなったので旦那の趣味の車を解禁したら、
最近出たばかりの車を買った。

10年近く旦那自身がコツコツと貯めて購入したので文句はないし、
子供が生まれるという時に
大事にしていた車を売却してくれたということもあったので
私たち家族は快くその車を迎えた。
ただ、その車が最近出たばかりのスポーツカー(の形をした普通車と旦那談)で、
田舎ではかなり珍しかった。

購入して3日目に向かいの夫婦がいきなり突撃。
近所付き合い程度で仲が良いというほどでもなかったのだが
いきなり車を貸してくれと言い出した。
その理由が親が急病で苦しんでいるから一刻も早く帰りたい。
だから速い車を貸してくれとのこと。
私も旦那も???となりつつ、
そんなに急ぎなら事故を起こすかもしれないから
公共交通機関で行けばいいと旦那がいい
時刻表を取りに部屋に戻った。

その隙に玄関横の壁に掛けてあった鍵を取られてその夫婦が逃走。
一瞬の早業に私もびっくりしてえっ?えっ?て感じになって
追いかけようとしたら外からドアを抑えられて出られず。
パニックになって叫べばよいものを
時刻表を探している旦那の元まで行って
鍵盗まれたと説明しているときに外からはエンジン音が…

事情を察した旦那が居間の窓からネ果足のまま外に飛び出すも時すでに遅し。
車は発進して走り去った。

続きます
2017年11月01日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(2)
672: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/08/24(金) 14:46:26.20 ID:kWnXax77
もう何年も前の話だけど。この時期になると思いだす

小学生高学年だった俺は友人と一緒に地元のお祭りに行ったんだ
まあお祭りって言っても大掛かりな物じゃなく、公園を借りただけの小規模なのやつ
スーパーボールすくいとかクジとか、あんまり数は無いけど、そこそこ楽しくて
1時間ぐらいして友人が帰った後も、お小遣い使い切るまでは居よう! と思いブラブラ

そしたら、当時の俺より小さい子供を連れた泥(ママ)が話しかけて来てさ
「ボク一人で大丈夫?」 「おうちは近いの?」 「そうなんだ、偉いねー」 とか
単純なガキだった俺は褒められたのが嬉しくてポヤポヤしてたんだけど
突然に泥子が俺に向かって突進して来て、俺が持ってたわたあめと財布を奪ってダッシュ!

あんまりビックリして驚いて、何も出来ずに居たら、泥ママの方は
「んまっ! しょうがないわね~!」 「私、連れ戻して来るから、ボクはここで待っててね!」
みたいな事を言ってどっか行っちゃってさ。俺、馬鹿だから、ずっとその場で待ってたわ

そしたら祭りの音楽を引き裂くようなサイレンが聞こえて、救急車が飛んできた
俺はあの泥子が警察に捕まっちゃう! 返してくれればそれでいいのに! と思って、音の方に駆け寄ったんだけど
そこには半狂乱になった泥ママと、ストレッチャーに固定されて救急車に乗せられる泥子の姿が……
どうやらワタアメ食いながら逃げたせいで転んで、割り箸が、という定番の事故をやったらしい。当時の俺は何かあったって事しか分らんかったけど

大人が泣き叫ぶのとか初めて見たし、張り詰めたような空気が怖くなって、俺は逃げ帰っちゃった
どうせ財布の中には、ガリガリ君の一本すら買えない小銭しか入って無かったしね。当時の俺にはお金ってだけで特別だったけど
帰った後で親に財布の事を言われ、素直に有った事を話したら、俺は悪くないよって言われたので安心して眠った記憶がある

俺ももういい年なんだが、未だに歩きながら棒状の何かを食うのがトラウマだ
座ってればいいんだけど、立ったままだと何となく怖い。食い難くても横から食ってる