タグ:父の記事一覧
2017年12月10日 カテゴリ:離婚・別居  コメント:(0)
162: 2013/09/03(火) 12:18:19.35 ID:iKD8xnmv
(1/4)
初カキコです。現在進行形の修羅場。
父の再婚相手がヤバイ人。

私の両親は祖父母(父の親)と同居していたんだが、母をすごくいじめていた。母は正社員だったが給料もボーナスも全額とられていたり、いろいろされていた。
母は父に祖父母と離れて暮らしたいと懇願したが「嫁は変えられるが親は変えられない」と父に言われて母は絶望した。

なんやかんやあり、母は離婚はせず別居。私や私の姉妹に会うときに私たちにこっそりお金を渡す感じになった。不思議な関係だったけど、当時は幼くて何も知らなかったし、お母さんに会えたからそれだけで嬉しかった。

そしたら、私が大学生一年生の頃に
「再婚したいから離婚したい!」
と父が言い出した。
2017年12月05日 カテゴリ:感動・いい話  コメント:(0)
374: 本当にあった怖い名無し[sage] 2009/11/22(日) 09:52:59 ID:brOtIIkR0
父と妹の話。

4年ほど前、父が肺がんで亡くなりました。
過労やストレスなどもあり、余命半年の所、2か月で。

父は大変子煩悩で、遅くできた末妹を、とても可愛がっていましたし、
また、末妹も極度のファザコンと言えるぐらいに、父とはべったりでした。
「いつも笑い顔でいろ」と言う父の言葉を体現するかのように、妹は太陽のように明るい笑顔。
生まれた時から、妹は内臓に疾患があって病弱だったけど、父はそれでも大変可愛がってました。
父が倒れてから、妹は東京での仕事を辞めて帰郷し、付きっ切りで看病しました。

変わり果てた父の傍で、妹はいつも、手を握って話しかけて居ました。
「父ちゃん、あれ(テレビに映ってる食べ物)美味しそうだね、父ちゃん早く治ってよ。兄ちゃんに連れてってもらおう」
笑顔でうなずく父。
「父ちゃん、父ちゃんが知らない美味しいお酒、いっぱい私知ってるよ。父ちゃんへのお土産にも買ってきたよ。
だからね、父ちゃん、一緒に飲もうね。おうち帰って、一緒に飲もうね。父ちゃんの好きなレバニラとか塩ホルモンも食べようよ」
酒好きの父、それは俺と妹に受け継がれています。
酒の話に、とてもうれしそうになる父。
思い出の曲を静かに歌う妹と、耳を傾ける父。

「お馬の親子」という曲は、父がよくまだ幼かった妹を背中に乗せて歌っていた歌でした。
散歩に出かけた時も、手をつないでいつも一緒に歌っていました。
父が携帯電話を持った時、妹は父からの着信音を「お馬の親子」にしていました。

父の逝く日の夕方、父は妹に、「休め」と、口の動きで伝えました。
それを見て、渋った妹ですが、父が余りにも言うので、付き添いの人用の仮眠室に行ったそうです。
そして、父は逝きました。妹以外の家族と、兄弟たちに見守られて。

起こされた妹が、父の傍に行くと、手を握ってまるで狼の咆哮にも似たような声で10分ほど大泣きしました。
病棟全体に響き渡るような大声でした。父の事で、妹が泣いたのはそれっきりです。
2017年11月27日 カテゴリ:武勇伝  コメント:(0)
275: 本当にあった怖い名無し 2013/03/13(水) 20:23:47.53 ID:zGoCbOoj0
十年ほど前の話です
書き込みに慣れてないので分かり難い所があったらすみません

父方の祖父は帰省する度に母をいびって私達姉妹にも嫌がらせをし続けてた
母や私達の容姿や性格を貶す事から始まって「お前らが来ると○○(女セイ器を表す方言)臭い」と言ったり
目の前で貴重品整理を始めて「これは次男の子にやる物だからお前らはそこで見とけ」と唾を飛ばして怒鳴ったり
特に姉にはセクハラのような事が多かった
父に訴えても「祖母がタヒんで心臓も悪くなって、老い先短い年寄りの言う事だから気にするな」とお気楽な対応だった

ある年に祖母の法事があって父方の親戚が集まった
今までなら祖父はそういう席では好々爺を演じてたけど、この時は音大生の姉の留学が決まった事で
とにかく姉が持ち上げられて、ついでに母や私もちやほやされたのが、姉いびりのきっかけになった
にやにやしながら姉に、この売女の事だから黒んぼの子を連れて帰って来るぞ、そうじゃなきゃエイズになる、と言った
父も親戚も苦笑いしながら「爺ちゃんボケたの?」とか言って冗談で済まそうとしたけど
耐えかねた母と私が思わず立ち上がって祖父を睨んだ

と同時に姉が無表情で立ち上がり歌を歌い始めたんで、母も私もびっくりして言葉を呑んだ
ソプラノで物凄い声量で、祖父の家の薄いガラス窓が共鳴しそうな感じだった
祖父は下手糞うるさい止めろと怒鳴ったけど、親戚が祖父を黙らせて姉の歌をキラキラした目で見てた、最初は
2017年11月14日 カテゴリ:家事・育児  コメント:(0)
96:おさかなくわえた名無しさん2017/07/21(金) 18:44:44.26ID:7m3hICto
相談させてください

娘(16歳)が太りすぎているのでダイエットを提案したところ
「じゃあ家で食事は食べないようにするから」と言い、
家では本当に何も口にしようとしません

といっても何も食べないというわけではなく、
義父母宅で控えめにご馳走になっているそうです
娘の我儘をなんとかするにはどうすればいいでしょうか?
2017年11月04日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
20: 名無しさん@おーぷん 2016/08/17(水)17:28:37 ID:hRj
数年前、父親が再婚した。
私の実母は、私の成人後間もなく癌で他界してる。

父が一人暮らしになってからは、私の結婚後も2か月に一度は電車乗り継いで様子見に行ってたけど、父の口から結婚の話が出るまで全然そういう人が父にいると知らなくてビックリした。
ただもう母も亡くなって10年以上だし、父が良いと思う人ならとその場ですぐ祝福した。

「一度会って欲しい」と父に言われて、父の相手と実家で会った。
父の会社の同僚の娘さんだとかで、私とほぼ同じ歳でまたビックリした。
ほぼ同じ年なのに、シミだらけの首元ヨレヨレのTシャツにジーパンとかで、「どーも」と頭下げた後は、自己紹介しても話を振っても黙ってる人でまたビックリした。

やんわり再婚に反対する旨を父に伝えたけど、父は「彼女ちょっとシャイなんだ」とか言って入籍した。

一年後には父夫婦に子供が産まれた。
お祝いを届けに行きたい、と父に電話で伝えたら、振り込みにしてほしい訪問は無理と言われた。

その半年後には私の第一子が産まれたが、父は電話ではとても喜んでる風だったが、嫁が喜ばないので顔見には行けない、実家にも来ないで欲しいと言われた。

その翌年、父が離婚した。
離婚の理由は、
「母の仏壇と位牌をゴミに出された」
「母やお前の写真の貼ってあるアルバムを捨てられた」
「貯金を勝手に持ち出して、赤ん坊放置でパチ◯コやって全額を一年ほどで使い切った」
「近所から『お嫁さん男連れ込んでるわよ、赤ん坊の顔、その男にソックリよ』と複数人に言われた」だそう。

それ以来、「俺は馬鹿だった」「孫の顔が見たい」と連絡来るが、あんなのに騙されて娘とほぼ絶縁してたのはどこのどいつですかしら、と思うとしばらく許す気にも会う気にもならない。

位牌はどうするのかと言ったら、「残ってた母さんの写真を戸棚に立てかけてる」と言ってたがどうしよう。というか還暦前なのにもうボケてるのか父。