タグ:相談の記事一覧
2017年10月10日 カテゴリ:浮気・不倫  コメント:(0)
878: 恋人は名無しさん 2009/07/08(水) 09:57:26 ID:osAnpHvn0
プチだが投下。 

俺男 大学生 ブサメンとフツメンの間。中の下。 
彼女 大学生 可愛い系 神戸蘭子似 
?子 大学生 清楚系美人 伊東美咲をちょっと崩した感じ? 

俺と彼女は大学入学時に知り合って、俺が一目惚れ。 
猛烈アタックの末付き合うことになり、俺は彼女一筋だった。 
そんなある時、同じ科の友人からサークルに誘われ入ることに。 
ちなみに彼女はバイトに勤しんでいるため、サークルには入っていない。 
サークルは皆仲が良く、和気あいあいとしたところでとても良い印象を持つ。 
サークルに入って二ヶ月くらい経って俺も慣れたころ、一人の女性がサークルに訪ねてきた。 

それが?子。?子のお兄さんはここのOBらしく、?子は高校時代から 
よく顔を出しに来ていたとのこと。留学の関係で、サークルに入部するのが 
遅れてしまったが今からでも入れるか、という内容だった。 
皆すぐさまOK。前から顔を出しに来ていただけあってすぐに?子はなじめた。 
しかし・・・ 
2017年09月15日 カテゴリ:嫁・旦那  コメント:(0)
36: 可愛い奥様 2016/06/27(月) 12:25:21.19 ID:Mo9cE8Qc0
夫が非常識なのか、私が非常識なのか判断できないので意見をください。 
周囲には離婚を勧められています。 

現在は私が精神的に不安定なので仕事を辞めて実家に戻っています。 
夫は心配して私や母に電話をくれたりするので、連絡はとっています。

先日、私側の法要があって夫にその事を伝えたら、行くと言いました。 
遠方から来る弟夫婦には話しかけないよう伝えて欲しいと言われました。 
伝えたら弟夫婦には了承してもらえました。 

法要の当日、夫は来ませんでした。 
私が待ち合わせの時間を伝えていなかったから来れなかったみたいです。 
弟夫婦に会うのが嫌だったのかもしれません。 

だけど少し非常識ですよね? 
私が時間を伝え忘れていたのが悪いですか?
2017年09月15日 カテゴリ:家事・育児  コメント:(1)
236: 名無しの心子知らず 2016/05/31(火) 12:28:40.70 ID:LuQTP6rS
小6の息子のことで相談があります 
全国優勝の実績もある名門サッカークラブに通っているのですが、
監督さんから「ゴールキーパーをやれ」と言われたのがきっかけで
サッカーを辞めたいと言っています

背が高い、そのチームの弱点はゴールキーパー、
キック力がある、試しに息子にゴールキーパーをやらせてみたら
めちゃくちゃよかった……というのが理由のようです 

今は練習試合も含めてずっとゴールキーパーをやらされてるようです 
「おまえならゴールキーパーで日本代表にも入れる!」とも言われたようです 
(私の目からすると足が速いからまだサイドバックの方が可能性あるようにも……

私自身も一応はU15と16に入った経験があるので
それなりの目はあると自称してます。
ちなみに息子が現在所属しているチームの出身で全国大会優勝メンバーです) 

去年は5年生ながらにして全国大会にもレギュラーで出場しました 
公式戦では10番を背負っていましたが次からは1番の可能性が濃厚のようです 

息子には
「いろんなポジションを経験するのは悪いことじゃない、
どうしてもゴールキーパーが嫌なら別のチームに移るか?」
と言っています 

めげている息子に、もっと説得力をもったやる気を起こさせる言葉ってないですかね?
2017年09月14日 カテゴリ:浮気・不倫  コメント:(0)
145:恋人は名無しさん2009/05/14(木) 18:03:04 ID:4zHUZL320
別板で書き込んだ事なのですが、こちらに再度書き込んでもいいでしょうか。
2017年09月12日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
627: 恋人は名無しさん 2009/05/22(金) 20:27:56 ID:d2eaPQUv0
修羅場投下。 

私子♀・・19歳 

彼男♂・・22歳 
歩♀・・22歳 

私子と歩はとても仲が良かった。 
当時、歩と彼男は付き合っており、歩を通して私子は彼男ののろけばなしなどを聞いていた。 
当時彼氏いない歴=年齢だった私子は、いつかは歩と彼男のようなカップルになりたいななんて憧れにも似た気持ちを持っていた。 

そんなある日、歩が泣きながら電話をかけてきた。 
内容は彼男が冷たい気がする。もう駄目かもしれないとのこと。 
彼男とはメールをする程度の仲だったが、どちらか一方の話だけ聞いてても拉致があかないと考えた私子は 
彼男の話も聞いてみることにしました。