タグ:結婚の記事一覧
2024年05月18日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)


597 :拝啓、鬼女様 2019/12/05(木) 22:35:37
まさに自分が30過ぎまでまともに付き合ったことなかった
高卒で適当に働いてたけど鬱患って3年ニートw
それからゆるくアルバイトとか派遣して、29の時に転職して30で職場の先輩と付き合い始めて32で結婚して33でママになったよ
旦那さんはわりとイケメンで稼ぎはそこそこ
家事はあんまりやらないけど子どもの世話は頑張ってくれてるよ
2024年04月16日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)


454 :拝啓、鬼女様 2020/03/29(日) 19:39:57
長文ですみません。
お互い20代社会人、交際4年弱です。
以前から週に数回一人暮らしの私の家に来て、来年度中に結婚しようと置く荷物や頻度も増やしていくところだったのですが。
結婚後の家事の話で、噛み合わないところが多く出てきました。
以前彼は自分は家事は好きじゃないし(私)がやってくれるから助かると言ってくれてました。
そのため、私は自分がするつもりだったのですが、彼も自分もしたいと言い、じゃあ任せたいというとそれも困る、日や内容によって分担も嫌だそうです。
彼の言い分としてはできる人がやる、やりたい人がやる、目についた人がやる。すれ違いや相談があれば都度話し合い。当番制なんて子どものいる家や学校じゃないんだから必要ない。
わたしとしては結局どちらかの負担や不満がたまりそうで嫌なのですが…。
(自分としてはやってくれてない嫌!より、やるつもりだったけど終わってるとかやっていいのかわからなくて困るとかがありそう)
同棲中の方などどのようにされてますでしょうか。
また私がおかしいでしょうか…。
2024年04月01日 カテゴリ:冷めた  コメント:(0)


580 :拝啓、鬼女様 2016/11/26(土) 13:59:58 ID:X3JJKOT20.net
空気読まずにごめん。よくある話かもだけど個人的に衝撃的だったので。
彼と付き合ってまだ1ヶ月ちょっとなんだけど、互いの年齢を考えて結婚を視野に入れたのか、変なルールを提案してきた。
結婚しても将来の為に定年まで正社員雇用。
稼ぎの多い方がお金を全て管理し、その代わり少ない方が家事をすべき(労働時間は関係なし)
そして稼ぎの1割を小遣いとし、残りの給料は全て管理側に渡す事と、明らかに女忄生に不利な内容。
彼は有名企業のホワイトカラー、私は社長と私と後輩の小さな工場。
稼ぎが負けた時点で定年まで会社勤めで家事も全て行うとか、もう罰ゲームにしか聞こえない。
でも一番引いたのは彼に年収を聞かれ、恐る恐る言ったら私より彼の方が少なかった事。
ルール通り「家事、頑張ってね」と言ったら、「妊娠中育児中は休んで結局旦那に頼らなければならなくなるんだから」と給料渡して奴隷になれコール。
言っちゃあ悪いけど彼氏の稼ぎが悪い理由がちょっと分かる気がしたわ。
2024年03月09日 カテゴリ:生活系  コメント:(0)


804 :拝啓、鬼女様 2016/01/14(木) 19:24:06 ID:gew
そう言えば、2~3年前に読んだアラサー向け雑誌に、今年こそは結婚する!みたいな特集があった。

彼氏の前では子供の目線に合わせてしゃがむ。
→子供が大嫌いでも、子供好きと家庭的をアピールする為にも演技しる!

思い切って妊娠する。
→彼氏にケジメをつけさせる状況に追い込め!

こんなアドバイスが大真面目に取り上げられてた。
こんなんで結婚しても、本当に幸せにはなれんだろうに。
騙し騙されたキジョ気団達が、今になっておーぷんに色々と投下してるのかと思うと憐れだなと思った。
2024年03月03日 カテゴリ:浮気・不倫  コメント:(0)


459 :拝啓、鬼女様 2015/12/29(火) 19:59:19 ID:3Ki
昔、婚約者に捨てられた。
相手が2歳年上で大学生の時から付き合ってました。私が25歳の時に結婚について話し合ったのだけど、婚約者に
「仕事のことがあるし、俺が30歳になったら結婚しよう。」
と言われて、それに私もオーケーしました。
私も結婚までに頑張って貯金しようと、仕事を頑張ってたけど、約束から2年後に婚約者の浮氣を知りました。
結婚の約束をする前から浮氣相手と付き合っていたらしく、付き合い始めてからは4歳下の浮氣相手が本命で、私はキープだったらしいです。
「28歳なんてオバサンだし結婚した時に新鮮味がないのが嫌。そんな奴養いたくないし、一緒に暮らしたくもない。」
「今思えば、あんまり好きでもなかった。」みたいな事を面と向かって感情的に言われた上、浮氣相手からもさんざん罵倒されました。色々としたに見られていたことも分かって疲れてしまい、結局お金だけもらって別れました。
その後、少し病みかけたりもしたのですが、職場の人や友人が励ましてくれたのでなんとか持ち堪えてはいました。
そんな中(別れた一月半後くらいから)、熱心にアプローチしてくれる一歳下の後輩がいました。婚約者と別れた後、男忄生とお付き合いするつもりが全くなかったので何度か断ったのですが 、諦めてもらえる様子もなかったので、じゃあ…ということでお付き合いすることになりました。
かつて付き合ってた人と付き合ってる人を比較するのは良くないことですが、違いに驚かされました。
元婚約者は(別に私のことが好きではなかったと言うのが結局の理由でしたが)寡黙で気の回らないどこか冷めた人でした。
一緒にいてもあまり話しかけてくることもなく、ご飯を作っても黙ってテレビを見ながら食べるような人でした。記念日もあまり祝ってはもらえませんでした。その時は、そういう人なのかなと思っていましたし少しは気にもなりましたが、嫌いになるということはありませんでした。
一方、後輩はどこか抜けているけども、純朴で子犬のような可愛さがありました。よく話しかけてきましたし甘えても来ました。そして、私が話しかけてもニコニコして話を聞いてくれました。ご飯を作ってもニコニコして食べてくれるし、記念日も祝ってくれました。
何だかんだ言っても、後輩のほうが一緒にいても楽しかったですし、何より優しくて誠実な人柄にどんどん惹かれていきました。
結局婚約者と別れてから半年位たった後に、「お試し(付き合えば冷めてくれるだろうと思った)」ということで付き合い始めたのですが、その頃には、私もその後輩のことが好きになっていました。
そして更に半年したあと、元婚約者から連絡がありました。
元婚約者も私と別れた後、すぐに浮氣相手と結婚したらしいのですが、浮氣相手が共働きなのに家にお金を入れない、家事もしない、と言うことで離婚するつもりだったようです。
私はどう反応して良いか分からず、黙って聞いていると、
「浮氣相手とは別れる。約束の3年だし結婚しよう。家事もお前ならしてくれるだろう。もう貰い手も無いだろうし、俺が貰ってやるよ。」
と意気揚々と言われました。
この時に、かすかに残っていた未練も吹き飛んで、自分は本当に下に見られていたんだということが分かりました。
それと同時に、歳も離れているのに、どうして後輩とこんなにも違うのだろうと悲しくなりました。
そのまま、「今お付き合いしてる人もいるから二度と連絡しないで」といって電話を切りました。
そのままその足で後輩に会いに行って、私からも後輩にきちんと告白して、やっとちゃんとお付き合いすることになりました。
結局そこから更に1年付き合って、そのまま結婚し、今は娘がいます。
最初は年下男忄生と付き合うなんて考えられなかったけど、今となっては旦那以外考えられないし大好きです。
ただ今でも、二十代の多くをあんな男に費やしてしまったことが悲しくなってしまう…
2024年03月02日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)


641 :拝啓、鬼女様 2017/10/19(木) 01:03:52 ID:kFfQUQU7.net
かれこれ20年近く付き合いのある友達なんだけど
私の結婚が決まってからあからさまにおかしくなった

私から連絡しても平気で放置して一週間後くらいに「さっき気付いた」とか返事するクセに
私が向こうからの連絡を2日くらい放置してると
「返事まだ?今日までにくれないと予定入れちゃうんだけど」と催促
返事したらしたで「返事もらえて良かったわー今日もらってなかったら他の友達と
飲みに行く約束してたわー」と嫌味ったらしい返事

で、実際会ったら会ったで夜に食事してる時に私の指輪見て
「ねえ、昼間から気付いてたけどコレに関して突っ込んだ方がいい?やーん羨ましいーw
とか言った方がいいの?」
「ごめんねー全っ然そういう風に思えないんだーwアタシ結婚とかするつもりないからーw
だから全然羨ましくないんだーwホントごめんねーww」と言われ
別に見せびらかすつもりで着けてる訳じゃないんだけど、と返したら
「いやー興味ないから見せびらかされてるって事にもならないんだよねーw」と
とにかく興味ない、羨ましくない、アタシは他の友達と楽しくやってるからアピールが物凄い

私の方から結婚に関する話題を振る事はないんだが、何故自ら突っ込んでいくのか
今後もこんなノリで来られるなら流石にFOかな…
2024年01月23日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)


667 :拝啓、鬼女様 2017/05/17(水) 14:55:49 0.net
16歳から27歳まで付き合って、うち6年同棲してた彼氏にフラレたこと

私は親が離婚して父子家庭&一人っ子だから、早く暖かい家庭を築きたくて、彼氏にいつもそう話していた
でも大学4年生のとき、彼氏に「卒業したらすぐ結婚したい」と話したらやんわり拒否された
彼は医学部で「あと2年は学生だからまだ無理だ」って
彼が大学6年生のとき、「今度こそ結婚したい」と言ったら、またやんわり拒否された
「研修医の給料では養えないから」と(私は専業希望)
研修医2年目のとき、「ここまで待ったんだから早く結婚!」と急かしたら、またやんわり拒否された
「地元離れたくないんでしょ?あと4年は異動が多いから」って

このとき26歳だったからちょっと焦ってて、じゃあ籍だけ入れて別居婚にしたい!と主張したけど無理だった
泣いたり脅したり暴れたりすればいつも言うことを聞いてくれたのに、この時は困った顔をされただけだった
それから彼は異動になり、車で二時間の遠距離になったけど、いい奥さんアピールをしようと、お弁当を作ったり、会えないときは惣菜をクール便で送ったりした
不安だから婚約だけでもしたい!と頼み込んで親に会わせてもらったり、式場の下見にも連れていって、
27歳の誕生日に絶対プロポーズさせようと思って、いろいろ外堀を埋めた
けど、誕生日は普通のお祝いで終わりだった

私は泣き叫んで暴れたけど、彼はため息をついて
「そういうところが嫌。養えないなら私も働く!って思わないの?地元を離れても着いて行く!って何で言ってくれないの?自分の思い通りにならないと泣くのもうんざり。帰って」
といわれて、後日電話でフラレた
何度も掛けてごねたけど、もう異動だから住所も教えない!病院に来たら通報する!と言われて、せめて友達でいて欲しいと妥協して、泣く泣く別れた

それから 1年後、彼が結婚したとブログで知った
さらに1年後の先月、息子が産まれたと知った
私とは何だかんだと理由をつけて結婚しなかったくせに、他の女と即結婚するって…
裏切られた気持ちでいっぱいなんだけど
2024年01月18日 カテゴリ:浮気・不倫  コメント:(0)


228 :拝啓、鬼女様 2018/12/07(金) 19:57:10 ID:LipAvEIN0.net
支援もらったので
高校から本土に出て就職、社内婚で順風満帆な俺
ところが元嫁に浮氣されて離婚
娘の親権は元嫁で慰謝料養育費相杀殳
元嫁は間男と再婚その後は娘と面会させてくれず音信不通に
暫く腐ってたんだが、環境を変えようと思って転居&転職

ある日横断歩道を歩いてると向かい側から知った顔が歩いてくる
お互いに「あれ!?」ってなった、これが同郷の今嫁との出会い
島にいた頃はただの知り合い、年齢も一回り離れてるし
知り合いといっても同じ島の人間は全員知ってる
懐かしさで話し込んだら自営やってるそうな
日を改めて店を訪れると男の子がいる!
前養ってたヒモとの子らしい、若いのにようやるわ
何度も顔を出してるうちにこの長男坊に懐かれた
ある日酔っ払った今嫁が爆弾投下
「長男坊に弟か妹作ってあげたい」
その時は元嫁のトラウマと悪酔いでネ果の今嫁に吐きました
苦戦しつつ2年かけて息子を仕込んだが、結婚は嫌なんだって
それから10年乜フレしてました
2024年01月17日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


86 :拝啓、鬼女様 2017/05/13(土) 11:27:50 ID:4p6PBXRD0.net
ネタ乙と言われそうなので書き逃げ
彼に結婚はしないけど俺の子を産んでほしいとプロポーズ?された
以下彼の言い分
・自分の血を引く子供はほしいけど結婚したら嫁と子供に人生を縛られるから嫌
・もしいつか愛情を失った時に簡単に別れられないのが考えただけで辛い
・結婚は女が幸せになる為だけの理不尽な制約
・愛情が枯渇しないよう努力してくれたら俺は逃げない。俺が逃げるのは余程の事があった時だけ
・もし離婚したとしても養育費や慰謝料を一切請求しない&貯蓄を全て渡してくれるという書面を作成&普段から共働きで貯蓄を優先してくれるなら籍を入れてもいい。それだけの事をしてもらわないと男にはメリットがない
付き合って2ヶ月目でまだデート3回目なんだけどまさかこんな話を周りに人がたくさんいるファミレスでされるとは思わなかった
とりあえず申し訳ないけど頭おかしいと丁寧に伝えて一方的に別れて帰ってきたけどまだドキドキしてるわ
2023年10月29日 カテゴリ:ほっこりする話  コメント:(0)


427 :拝啓、鬼女様 2006/11/02(木) 16:12:47
おれは、上野駅の便所で60前後のおばさんから、
父がおしっこに入ったきり出てこない、血圧が高いから中で倒れているのかも、
私は入れないから、声をかけてもらえないか、名字は**、
という会話をしたことがあるぞ。
いや、何となく思い出しただけだ。

嫁とは名古屋駅の改札で出会った。
見合い(っつうか紹介)だったから、名前で本人確認しただけだった。
一目見てこいつと結婚するぅ!という悪寒がしたが。

このページのトップヘ