タグ:衝撃の記事一覧
2017年10月14日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
639:名無しさん@おーぷん2016/04/24(日)11:08:59 ID:DhP
職場で、大人しく目ただない女性がいた。

A子とする。


A子は俺の2つくらい後輩で、勤続約10年だから、もう30すぎてる。
後輩B男の奥さんから、A子とB男の不倫についての問い合わせ?挨拶?裁判等でご迷惑おかけすると思いますがみたいな感じで来た。
その時にA子の他の不倫についての証拠もありますので、
欲しい方はご連絡くださいと、社内結婚した女性たちに連絡先を置いていった。

なんかたまたまB男と同時進行だった何人かの写真が取れたらしい。

俺は不倫かーしかも複数なんてすげぇなぁ、
でも社内の女性らにも配るなんて、まわりから孤立させようとか嫌がらせ目的にしてもすげぇなあと完全に他人事だったんだけど、それから社内の様子がおかしい。
詳細は割愛するけど、A子、一度きりも含めたら入社してからの10年で今いる社員の全員とやってた。俺以外の。
50代の上司も、新卒も全員。まじで、俺以外の全員。


男って美人とやったときなんかは酒の席で自慢したりするけど、
はっきり言ってA子は美人ではないし、ちょっとダサめ。
全員言わずにいたし、一度きりとかせいぜい数回だから、バレなかった。
そこから奥さんに訴えられるやつとかしめられる奴が複数出てきて、A子はもちろん退職、B男も離婚。
男性スタッフは全員、女性スタッフたちから完全にゴミを見るような目で見られているし、
男性女性共に転勤や退職願いの提出も多い。

今でも嫁や彼女から怒られた話とかを男連中はしていて、
俺も合わせてるけど、実は俺は誘われてすらない。


A子とやりたかったとかはないけど、なんで俺だけ誘われすらしてないのか、
聞いてみたい気持ちもあるけど、本格的に傷つきそうでちょっと怖い。
そして無実なのに女性スタッフたちにゴミ扱いされてるのがなんかいたたまれなくて、
仲のいい女性1人に実はって打ち明けたら、
最初はそうなんだ、断るなんてさすがって言ってくれてたのに、

誘われてすらないって聞いた途端、すごい哀れみの目で見られている。
2017年10月12日 カテゴリ:衝撃的な話  コメント:(0)
812: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/31(金) 08:27:50.70 ID:FKS9DcIH
今まで生きてきて凄く衝撃だったことと言えば、 
3.11の震災の時、うちは当時千葉住まいだったんだけど 
マンションの13階は結構揺れて、怖いけどどこにどう逃げていいのか分からなくて 
布団にくるまってトイレに駆け込んだ。 
揺れが収まって出てみると部屋の中がぐちゃぐちゃで 
一番ショックだったのは食器棚が倒れていたこと。 
粉々に割れた食器を見て、これを片づけることを思うと絶望的な気分だった。 
そこまでで十分衝撃だったが、その後旦那と一緒に「せーの!」で食器棚を起こしたら 
粉々の食器の中に「どーも~!大丈夫でっす!」とでも言いたげに鎮座した 
モロゾフの瓶を見た時が衝撃だった。 
キズひとつなかったモロゾフの瓶、すげー!
2017年09月29日 カテゴリ:黒い過去  コメント:(0)
793: 可愛い奥様@転載は禁止 2014/07/03(木) 09:00:13.51 ID:7ZJxd3NQ0
小学3年の時に私を苛めてた同級生を川に突き飛ばした事。
2017年09月13日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


307:恋人は名無しさん2009/05/15(金) 20:36:31 ID:MiFYwGufO
投下してもいいかな?修羅場じゃないかもしれないが
2017年09月09日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)
888: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/21(月) 13:53:18.02 ID:sIU1Xx/9

とん切りな上にちょっとシモで申し訳ないが個人的に衝撃だった話。 

今、30代小梨主婦なんだけど数年前脳梗塞になった。(なんで軽い右片麻痺がある) 
その一年前にすごく真面目な理系君と結婚したばかりだった。 
だからいろいろ不安で「もし後遺症が残って何もできなくなったらどうする?」と聞いたら 
「どうするもこうするも一緒にいるよ。できる範囲はして欲しいけど無理はしないで家にいてくれたらそれでいいよ」 
と当たり前のように言ってくれた。離婚も覚悟してたので感動で泣きそうな私。 

それが恥ずかしくて嬉しくてちょっと茶化すように「夜の夫婦生活出来なくなっても?」と聞いたら 
とっても真剣な顔と勢いで「大丈夫!左手があるから!!」と言われた。 

今まで真面目でオクテだと思っていたのでその本能のままの言動は衝撃だった・・・ 
いや、いい夫ですし大好きなんですけど、いまだにあの勢いの衝撃は忘れられない。