タグ:衝撃の記事一覧
2020年11月26日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


690 :拝啓、鬼女様 2016/02/17(水) 09:15:18 ID:iwQ
数年前の修羅場

俺:当時24歳
A子:当時の彼女、24歳
A兄:A子の兄

A子と付き合って2年ぐらい経った頃、A子がA兄を連れて俺の家に遊びに来た
元々A兄とは付き合い当初から仲良くしてもらってて、二人で飲みにいったこともある
その時も俺の家で飲み食いしたり、映画みたりしてて、俺先に寝ちゃったんだよね

なんかぼそぼそと小声で話してるA子とA兄
半分寝ながら聞いてたら「いつもみたいにして?」「いれるよ」とか言ってて、はっきり目が覚めた
吐息とかかすかにあえぐ声とか聞こえてきて、うわやべーじゃんこれどうすんのどうしたらいいのって
めっちゃ考えてたら、俺の喉が「ぎゅいーん」って鳴ったのwわかる?たまに鳴るよね?w

で、A子とA兄がめっちゃ慌てだして「え、起きてる?え!?」とか言って行為中断
そのときは寝たふりしてしまって(めっちゃテンパってたw)、いつのまにか寝てて朝
今思うとその状況でよく寝れたな俺、と思う

A子とA兄も起きて「俺くん、昨日夜中起きてたの?」と聞いてきて、まだテンパってた俺は
「いや、あの、近親相姦?うん、ほんとにあるんだって思いました」とか答えちゃって
A兄が「誰にも言わないでください…ごめんなさい…」って泣いて言ってくるし
A子は何言ってるか分かんないぐらい、泣いて涙と鼻水で顔面ぐちゃぐちゃだし
なんかそういうの見てたらどうでもよくなって「うん、言わないから、もう関わらないから」って言って
帰ってもらった

結局俺が言うまでもなく御両親もなんとなく不審がってたみたいでバレてしまったらしく
御両親が二人を近づけないようになんやかんやあったみたいだけど、詳しくはよく知らない

すっきりはしないけど、こんなんことほんとにあるんだなって思った
2020年11月25日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


214 :拝啓、鬼女様 2013/08/30(金) 06:34:31 ID:sSXXBzco
隣の奥さんが虚言癖持ちだったこと。

我が家が2匹目の犬を飼う→「私、子供の頃同じ犬種を3匹飼ってたよ」
子供が亀を飼いはじめる→「昔、実家の池で亀飼ってたな、そういえば」
子供がピアノを習い始める→「亡くなった母が家でピノを教えてた。私は反発して習わなかったけど。今は後悔してる」
その他色々、私の話に数段レベルの高い自分の話を重ねてきた。
別にどうでもいい内容だし、確かめようのないことなので、疑いもせずに「へー、すごいねー」と聞いていたんだけど、5月くらいにご主人から「妻の言ってることは全部ウソなんで、聞いた話を他言しないで下さい」と言われた。
いわゆる虚言癖ってことをさらっと言われ、これからも仲良くしてやって下さい、と頭下げられた。衝撃的だった。
もちろん今でも普通に近所付き合いしてるけど、先月うちの庭の剪定作業を眺めてた奥さんが
「友達の庭師さんがうちの庭をタダで剪定してやるよって言ってくれてるんだけど、なかなか時間がとれなくてねー」と笑顔で言ったときはゾッとした。
庭なんか無いんだから。
車1台分のコンクリの駐車場があるだけ。誰が見ても、どう見ても。
曖昧に頷いて家の中に引っ込んだけど、「え?庭なんか無いじゃん!!で、どこの木を剪定するの?」と私が真実を叫んだらどうなるんだろ。
2020年11月06日 カテゴリ:その他  コメント:(0)


401 :拝啓、鬼女様 2013/02/06(水) 23:45:19 ID:K9CsQscw
友人に「かとうて」が通じなかった事

文章だと上手く伝わらないと思うけど、自転車の話をしていた時に、
「それでそのサドルがかとうて」と言うと友人に「えっ?」と聞き返された
聞こえなかったのかなと思い「サドルがかとうてな」と言うとまた「えっ」という反応
もしやと思い「サドルが硬くて」と言い直すと、暫く間を置いてから「ああ、加藤って誰か思うたわ。○ちゃんとこはそう言うんやなー」とけらけら笑われた
どうやら「かとうて」が分からず、「サドルが加藤で」と変換したのが原因らしい

友人とは数年の付き合いになるけど、それまで言葉が通じてただけにその出来事は衝撃的だった
2020年11月05日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


208 :拝啓、鬼女様 2013/02/01(金) 14:02:47 ID:VS7/ZZkh
母親の頭にバスが突っ込んできたのが衝撃的だった。

小学生の時に母と妹とバス停でバスを待っていた。
事前に握らされていた百円を自分が落としてしまって、百円がコロコロと転がって歩道と車道の境界線あたりに落ち着いた。
母が屈んで拾おうとしたら、ちょうど頭だけ車道に突き出す形になってしまい、そこにちょうどやってきたバスが突っ込んだ。

もう本当目の前で母の頭にガゴッという音をたててバスが突っ込んで衝撃的だったんだけど、その後何事もなくバスに乗った母にもっと衝撃受けた。

「いったーい。あんたがボーッとしてるから。」と文句言われたけど声も出なかった。

運転手さんが慌てて降りてきたけど、母はしれっと「大丈夫ですー。すいませんでした。」と謝ってバスに乗り込んだ。
見えていたらしいバスの乗客も衝撃的な顔してた。
母以外全員が衝撃を受けていた。
2020年11月02日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)


955 :拝啓、鬼女様 2020/08/29(土) 15:14:01 ID:eC.o7.L2
結婚のため、同棲して引っ越しって流れで理想の部屋を見つけて引っ越し。

いざ引っ越しし、今日からこの部屋に住むぞーっとなって気持ちはハイテンションだったのに
まさかのガス開通しにきてくれた業者に
「このままガスを使うのは危険すぎます」って言われた。
2020年の今、目の前にあるのは1990年代のコンロ、給湯器。アルカリ電池が対応しておらず、中で電池が膨張して溶けている。
リフォーム会社が無理やりリフォームしたのか、ガスを繋ぐ線やらなんやらまで全て塞いでしまっていた。
給湯器も線を繋ぐのにその繋ぐ線が断線。ていうか、電気の差込口までに線が足りない。
給湯器もそもそもつかない=お風呂に入ることができない。

水道は水が出ると思ったが、水漏れ、しかも水は出るがどこか錆びてるのか水が赤黒い。
浄水器があって、水を出そうにも水が出ない。元を辿っていくと、浄水器の元が故障。

もう怒りとおり通り越して笑えてきた。
ご飯食べてから仲介不動産に連絡し、そこから別の会社に連絡を回らされ、ようやくマンションのオーナーさん宅に連絡が繋がった。が…

電話に出た方がおばあちゃん過ぎてまず耳が遠過ぎて話が伝わらない。
要件がわからないって電話ガチャ切りされた。(今ここ)


どうしたらいいんだ…って途方に暮れてるなう。
2020年10月08日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(1)


629 :拝啓、鬼女様 2013/06/28(金) 19:28:32 ID:JrMM+Qmo
つい最近の衝撃的だった出来事

娘二人とショッピングモールの中にあるランチバイキングのお店に行った。
開店前に並び、開店と同時に入店して食べはじめて10分くらいしたところで、
店員が「車椅子のお客様がくるので少し席を詰めて通路をあけてもらえませんか?」
と言いにきた
人気店ですでにほぼ満席だったけど、店の奥のほうに8人がけの席が「予約席」になって空いており、
ああ、あそこまで車椅子でいくんだな、と自分も含む通路側の客が一斉に詰め始めた
で、ほどなく客が現れたんだけど、それが「車椅子」のお客様ではなかった。
酸素マスクっぽいものと点滴をつけた女の子が両親らしき中年のおじさんおばさんが押す「移動式ベッド」に乗って現れた。
(正確にはベッドではなかったのかもしれないけど、少なくとも普通の車椅子では絶対なかった)
そこにいた、たぶん客全員が驚いたけど、店員はもっと驚いてた。「車椅子」のつもりだったわけだしね
店長らしき人が飛び出していって受け入れられないと断りをいれようとしたが、
付き添ってる眼鏡のおばさんは金切り声で文句を言いながら、無理やりベッドを押して入ってきた。
明らかに重病の女の子のベッドを店員も無理には扱えず、入られるままに。
しかも予約席として確保された奥の席は、料理が遠いと文句をつけ、
料理近くの席を使っていた家族連れをどかせて自分たちを座らせろという。
この時点ですでにちょっとした騒動で、その家族連れは、嫌気がさしたのかなんなのか、
「ここどうぞ」といってさっさと席を立って店を出て行ってしまった(ちなみに前払い制)
おばさんは早速片側のいすを全部取り払い、ベッドをスペースに押し込む。
おじさんのほうは荷物を置くとさっさと料理をとりにいってしまった。
店長はまだ更に何かいっていたが、おばさんが、「食べたらすぐ出てくから!」の言葉に、
さっさと食べさせて追い出したほうがいいと思ったのか、最終的には了承してた。
ここまで、女の子、虚ろな目でぴくりとも動かず。
2020年10月03日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(1)


790 :拝啓、鬼女様 2013/02/16(土) 00:00:56 ID:RXuwZMCd
一昨々年の元旦、仏間にて年始の挨拶と朝食のあと、母とお茶を飲んでいるところへ
祖母が仏壇下の地袋に何かを仕舞いに来た。そのまま母との会話を続けていたら、
視界の端にパッと光が走った。仏壇前の蝋燭の火が移り、祖母の頭が燃えていた。
びっくりしすぎて声も出ず、動くこともできなかった。しかし母はサッと立ち上がり、
自分が敷いていた座布団で祖母を叩きまくり消火。祖母は髪が燃えただけで済んだ。
へなへなと腰が抜ける母。肝心の祖母は「あら、燃えたかね…?」とか呟きながら
自分の部屋へ戻っていった。母と祖母の静かな嫁姑戦争を知っていただけに、
祖母を座布団で叩きまくる母の姿は強烈すぎて、しばらく動悸が収まらなかった。
その年は、この祖母ボンバー事件(母命名)より衝撃的なことは起こらなかった。
2020年10月02日 カテゴリ:ほっこり・ほのぼの  コメント:(0)


295 :拝啓、鬼女様 2013/06/28(金) 19:22:58 ID:jQVRU0FV
ついさっき体験したプチ衝撃。
夕方犬の散歩をしていたら向かい側から3歳前後くらいの男の子が母親と手を繋いでやってきた。
その子は舌ったらずな言葉で「ワンワン」とうちの犬を指差し、母親が「じゃあワンワンにこんにちはって
挨拶しようか?」と言った。
こんにちはと言いながら手でも振るのかと思って犬をお座りさせて待たせていたら、その子は犬の
真向かいまで来ると突然その場で正座をし、「ハハーッ!」と手を突いてゆっくりと頭を下げ出した。
まさか和式の挨拶されるとは予想外すぎたので自分もびっくりしたけど
「え、ぇええ!?何やってるの?どこでそんな事覚えたの?え、何で何で…えええ?」と
母親の方がかなり強烈に衝撃受けてた。
2020年09月21日 カテゴリ:衝撃的  コメント:(0)


708 :拝啓、鬼女様 2013/10/18(金) 23:48:29 ID:HWbASTGd
新幹線の指定席に乗ろうとしたらすでにそこに座ってる人とそこは自分の席だと言う人が言い争ってるのを見た時は衝撃的だった。
何度見直しても私の席だし時間も乗った車両も合ってるのに。
恐る恐る声をかけて全員でチケット確認しませんかと提案したら
座ってる人→次の時間帯の同じ席
自分の席だといってた人→隣の車両
私→その隣の席
と全員間違っていたのにはさらに衝撃的だった。
何度も見直して確認したはずだったんだけど……
2020年06月30日 カテゴリ:恋人・元カレ元カノ  コメント:(0)


58 :拝啓、鬼女様 2020/06/20(土) 01:10:47 ID:5t.1n.L1
「痴/漢にあうのは露/出の多い格好してるから」という偏見を度々彼氏が言ってくる
もちろん実際は痴/漢にあう人は露/出関係ないし、私の場合はむしろ全く露/出のない冬にしか痴/漢にあったことがない
昨日も同じことを言われたのでムッとして「付き合う前はへそとか出してたけど夏に痴/漢あったことないし、むしろ露/出した方が痴/漢よけになると思ってたくらいだ」って言い返した
そしたら彼氏が「えっへそなんか出してたの…?」って衝撃受けてた
色々合わないしもう無理かな

このページのトップヘ