タグ:衝撃の記事一覧
2018年07月02日 カテゴリ:結婚・恋愛  コメント:(0)


481: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 14:05:22.66 ID:1SXuUR0i.net
社会人サークルっぽいのを主催してるんだが、メンバーの間でカップルができたけど、しばらくして女の方が 
別れ話を切り出して振ったということがあった 
男の方はなんとなく居づらくなって集まりに顔をださなくなり、しょうがないなとも思ってた 
分かれた理由を詮索するのもどうかと思っていたが、集まり後の飲み会で女が自分でバラしてた

彼女が言うには、あたしと釣り合いが取れなかったから 
自分は大学を出てアパレル会社に正社員で勤めてて両親も揃ってて一戸建てに住んでてどうのこうの、 
なのにあいつは零細町工場に勤めてておしゃれなデートスポットも知らないしそもそも急な仕事でデートを 
ドタキャンすることが何回かあって、要するに縁が無かったのようんぬんかんぬん 
ひどい時には仕事帰りに工場の作業着を着たままデートに来やがったとか 

周りは結構ドン引きしてたけど、振ったあたしの武勇伝っぽく言えちゃう人がいることが衝撃的だった


2018年06月14日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


669: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 21:10:31.65 ID:FiJfZDWl
20年くらい昔の事です。 
置き薬の営業さんが来たものの、「うちは要りません」ときっぱり断ったにも関わらず、 
1時間後にふと庭先に出たら、門のインターフォンの下に薬箱が勝手に放置されてた上に、 
数ヶ月後、ちゃっかり集金に来られたのが衝撃だった。

集金人(※営業さんとは違う人)。 

こちらとしてもひと言行ってやりたい気持ちがあったので、 
「あのね、断ってるのに勝手に置いてくって、そちらさん、どういう了見なの?」 
と文句を言うと、 
「そんな筈ありません。ちゃんと契約した筈です」 
とブンむくれやがった。 
「ちゃんと書類がある」 
と言って鞄から取り出したんだけど、「…あ」と。 
どうしたのかと思ったら、印鑑が押してなかったらしい。 
営業は勝手に契約書類を作成したけど、印鑑までは押してなかったようだ。 
ようやく謝るのかと思ったら、怒り顔のままで、 
「じゃあもういいです、薬箱返して下さい。持って帰りますから」 
だと。 
返す気は勿論ありました。一応倉庫の中に保管しておいたからね。 
だけど、さっきから聞いてりゃひと言の謝罪もせずにむくれた態度でイラッと来て、 
「はぁ? そっちが勝手に置いてった薬箱なんか知るか。 
それとも我が家が保管しておく義務でもあったとか言うつもり? 
少しでも触ったらカネ払えとか言われそうで放置してたらいつの間にかなくなってたよ。 
そっちが回収に来たんだと思ってたわ」 
と言うと、憮然としたまま帰りましたが…。 

押し売りみたいな置き薬屋にも驚きましたが、 
こういった客商売でありながら、あくまで謝らない集金人の姿にも衝撃でした。


2018年05月30日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)



917: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/07/31(水) ??:??:?? ID:t9whBlZV!
7年ぐらい前の話し。
海外赴任になりそうになったので見合いした。
相手は結構美人だし話しも上手で人当たりの良い人だった。
どうして、この人が結婚していなくて彼氏もいないんだろうと、
気になって訊ねてみた。
「どうして見合いしようと思ったんですか?」
「実は・・・不倫してたんだけど、このままじゃ行けないと思って・・・」
ぶっちゃけすぎ・・・


2018年05月30日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(1)


292: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/09(金) 23:16:28.34 ID:RPwuNUy2
新卒で勤めてた会社での衝撃話。 
おおらかで優しい社長や真面目な同僚。やる気に溢れる理想の職場だった。 

その日は残業。 
社長含む数人の社員が残る中、帰ろうと靴を履き替えていたら、いきなり後ろから突き飛ばされて転んだ。 

見ると社長だった。 
顔を真っ赤にして、大声で私を叱りだした。 

「今靴を履き替える時に壁に手をついていただろう。手垢がついたらどうする。会社の金で張り替えるんだぞ。お前の手垢で何万の損害か考えろ」

との事。 

そしてその日から社長は壁の傷や床の取れない汚れを見つけては犯人捜しに没頭するようになってしまった。 

社長が病に倒れ、数ヶ月の休養を経て復帰した次の日の出来事でした。


2018年05月29日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)


868: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/01(火) 01:14:48 ID:cKxVL+76
4歳の時の話。 
東北のど田舎暮らしだったのだが、近所で熊を飼っている家があった。

うちは父親に

「肉食の熊はお前くらい簡単に全部食う。草食でも腕の一振りで殴りコロされるからな」

と、えぐく脅されていたので絶対に近付かなかった。

が、近所の子供達で遊んでいる時、最年長のA子が

「熊を見に行こう」

と言い出した。
嫌だと抵抗したが引きずっていかれた。

しかし生垣を絶対に通ろうとしなかったので

「弱虫」

とpgrされ、残りの子供達は檻の側へ。

そして、フレンドリーに花かなんかを熊に差し出したA子が突然檻に体当たりした。

響き渡る悲鳴と飛び散る血。

体当たりしたように見えたのは、腕に熊が食いつき、内側に引いたからだった。 

他の子達が檻に石を投げてる中、自分は泣きながら隣家(100メートルは離れてる)に助けを求めに行き、A子は保護され狩猟会の人が熊を仕留めた。 

結局、A子は片腕を食いちぎられてしまった。

A子はプーさんの大ファンで、親にも

「ほら、あそこにプーさんがいるねー」

などと言われていて。今で言うスイ~ツ(笑)脳の子供だったようだ。

大惨事→銃サツのコンボも衝撃的ではあったが、先日、当時の話になった際に母が

「A子達がもっと強引だったら、あんたを檻の中に突っ込んでたかもね。小さかったから入っただろうし」

と云ってて、ぞっとした。