タグ:警察の記事一覧
2017年03月20日 カテゴリ:放置子  コメント:(0)

118 :名無しの心子知らず 2014/01/24(金) 06:49:46.31 ID:6KGo/XcF.net

暗くなってから公園で騒いでる放置兄弟に聞こえるように
「あっ警察ですか?こんな時間に小学生くらいの子が公園にいて!育児放棄
じゃないかと心配で!えっ今すぐ来て保護してくれるんですね!?」
って電話してるふりしたらすごい速さでいなくなったよ。
昨日の夕方公園で↑とは別の放置子に絡まれた。
「見て見てこんなに早く走れるよこんなことできるよ」系で小3だって。
年長の息子が
「同じクラスのお友達と遊ばないの?何で遊ばないの?友達百人できなかったの?
小さい子と遊んで楽しい?僕と遊んでもかけっこも鬼ごっこも絶対お兄ちゃんの方が
勝つに決まってるのに楽しい?僕すみれさん(年少のこと)と鬼ごっこしても
すぐつかまえられるからつまんないから同じばらさん(年長)としか鬼ごっこしないんだよ。」
って言ったらいなくなった。
息子は小学生になったら友達ができるのかすごく気にしてるからそれでだと思う。
「嫌だっていうことを絶対しないで優しくニコニコしてれば友達すぐできるよー」
って言ったら安心したみたい。
2017年03月18日 カテゴリ:家族・親族  コメント:(0)


857 :名無しさん@おーぷん
私の結婚と同時に、我が身を犠牲にしつつ
母をウォーターさせて離婚を決意させた時のことが修羅場。
すごく長くなった。ごめんなさい。

父は無駄にプライド高いモラハラ野郎で、
俺の金なんだから〜とテンプレを言ったり、
過呼吸ぽい詐病を使ったり、
思った通りにならないと大声を出して物や人にに当たり散らすようなクズ。

母は母で共依存で、どんなに私や周りが言っても、お母さんも悪いしでもでもだってちゃん。
そして20年近くストレス性(原因は父)の病気持ちで、軽度の鬱病。

そんな両親を見て育ってきたから、私は結婚に夢もする気もなかった。
一生両親のかすがいとして生きていくものだと思ってた。

でも、縁あって父とは正反対の人と結婚することに。
彼とも相談して、親戚も年寄りが多いから呼びにくいこともあるしと、
大々的な結婚披露宴ではなく親兄弟のみ呼んで小さな結婚式のみ執り行いたいと両家に伝えた。

彼親も面倒事は嫌と言って諸手を挙げて賛成。私の母も同様。
父も同意してくれたはずだった。

挙式1ヶ月前の夕食までは。

忘れもしないその日、急に親戚を呼べと言い出した父。
後で聞いたことだけど、親戚には後で伝えるから言わないで欲しいと言ってたにも関わらず、
田舎の親戚のおっさん(あまり親しくない)に娘が嫁にいくと話したら
参列してやってもいいと言われたらしい。

もう、式場は小さいところでと抑えてるからキャンセル料掛かるし、
人数は決定してるから無理だと呆れ半分苦笑いで伝えた。

そしたら、食卓にあった食事を皿ごと薙ぎ払いやがった。
思わず呆けて父を見たところからもう記憶は無い。
起きたら青あざだらけで病院だった。忙しいはずの彼が居てビックリした。

後から聞いたら、ご近所さんが、
犬の散歩で通りがかった時に家からすごい音と怒声と悲鳴が聞こえたそうで、
驚いていたら頭から血を流した母が転がり出てきたらしい。

母は父に鍋で殴られ、私は引きずり倒されて腹や顔、身体を殴ったり蹴られたらしい。
その時のことは覚えてないし、思い出したくも無いけど。
そのまま警察と救急車呼んでもらって〜という流れだったみたい。

母がその時は被害届を取り下げたというのを後から聞いた。
『お父さんを犯罪者にしたら結婚が消えるんじゃないかと怖かった』らしい。
けど、でも調書が残った。DVの相談実績にもなった。

父は解放されたけど、母と私は打撲やパニックなんかがあって退院後は家から逃げた。
避難させてもらったところが母の姉妹で伯母とその家族と私に半月ギッチリ父の矛盾点を指摘した。

言われたこと・酷いと思ったこと・されたことをノートに書いて後で読み返してみろと言った。
母の人生は母だけのものだから、自分のしたいように好きにしたらいい、
私のことは考える必要はないと言って、私は婚約者のところに行った。

ノート何冊にもなった物を読み返したら目の前が開けたらしい。
それまでも心療内科に掛かって同じことやっていたのにね。

そのまま親戚に離婚に強い弁護士を紹介してもらって、調停へ。
調停でも父はいろいろやらかしたらしいけどスレ違だと思うから割愛。

ただ、調停員から
『離婚しないで、何か良い方法を見つけましょうとは私からは言えません』
というようなことは言われたようだった。

結局その後、予定通りに挙式をした。
もちろん父は呼ばずバージンロードは1人で歩いた。
したかった髪型には引きちぎられたからできなかったけど、
メイクさんが外に出るところとか頑張ってくれて見た目には分からなかったから安心した。

で。
仕事中のはずの父から気持ち悪いロミオメールみたいな物が届いたから、
胎教に悪いし吐き出しで書き込んでみた。


本当に長くなってすみません。
2017年03月10日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)
29 :名無しさん@おーぷん
マザコン男にドアパンチされ、そのマザコンママ・パパが1年間ゴネた話

去年の今頃に一人暮らし始めたのを切欠に新車の軽を買った。
安賃貸なので駐車場も狭くて歪な並びだったが小回りの効く軽なので私には問題なかった。
しかしある日隣に大型SUVがとまるようになってからが大変だった。
そいつがとにかく運転が下手で、早朝や深夜になかなか駐車できずに延々と切返しをしてて煩かった。
それに何故かいつも私の車の方にギリギリ寄せて停めるもんだから、いつかぶつけられないかと心配していた。

それから暫くして、何時ものように早朝から延々と切返しをしてて煩いな〜と思ってたところで「ゴッ!」っと音がした。
嫌な予感がしたので窓から覗いてみると、そいつが自分の車と私の車の間でしゃがんで何かを見ていた。
これは絶対にぶつけられたと思い、スマホ片手に駆け付けて「ぶつけたんですか?」と聞いてみた。
そいつは「あ・・・いや・・・。」みたいな感じで話にならなかったのだが、明らかにドアパンチだったので警察を呼んだ。
まあそこからは特に問題もなく事故証明を書いてもらい、そいつの保険屋を呼んで修理して終わり・・・なら良かったんだ。

何故かそいつがなかなか保険屋を呼ぼうとしないので早くTELするように言ってみると「ママに聞いてみないと・・・」だって。
マザコンかよ!
まあリアのステッカーで同じカーショップを使ってる事は知ってたので、そっちに私がTELして修理の手配をした。
その時にマザコン車の保険がそのカーショップ経由なのがわかったので処理を丸投げした。

ところが翌日ショップから、マザコンママが「マザコンちゃんはぶつけてない。だから修理代は払わない」とゴネてるとTELが。
めんどくさいので私の保険の弁護士特約を使い、そっちに対応を丸投げした。
そこからが大変だった、弁護士とカーショップの人が(笑
なんとその後マザコンパパまで参戦してきて保険を使うと言ったり使わないと言ったり、挙句には裁判だー!だってさ。
事故証明はでてるし、傷に残った塗料も一致してる(某メーカーの特別色)ので間違えようがない。
で、ホントに裁判になって延々1年もかかってしまいました。
もちろん私側の勝ちでしたけど、カーショップの人が気を利かせて簡単な傷消しをしといてくれたので素人目にはどの傷かわかりません。


一年たって薄汚れたマイカーがぴかぴかになって返ってきたので記念にカキコ♪
2017年03月09日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(1)

203
名無しさん@おーぷん 2017/03/02(木)04:14:47 ID:???
叩かれるの覚悟で投稿します。
自分と親友との話ですが聞いてください。

Aは幼稚園からの幼馴染みだった。
Aは小学校のときから変わっていて、『人生って何なんだろうな』と言っていた。
中2病が早いのかと思われるだろうが、Aは真面目に言っていたのが印象的だった。

中学になっても性格はそのままだった。
うちらの中学はかなり荒れていて、警察が卒業式に同伴するのが毎年のことだった。
Aは真面目で曲がったことが嫌いだったためか不良に標的にされ、不登校になった。
放課後Aとは遊んでいたが、学校に来なくなり遊ぶ事もなくなった。
結局2年の夏まで来なかった。

2017年03月03日 カテゴリ:愚痴・相談  コメント:(0)
125: 2014/11/19(水) 11:09:42.34 ID:IPPz2YOc
はじめて人ひきそうになった話。2年前のこと。

2歳で身障1級持ちの息子を乗せて運転してた。
シートは病院で言われた様に使ってるけど保護にはならないから急ブレーキ基本ダメ。
眠ると無呼吸ぎみだから助手席に乗せてる。

交差点から私が先頭で赤信号右折矢印を右折。
2車線の左側を走り始めた直後、右側にずらっと停車してる車の隙間から
急に自転車中学生が飛び出してきた修羅場。
左手で子供をガードしながらブレーキ踏んだ。
こんな時でも急ブレーキって程がくっと踏み込めなかった。
でもぶつかった感触はなかった。

寝てた子供は前に飛び出してダッシュボードに頭強打。
中学生も私の車の前でブレーキかけて片足ついてこっちをチラ見。
目があったらすごい勢いで道路渡りきって去っていった。

右側見たら車の向こうに同じ制服の子たちが沢山居た。
こっち指さしてた子もいた。
横に停車して肩たたいて起こしたけど子供が無反応。
おでこはどんどん腫れてくる。
焦ってきてかかりつけ病院に電話したら救急車呼べといわれて呼んだ。
その後退院するまでがまた脳内修羅場だった。

ゲスなので中学生の事なんかどうでもよくて
ただひたすら自分の子だけが心配だった。
今も運転怖いのでタクシー多用して家計が火の車ぽ