タグ:轢き逃げの記事一覧
2018年09月14日 カテゴリ:DQN・ 非常識  コメント:(0)



148:愛とタヒの名無しさん2009/03/11(水) 13:55:19
もう何年も経つから時効かと思い書く。

式場でバイトしていた私は自転車で出勤途中、車にはねられた。
あげくひき逃げ。
救急車で運ばれたものの打撲のみだったし、代わりの人に引継もせずに休むわけにも…と思っていたら、
調書を取った後、警察が式場まで送ってくれて、2時間遅れくらいで出勤した。
そのとき駐車場で該当車両発見。ひき逃げ犯は新郎だった。
式は始まっていたので、支配人含め警察が挙式~披露宴の間に話をしに行った。
一応この段階では披露宴終わるまで待っててあげる方針だったんだが…。
逃げようとするわ、実は酒気帯びだったわで即逮捕。
当然ながら後はグダグタになり…。
新婦から「ひき逃げされたスタッフが悪い!つぶした披露宴代払え!」と訴えられたが、支配人は拒絶してくれた。
どうやら車には新婦も同乗していたらしい。


2017年12月14日 カテゴリ:GJ ・ 武勇伝 ・復讐  コメント:(3)
1:名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/18(火)02:11:14ID:3IX
やっと片付いたから
立ててみた
2017年09月15日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(4)
75: おさかなくわえた名無しさん 2008/11/14(金) 18:11:01 ID:fxsygLHR
最近テレビで、
「お年寄りを交通事故に遭わせないようにする」
というCMを見る。

交通事故に遭った。
私は横断歩道を渡っていたのだが(もちろん青信号)、
そこに車が突っ込んできた。
幸い、昔柔道をやっていたので
受身を取ることができ、ねんざと擦り傷で済んだ。
 
そこに降りてきた車のドライバーのばあちゃん、

「あらまああああ、大丈夫よね、大丈夫でしょ。
救急車呼ばなくていいわよね、だって大丈夫でしょ
今、お年寄り交通事故に遭わせちゃいけないっていうし、
あなたが悪いのよ、横断歩道なんか渡ってるから。
だからこの事故はなかったことにしてね。」
と、上記のことを言いまた車に乗り、去っていった。

朝の時間で割と人がいる場所だったためか、
どなたかが呼んでくださった救急車と警察が到着。
念のためと私は救急車に乗り、病院へ。

目撃者も多数あり、向こうが突っ込んできたことを、
多くの方が証言してくださったらしい。
轢いた車のナンバーも、メモしてくださった方がおり、
すぐに犯人は見つかるらしい。

しかし、自分が事故を起こしておいて、
お年寄りを事故に遭わせてはいけないと言った
犯人がずうずうしい。
2016年12月24日 カテゴリ:これはひどい  コメント:(0)

411: 本当にあった怖い名無し 2011/11/10(木) 20:45:55.80 ID:uNcH5mNg0
狙って、というか偶然やってきた機会を復讐に使った話 
身元バレ防止の為一部フェイク入れています。 
またえげつない表現が多少あり長文になります。読みにくかったらすいません。 


自分の母親は10年ほど前の春の夜に父親と一緒散歩途中、飲酒運転のオッサンにひき逃げ 
されてコロされた。家で留守番していた私は父親の「母さんが目の前で轢かれた!」っていう 
絶叫にも近い電話で現場にかけつけた。 
道路にブレーキ痕は全くなく車の進行方向とは逆のところに血痕と細かい無数のガラスの 
破片が散らばっていた。父と一緒に母を探した。 
母親はおよそ70mほど吹っ飛ばされた田んぼと水路の隙間で見つけた。 
私がダメ元で心臓マッサージした。父を呼び警察・救急呼んだ。 
すぐ警察と救急が到着した。ほんの数百m(本当に視界に入るぐらいの場所に)先に病院が 
あった。父だけが付き添いでいった。 
私は残りわかる限りの状況を警察に説明していたところにフロントガラスが半壊状態の車が 
戻ってきた。ソイツだった。赤ランプが大量に点灯していて怖くなって戻ってきた、といった。 
前が半壊状態で前が見えないから窓を開けて運転してきた、といった。 
その場でソイツは逮捕された。思わずナグりかかろうと思ったら警察にひきとめられた。
2016年08月14日 カテゴリ:修羅場・衝撃的  コメント:(0)
361:名無しさん@HOME2016/02/25(木) 18:37:42.45 0.net
高校生だった姪が亡くなった、交通事故だった
姪の友人が臓器移植の順番を待ちながら、病気で亡くなった事から
姪は本人の強い希望で、タヒ後臓器移植の登録をしていた
この事は両親である姉夫婦とも良く話し合った結果で
登録証には姉夫婦の署名もあった

でもいざ、脳タヒ状態になった姪の身体から臓器を取り出す、という状況になった時
姉は半狂乱で拒んだ
まだ生きてる、暖かい、目を覚ますかもしれないのに!って
結局、姪の臓器はそのまま、維持装置が外された

事故で痛い思いをした娘にこれ以上メスを入れられたくない
せめて臓器が揃ったまま、天国に送ってやりたい
角膜が無くなったらあの子は天国で何も見えないじゃないの

姉の思いは良く理解できた
医者も強いて臓器提供を、とは言わなかった
姪のタヒ後、数年して姉が言った
「夢であの子に泣かれた、どうして私の意思を尊重してくれなかったの?」って
臓器提供をしていれば、あの子の角膜は今も何かを見ていられたかも知れない
あの子の腎臓は誰かの中で生きていたかもしれない
灰になるよりその方が良かったかも知れない
姉は黙り込むことが多くなり、食が細くなっていった
一人娘を失い夫婦関係もぎこちなくなり、姉夫婦は離婚した